『人生の意味・価値』についてどう考えるとやる気がでるか1:最終的な帰結は問題ではない

物事を実際にやってみる前から『無意味・無価値』であると決め付ける冷笑的なニヒリズム(虚無主義)は、『やる気・行動力・生き甲斐』を失わせてしまう。

やる気・行動力を高める考え方とニヒリズムのリスク1:面白くない・つまらないの決めつけを捨てる

すべてに意味がないとするニヒリズムの究極的な根拠は『人間はいずれ必ず死んでしまう』や『人類・地球の歴史にもいずれ必ず終わりがくる』といったものだが、人間の人生の意味の多くは『限りある自分の人生(生命)でやりたいことを見つけたり成長や達成を実感すること・熱中したり没頭できる活動や関係に取り組んでそのプロセスを味わうこと』にある。

確かにいつか自分の人生に終わりは来るが、終わりがあるから無意味であり何もしないで良いというわけではない。終わりがあっても『どうでもよくて無意味と切り捨てられるほど主観的な人生は短くも甘くもない(何も面白いこと・やりたいこと・やるべきことを見つけられない人生には耐えられない)』のが普通であるから、ある程度は一生懸命になって自分が長く取り組めそうな活動・対象・人間関係などを見出していかなければならないのである。

『すべてに意味・価値がない』というニヒリズムは、『自分のものではない客観的な人生を観察する目線』から導かれるものであって、『自分のものとして主観的な人生を生きていかなければならない人間の現実』を前にしては、空虚なニヒリズムに何十年間も浸り続けて生き抜くことのほうが大きな苦難となる。自分のものである主観的な人生には、苦楽の感情や何かが欲しい(誰かと関わって承認されたい)欲求があり衣食住を必需とする生活もあるから、『本質的にくだらなくて無意味だから何もしないままに過ごすということ』自体が不可能であるか経済的に贅沢な要求ということにもなってしまう。

『面白いこと・やりたいこと・やるべきこと』はあらかじめ人生や世界(社会)に織り込まれて存在するわけではないから、『やる気・行動力・生き甲斐』がなくなって何も行動をしなければ、人生は何も面白くない無意味なものになりかねない。だが、『面白いこと・やりたいこと・やるべきことの発見や創出(解釈)の欲望』というのは、人間が生き続けるための半ば本能でもあって、そういった人生の意味を人はどこかや何かや誰かにどうにかして見出してしまう所がある。

『面白いこと・やりたいこと・やるべきこと(人生の意味や価値の主観的実感を支えてくれること)』は初めからあるかないかで考えるべきことではなく、発見しようとするかしないか、やるかやらないか、やってみて肯定的に解釈できるかどうかという軸で考えるべき(行動すべき)ことなのである。

人生の意味や価値の主観的実感を支えてくれることは、『自分のためにやること』だけではなく『他人(大切な誰か)のためにやること』も含んでいて、自分に意欲や活力(エネルギー)、体力がないと感じて疲れきっているような時でも、誰かを喜ばせたり助けたりするための行動によって、逆に自分自身が勇気づけられたりエネルギーを充電できたりすることがある。

人生のすべてがくだらないといった冷笑的な態度で生きるニヒリストは、『人生の究極的な意味・価値』ばかりに強迫的にこだわり過ぎて、無気力になったり抑うつ的になったりしがちなのだが、自分だけに通用する日常生活の仕事や雑事を大きく超越した究極的な意味云々というのは、『自分のものとして生きなければならない主観的な人生』にとってさほど重要なものではないとも言えるのである。

アドラー心理学の『目的論』ではないが『面倒で大変なことも多い日常の生活・仕事・人間関係・雑事から逃げたい関わりたくないという目的』があるから、『人生に有無を言わさぬ究極的な意味・価値がないのなら真剣に日々を生きたり苦労する必要がない』となりやすいのである。

衣食住を満たすための経済にも縛られる主観的な自分の人生にとっては、ニヒリストがくだらないと切り捨てている『日常の雑事の積み重ね・時間経過のプロセス』を自分が納得のいくように後悔せず楽しめるように進めていく努力・工夫はかなり重要なものである。


スポンサーリンク







■書籍紹介

苦悩の存在論―ニヒリズムの根本問題
新泉社
V. フランクル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 苦悩の存在論―ニヒリズムの根本問題 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック