埼玉県東松山市の少年殺害事件と思春期・青年期に遷延するギャンググループのリスク

埼玉県東松山市の都幾(とき)川の河川敷で同県吉見町の井上翼さん(16)の遺体が発見されて、知人の少年5人が殺人容疑で逮捕された。16歳の無職少年が親に付き添われて出頭し殺害・遺棄を認めた。井上さんは5人から集団暴行を加えられた後に、川で泳がされたり頭を押さえつけられたりして溺死したと報じられているが、集団リンチによる残酷な殺人事件である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高畑淳子さんの長男の罪に対する謝罪会見と高畑裕太の短絡的すぎる犯行から考えたこと

NHKの連続テレビ小説『まれ』などの出演で知られる俳優の高畑裕太容疑者(22)が、仕事の撮影のために滞在(連泊)していたビジネスホテルで、40代の従業員女性を強姦して怪我を負わせた罪で逮捕された。これからという大切な時期にある旬の若手俳優が、仕事で宿泊中のホテルにおいて、短絡的で卑劣な強姦致傷罪の事件を起こしたというのは信じられない話で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱中症の症状と対策:体調・意識状態の自己管理をしないと10~20代の若者でも油断できない

今年の夏は連日35度以上の猛暑日が続き、地域によっては38度以上の40度に迫るような異常な暑さとなった。地球温暖化の影響なのか、私が子供だった約20~30年前と比べても夏の暑さは格段に厳しさを増していて、室内でクーラーなしで熱帯夜を乗り切ることは難しくなっている。暑さ寒さも彼岸までとはいうものの、お盆の彼岸を過ぎても若干涼しい時間帯もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己愛性パーソナリティーの人の“適応的な能力発揮”と“不適応な挫折・無気力”:自己愛の調整

超自我の自己規律や自我理想の追求を前提にして自己アイデンティティーを構築していた時代には、超自我・自我理想に見合った自分の人格や人生を築き上げていくことが『自己愛の高まり』につながっていた。だが、現代ではより本能的かつ直接的に『誇大自己(現実の自分を超えた幼児的な全能感の幻想)』が満たされるか否かで『自己愛の高まり』が規定される時代へと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小此木啓吾の“自我理想による自己規律”と“父性衰退の自己愛の肥大”:社会・他者との関係性

厳粛な顔をしたミケランジェロのモーゼ像は自己愛の肥大を許さない現実原則の投影である『父性像・父権性(去勢して社会適応するもの)』としても読み解くことができる。 だが、『自己愛の時代』とも言われる女性原理の強い現代では、こういったモーゼ像に象徴されるような『男性原理・父権性に基づく去勢秩序(ダメなものはダメ・思い通りにならないのが現…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フロイトのミケランジェロのモーゼ像の感想とエディプスコンプレックスの去勢:自己愛と自己規律

“自己愛(self-love)”とは自分で自分を愛することであり、自分を他者よりも優遇して自己中心的な欲望を何とか満たそうとすることである。人間は乳幼児期には誰もが自己愛に支配されていて、特に産まれて間もない赤ちゃんの時には泣いたりぐずついたりして、自分の自己中心的というか本能的な食欲・親和欲求・不快感の緩和を何とか満たしてもらおうとす…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

天皇陛下がビデオメッセージで『生前退位』の意向:戦後の象徴天皇の模範的体現と国事行為の遂行

天皇陛下が8日に放送されたビデオメッセージで、82歳の高齢と身体の衰えに言及され、『象徴天皇としての務め』を果たし続けることが今後困難になった場合の最善の身の処し方について考えるようになったとのお気持ちを示された。 ビデオメッセージの前に報道されていた『生前退位(生前譲位)』のご意向について間接的に示される内容であり、今上天皇が国…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『ポケモンGO』は規制すべきか?, Amazonの定額読書サービス『キンドル アンリミテッド』

ナイアンティックと任天堂の『ポケモンGO』は、リアルの地図情報を利用して実際に外に出て遊ぶという画期的なアイデアのゲームだが、『歩きスマホ・運転しながらのスマホ・前方不注意による衝突や転落』などが危険行為として注意喚起されることが多い。 ポケスポットと呼ばれる『リアルの公園・駅・寺社・店舗など』に頻繁に赴くユーザーが増えたため、い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デビッド・D・バーンズの『武装解除法』のコミュニケーションスキルと相手への共感の伝え方

自分のほうが正しいのだから相手に負けまいとか、相手をやり込めてやろう(困らせてやろう)という構えでいると、どうしても自分の気持ちがオープンにならず、相手につけ込まれないようにと自我防衛機制が過剰に働いてしまいやすくなる。 しかし、相手との対決や競争の部分ばかりに意識が囚われていてその目的に沿った言動をしていると、どちらが先に攻撃を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合わないと感じる人間関係を改善させる認知療法的アプローチ:自分の言動が相手にどう受け取られるか

認知療法(cognitive therapy)のメリットは自分の物事の捉え方や解釈である『認知(cognition)』を肯定的に変容させることで、気分・感情を改善させて行動のモチベーションも高まりやすいということである。 『客観的な出来事・具体的な他人』を直接変えてしまうことはかなり難しいか不可能に近いことも多いが、『自分自身の出…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more