都議会で塩村文夏都議に浴びせられた下品な野次:女性の私生活の自己決定・個人的事情に対するハラスメント

18日の東京都議会でみんなの党会派の塩村文夏(しおむらあやか)都議(35)が、女性の妊娠・出産(不妊治療)・育児に対する支援策などの一般質問をしている最中に、自民党会派の方向にいる男性都議からセクシャルハラスメントや女性蔑視(女性のライフプランや性別役割の強制に基づく揶揄)と受け取られるような野次を浴びせられた。

塩村文夏都議が、少子化対策・妊娠出産の問題解決のための都政の女性支援策について意見・質問を述べている時に、『早く結婚した方がいいんじゃないか』『まずは自分が産めよ・子供を産めないのか・(自分の)子供もいないのに』といった個人攻撃やセクハラ(性的嫌がらせ)に相当する下品な野次が中年男性の声で飛んできたという。

塩村都議はテレビ番組の放送作家として働く以前に、明石家さんま司会の『恋のから騒ぎ』の出演経験もあるフェミニンな雰囲気のある新人議員だが、35歳という年齢と短い政治・討論の経験では、海千山千の図太い男性議員からの無礼な野次に即座に厳しく切り返すことはできなかった。

発言者の劣情(女性蔑視・男性原理の支配欲)や子供がいない(結婚していない)女性の人生の現状に対する揶揄を想像させられる卑劣な野次であり、『塩村都議個人に対する侮辱やセクハラ』と合わせて『女性に対する結婚・出産の有無による人生(発言資格)の値踏み』をイメージさせられる物言いである。

暴言・名誉毀損のような野次を飛ばした男性都議は、明らかに相手を見て相手の特徴・属性・性格に対応した『心を傷つけて動揺させる内容の野次』を飛ばしている。中高年世代のおじさんから見れば、まだ若くて初々しい所のある30代半ばの塩村都議に対して、『セクハラやプライベートの揶揄の意図』のある野次を浴びせるのは卑劣であり、『女性支援の政策の検討』と全く関係のない発言で議事の妨害にも当たる。

これがもし塩村都議でなくて、政界に慣れた弁論が立つ熟練の女性議員(問題発言に対して厳しく噛み付き反撃してくると想定される知的・フェミニズム的な基盤を持つ女性議員)であれば、同じような野次を果たして飛ばしただろうか。その意味で、男性都議は私的なセクハラ趣味を議会に持ち込み、自分が反撃されにくそうな相手(議会に不慣れなフェミニンな女性)を意図的に選んだ上で侮辱しているのであり、政治家としての資質・責任感や一男性としての倫理観・女性観が疑われる振る舞いである。

この男性都議の野次には、結婚支援や妊娠・出産の環境整備、育児の応援といった政策の提言者として、『結婚していない女性・妊娠出産していない女性』は不適格であるという意味合いが込められているようだが、『政策・アイデアの提案者が当事者として振る舞っているかどうか』は政策・アイデアの内容の妥当性や有効性とは直接関係しない。

自分が障害者でなければ障害者支援策を語ってはいけないのだろうか、自分が高額納税者でなければ税制改革について提案してはいけないのだろうか、自分が失業者だったら雇用促進策の質疑応答をしてはいけないのか、そんなことはないはずである。

女性の結婚・妊娠出産を支援したり負担を軽減したりするといった政策は、『すべての女性に結婚・妊娠出産を義務づけ』することでは当然なく、結婚したい女性や出産したい女性ができるだけその希望を満たせるように政策的に応援していくということである。

野次を飛ばした都議は『結婚して産む義務を持つ女性・産む機械として少子化改善に貢献すべき女性』といった女性の役割規範やライフプランの強制に近い固定観念めいた女性観を持っている可能性が高い。

だが、都議会での質問演説は、塩村都議の個人的な結婚・出産に対する価値観(プライベートな事情・判断)について告白したり相談したりするための場ではない。『結婚・出産をしたいと思っている女性の悩み・困難をできるだけ減らすための支援政策の中身と効果』について一般的な議題として質問をしているのである。

仮に、塩村都議が当面は結婚するつもりがないという人生設計を持っていたり、未だ子供を持つかどうかの具体的な決断をしていなくても、だからといって『お前に結婚・出産にまつわる支援政策の中身について議論する資格はない』とは言えないのであり、塩村都議以外の女性においても個別の様々な事情・価値観・生き方・関係性などによって『結婚・妊娠出産・育児の具体的な選択や判断』はそれぞれ変わってくるはずである。

都議会の政策の質疑において問題にされているのは、結婚したい人が結婚できないことがある現状をどう改善していけばいいか、妊娠出産したい人が妊娠や出産にまで至れない問題をどう解決していけばいいかということであり、『塩村都議という一女性のプライベートな人生設計・男女関係・健康問題などの詳細』が議題に掛けられているのではない。

そういった下世話な女性のプライベートに対する野次馬根性の発露は、個人的な関係において相手が嫌がらないような場合(親しい関係)でのみ許されるものであって、『公の場・議会の演説』において配慮・常識を弁えずにからかうようにして口にすれば、一般企業・一般社会であれば名誉毀損罪・侮辱罪に相当する品性に欠けた誹謗中傷やセクハラになってしまう。

会社の年配の部長が部下の30代女性に対して、『早く結婚したほうがいい・子供が産めないのか・子供がいないくせに』などと発言すれば、法的責任を追及されて懲戒処分を受けたり何らかの法的・社会的制裁が科される恐れが高いはずである。一定以上の都民の支持と信認を受けて都議の職に就いている人物が、『女性支援の政策』を討議し合うべき場において、『女性蔑視・女性のライフプランの揶揄(自己選択・個人的事情の軽視)』を反映した野次を飛ばしたのは非常に残念なことだと思う。

知的なウィットや場を盛り上げるユーモアが効いた『議事・討論を活発にする野次』であれば『議会の華』として歓迎できるはずだ。しかし、今回のように弱い立場にある個人を中傷したりセクハラやモラハラに該当する下卑た暴言を吐いたり、自らの差別主義的な価値観を強制したりするような野次は、議会の華(議員の通過儀礼)としてなあなあで認められ続けるべきものではないだろう。

何より議会は国でも地方でも『治外法権の場』ではなく、国民・市民の代表者として議会に参加している議員(代議士)には『最低限度の常識・品位・礼節』が求められるべきである。『他者を不当に貶めたり傷つけたり罵倒(差別)したりするような暴言=議事進行や議論されている法案の内容と直接関係しない誹謗中傷の類』は自発的に抑制されるべきものである。

また、男性が圧倒的多数派を形成する議会において『女性を性的・関係的に揶揄するようなセクハラ』をすれば、日本社会全体の風潮や価値観がそのように旧弊的・差別的で卑劣なものとして受け取られかねない危険性がある。実際、地方議会ではそのような女性に羞恥心や屈辱感を与えることを意図した野次・からかいが日常的に行われているといった記事もあったが、『政治家としての品位・礼儀(旧弊的な男女観の見直し)』だけではなく『女性(男性)に対する男性(女性)の言動の節度・思いやり』といった部分でも猛省すべき部分が多そうだ。

セクハラめいた野次を飛ばした議員の特定と厳正処分を求める声は高まっているが、不適切な議員に対して発言の取消しや退去を命じる権限を持つ議長は、『被処分者の名前が不明』だとして塩村都議らの『発言者の特定・処分を求める訴え』を退けている。

本来は、こういった不適切で下劣な野次を繰り返し浴びせかけた都議本人が名乗り出て、然るべき責任を取る姿勢を示すことが期待されるが、女性をからかいのネタにして歪んだ男らしさを強調した都議は、騒動が大きくなった途端に自民党会派の都議の集団の中に身を潜め続けている。その周囲にいたはずの都議たちも、『自分には聞こえなかった・ちょうど席を外していた・誰かまでは分からない・その時は気にしていなかったので特定できない』など知らぬ存ぜぬを貫き通そうとしているが、そういった悪事の庇い合い(事実・記憶の曖昧化)のような態度は党・議員の信用を逆に大きく損ねてしまうように思える。






■書籍紹介

知っていますか?セクシュアル・ハラスメント一問一答 第3版
解放出版社
養父 知美

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 知っていますか?セクシュアル・ハラスメント一問一答 第3版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのトラックバック