アドラー心理学の“目的論・共同体感覚”と“ライフタスク(仕事・交友・愛)”

アルフレッド・アドラー(Alfred Adler,1870-1937)が創始してその弟子たちが発展させたアドラー心理学(個人心理学)では、主観的な意味づけが作り上げる『人間の人生や行動の目的性(方向性)』を分析しようとします。

アドラー心理学が目的分析学(Teleoanalysis)と呼ばれる所以ですが、人間の人生・行動の目的性を分析するというのは、『客観的な事実』よりも『(その事実に対する)主観的な意味づけ』を重視するということです。

目的の分析を行って、その目的に対してどのように振る舞うべきかを考えるプロセスは、『客観的な出来事に対する認知(受け止め方)』を特定して望ましい方向に変容させようとする認知療法(CT)や認知行動療法(CBT)にも似たところがあります。

かつて学師であったS.フロイトの精神分析は、神経症患者の過去のトラウマや欲求の道徳的抑圧を分析して言語化(意識化)させることで心身症状が回復すると考えましたが、A.アドラーは『過去の原因論(病気の原因探し)』を脱却して『未来の目的論(今・ここからできること)』へと心理療法の方法論を転換しました。過去の原因探しよりも未来の目的達成を大切にするアドラー心理学のスタンスは、問題解決志向のカウンセリングにも近接するものです。

A.アドラーは自分自身の身体的な虚弱性(くる病の既往)から生じる劣等コンプレックスの影響を受けて、『器官劣等性・優越への意思(劣等コンプレックスの補償)』という概念を提案しました。後年のアドラーは劣等コンプレックスの悩みそのものが問題なのではなく、そのコンプレックスを理由にして『人生のタスク』と向き合えなくなる(本当にやりたかった目的が達成できなくなる)ことのほうが問題だと考えるようになります。

人間は誰でも『劣等コンプレックスの補償』という自我防衛機制的な精神の動きを持っており、自分が他人よりも劣っていると感じる部分を補償して、自分が他人よりも相対的に優れている部分(領域)を作り出そうとします。

この相対的な劣等コンプレックスから相対的な優越コンプレックスへ向かおうとする方向性が、人間の根本的な『優越への欲求(行動様式)』になりますが、この優劣感情が絡むコンプレックスはすべて『対人関係(人間関係)』において複雑に形成されていきます。

そのため、アドラー心理学で最も重要視されるのは『対人関係(人間関係)』であり、人間の抱える心理的問題の本質のすべては『対人関係の対立・無理解・恐れ・離別・トラブル』にあるとします。アドラー心理学では、リソース(心理的・社会的な資源)と個人の能力(得意な分野の能力)を適切に活用することで『対人関係にまつわる3つのライフタスク』を達成することができると考えますが、その3つのライフタスクは以下のシンプルなものです。

1.仕事のタスク(Work Task)……その時々の仕事(プロジェクト)をこなすために結びつく永続的ではない人間関係。

2.交友のタスク(Friendship Task)……一緒に楽しんだり悲しんだりする友人関係で、永続する可能性もあるが生活や運命までは共有しない人間関係。

3.愛のタスク(Love Task or Family Task)……家族関係(夫婦・親子関係)に代表されるもので、生活や運命を共有する永続的な人間関係。法律的な家族・婚姻ではなくても、『この相手と人生を共に生きていこうとする意思・協力・覚悟(自己犠牲)』が一致する相手との永続的な関係も含む。

共同体感覚の育成や帰属感覚の強化を重視するアドラー心理学では、『自分と他人と共同体の利益の共通性(自分の行動・発言が他者や共同体にどのような影響を与えるか)』を考えることを勧めたりもします。

これは、社会的な動物である人間の本性と生活様式にとって、『社会共同体(他人・集団)と上手く付き合えるような帰属感・利他性・貢献欲求を持つこと』が結局は、自分を孤立や欠乏から守ることにつながり、人間関係の幸せや仕事のやり甲斐の実感にもつながりやすいからです。






■書籍紹介

アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書)
ベストセラーズ
岸見 一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アドラー心理学入門―よりよい人間関係のために (ベスト新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのトラックバック