回避性パーソナリティーの『面倒くささ・億劫さ』と社会適応の妨げとなる『前向きな意欲(やる気)の低下』

社会適応がスムーズにいかなくて悩み込む原因の多くは、『前向きな意欲(やる気)の低下』『対人関係の苦手意識』『自己評価(自己イメージ)の低下』と関わっている。

『前向きな意欲(やる気)の低下』は、失敗・挫折・恥によって傷ついて意欲(やる気)が無くなるというのもあるが、生きるため(社会に適応するため)に必死に努力する意味を感じられなくなり、『面倒くささ・億劫さ・モノグサ(怠惰)』に常に圧倒されて身動きができないような状態も増えている。

そういった社会適応に対する面倒くささ・億劫さ(不安感も含め)が極めて強くなった人の一部が、ひきこもりやニートの状態に移行しやすくもなる。だが子供時代から『消費者意識』が優位になり、豊かで便利になった現代社会では、意欲低下や自己評価低下(大きな躓きによる自信喪失)があると最低限度の社会適応のハードルは高くなり、人と会ったり仕事をしたりする心理的な準備体制が自発的に整いにくくなる傾向がある。

前向きな意欲(やる気)が極端にでない期間や誰とも会いたくない気分が続くと、現代ではうつ病(気分障害)や社会不安障害(対人恐怖症)のような精神疾患を疑われることになるが、実際にはその人のそれまでの成功体験・自己評価・欲求や野心・社会認識などによって『人生・仕事・人間関係のやる気と面倒くささの個人差』は病気がない人でも相当に個人差が大きいものである。

人生や仕事、人間関係は一般的に楽しいこともあれば嫌なこともあると考えることができるが、世の中には『つらいことが多い人生は修行のようなもの・嫌なことを我慢して給料を貰えるのが仕事・社会で生きていくためには嫌な人とも無理に付き合わなければならないのが人間関係』というように、我慢や忍耐、無理を前提にして世の中に消極的にひっそり適応している人も少なくない。

基本的に『人生・仕事・人間関係は嫌なことが多くて面倒くさいもの』という認識を持っているが、表面的にはそれなりに上手く適応している人も結構いるということである。

こういった社会生活・対人関係に対する慢性的な面倒くささや億劫さを常に抱えていて実際に動けない人は、パーソナリティー障害の分類ではクラスターCの『回避性パーソナリティー障害』に当てはまることも多い。

だが、現代人のモラトリアム遷延やネット社会の間接コミュニケーションによって『面倒くささ・億劫さのある社会的行動(対人関係)の回避傾向』は過去の時代よりも強まっている。

極端な不適応や行動不能な無気力に陥らなければ、誰もが程度の差はあっても、敢えて(生きていくために絶対的な必要性がなくても)積極的に社会・他人に関わっていきたいとまでは思えない億劫な心理状態は珍しいものではなくなっていて、若者世代でも『異質な他者を避ける身内志向(気の合う仲間だけ)・外的な刺激を避けるインドア志向(室内での一人遊び)』は強まっているとされる。


スポンサーリンク







■書籍紹介

生きるのが面倒くさい人 回避性パーソナリティ障害 (朝日新書)
朝日新聞出版
岡田尊司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 生きるのが面倒くさい人 回避性パーソナリティ障害 (朝日新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






自ら学ぶ意欲の心理学 --キャリア発達の視点を加えて
有斐閣
櫻井 茂男

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自ら学ぶ意欲の心理学 --キャリア発達の視点を加えて の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのトラックバック