“選択的夫婦別姓の導入”と“婚姻制度・家族形態の変質”について

民主党が来年の通常国会に『夫婦別姓』を認める民法の改正案を提出するようです。男女が結婚した場合に『同姓』を名乗っても良いし『別姓』を名乗っても良いとする『選択的夫婦別姓』ですので、実質的に法律によって別姓(同姓)にせよという強制があるわけではありませんが、1947年に制定された民法の大幅改正となります。この改正案では、男女が結婚できる年…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

強迫性パーソナリティ障害と硬直的な対人関係や感情表現の問題:自律性の発達課題と完全主義思考

精神分析ではS.フロイトやK.アブラハムの性格理論によって、『強迫性障害(強迫性パーソナリティ)』は2~3歳頃の肛門期性格と結び付けられてきたが、肛門期性格の特徴は『融通の効かない頑固さ・細かい部分が気になる几帳面さ・出し惜しみしたり貯め込む吝嗇(ケチ)・楽しめない感情表現の硬さ・規則や秩序を過度に好む志向性・ミスを許せない完全主義』な…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

民主党鳩山政権の内政・政治改革についての雑感:郵政見直し・高速道路無料化・子ども手当てなど

前回の記事では鳩山政権の国連外交・環境政策について書きましたが、マニフェストに基づく『内政(予算作成・社会保障・政治機構・公共事業など)の改革』にも多くの課題が山積していて、財政や郵政改革では閣内不一致を感じさせられる雰囲気もあります。 亀井静香郵政改革・金融担当相は『郵政改革の主導権』を強く主張しており、原口一博総務相から郵政改…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

鳩山政権の『友愛外交・安全保障・首脳会談』についての雑感:地球温暖化対策における鳩山イニシアチブ

鳩山政権で内政と外交が動き始めましたが、鳩山由紀夫首相の『日中首脳会談』と『日米首脳会談』では『日・米・中のトリニティ体制の方向性』を打ち出しており、アメリカと中国に対する両面外交がどのような成果をもたらすのかが注目されます。 民主党のマニフェストでは『友愛外交』や『東アジア共同体』というフレーズが目立っていたため、一時期は日米同…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

海堂尊『ジェネラル・ルージュの凱旋』の書評

『ジェネラル・ルージュの凱旋』は、医療ミステリー小説としてベストセラーや映像作品になった『チーム・バチスタの栄光』と『ナイチンゲールの沈黙』の続編(3作目)に当たる。医療系小説にありがちな難易度の高い手術や発症率の低い難病を取り扱ったような内容ではなく、『病院内の派閥闘争・医療倫理や病院財務の問題・Ai(死亡時画像診断)・業者との癒着』…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ロック,ルソーの社会契約論(民主主義)とプルードンのアナキズム、ヘーゲル哲学についての考察

ジョン・ロックは立憲政体における『自由主義・個人主義』にもかなり強くコミットしているが、ジャン・ジャック・ルソーは厳密には『個人の人権』を最優先する自由主義の思想家とまでは言えず、社会契約に基づく『一般意志の実現』を至上命題とする民主主義者(人民政府の推進者)という側面が強い。 その一方で、一般意志を導く社会契約の内容を『自然権(…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

ジョン・ロック,ジャン・ジャック・ルソーの社会契約論と一般意志に基づく民主主義政治についての考察

前回の記事の続きになるが、万人闘争を排除して社会秩序を安定させるために『政治的な絶対権力』は必要だが、その絶対権力を戦争の勝者である専制君主(国王)に与えるだけでは、一般国民は専制君主に一方的・慣習的に支配される『自由の保障されない臣民・隷属』になってしまう。 専制君主・国家権力の拒否できない命令によって国民皆兵の徴兵制度が実現し…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

“BIGLOBE NEXT”への移行によるサービス環境の統合:“新WebFTP”と“IE8”の感想

9月30日の23時から10月1日の11時まで『ウェブリブログの長時間メンテナンス』があるようです。今までのメンテナンスではブログの閲覧には影響が出ていませんでしたが、次のメンテナンスの時間中は『ブログの閲覧』も出来なくなる時間帯が出てきます。アフィリエイトに関するウェブリブログの会員規約の変更もあるようですが、BIGLOBEのサービス体…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

健康に悪いと予測される商品・嗜好品への課税と医療費コストの削減:オバマ政権が炭酸飲料税?

長寿化による高齢者の増加や生活習慣病の増加、健康保険の財源を減らす少子化などによって、日本を含む先進国の医療費コストは増大を続けています。アメリカのオバマ政権は、米国民の無保険者を減らすための『公的医療保険の導入』を公約に掲げていますが、医療費コストの増大による財政赤字の拡大や民間保険会社の経営圧迫(医療保険市場の縮小)を懸念する議員の…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

社会不安障害・強迫性障害に見られる“完全主義思考の認知の歪み”と認知療法による発想の転換

社会不安障害では、『他人から嫌われたらおしまいだ・他人から拒絶されるような自分には価値がない・他人に好意を持たれないことはつらくて耐えられないことだ』といった人間関係にまつわる偏った認知が見られます。論理療法(論理情動行動療法)を開発したアルバート・エリスは、こういった『~でなければならない。~できなければ最悪の事態になる』という完全主…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

“社会保障番号(SSN)”が持つ有用性と問題点:社会保障の負担・給付の合理化とパターナリズム

国民の社会保障や納税に関わる『個人情報』を一元的に管理しようとする『国民総背番号制の構想』は幾度も挫折を強いられてきたが、ここ数年は『社会保障番号(SSN:ソーシャル・セキュリティ・ナンバー)』を導入しようという議論が強まっている。公的年金と健康保険に関わる情報を統合した『社会保障カード(SSC:Social Security Card…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

“破局的・悲観的な認知”による精神症状の形成と認知療法に基づく“機能的な認知”の獲得

アーロン・ベックが開発した認知療法(cognitive therapy)では、うつ病(気分障害)の気分の落ち込みや意欲の低下の原因を『非機能的な認知(認知の歪み)』に求めて、この非機能的な認知を現実的に反駁することで『適応的な認知』を獲得しようとします。 社会不安障害(対人恐怖症)やパニック障害、強迫性障害などでも、精神症状に『非…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

インターネットの“匿名コミュニティ・文字コミュニケーション”を用いた人生相談(悩み相談)の利点と限界

インターネット上では各種の掲示板やSNS、Q&Aサイト、ブログなどを用いて、現実の人間関係の中では話しにくい『人生相談(心理相談・悩み相談)』が行われていますが、『ネット相談に関する記事』を起点にしてネット相談の利点と限界について考えてみます。 ネット相談 効果と危険性 匿名のインターネット掲示板などを利用し、不特定多数…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

佐藤賢一『小説フランス革命Ⅲ 聖者の戦い』の書評:フランスの国家権力と第一身分の宗教権威の対立

1789年7月14日、貴族政治の圧政(搾取)に反発して弾圧を恐れる『第三身分』の民衆が、バスティーユの要塞(監獄)を力づくで陥落させたことにより、民主的な議会政治を推進する『フランス革命』が勃発した。アンシャン・レジーム(旧体制)を実力で解体する市民革命によって、平民である『第三身分』と貴族である『第二身分』の力関係は逆転する。封建主義…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

桐野夏生『メタボラ』の書評:“居場所”と“記憶”を失って漂流する若者の暗くて明るい物語

過去の記憶をすべて失って南国・沖縄の原生林をさまよっていた「僕」は、天真爛漫で田舎臭さが抜けない宮古島出身の美青年・伊良部昭光(いらぶあきみつ)と偶然出会う。何が何だか分からないまま、混乱した気持ちで沖縄奥地のジャングルを抜け出した「僕」は、昭光と一緒に名護に向かう国道沿いのコンビニに駆け込み、自分の顔を初めて確認する。鏡に映っていた「…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

近代社会における国民の“強制的服従”と“自発的服従”の原理2:近代市民社会とマルクスの思想

近代社会の構成員である人間は、互いに武力を用いて争い奪い合うという『暴力の覇権ゲーム』から離脱して、自然権を委譲した政府(国家権力)に自発的服従をするようになるが、それは人間が利得や報酬を奪い合うゲームが『暴力ゲーム(軍事覇権の原理)』から『経済+倫理(人権)ゲーム』へと移行したということも同時に意味した。 市場経済と国家権力(福…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

近代社会における国民の“強制的服従”と“自発的服従”の原理1:国民の帰属とエージェントの国家

多数の戦争共同体によって構成される世界は『万人の万人に対する闘争』に陥り、この危険な闘争状態を終わらせるためには、戦争の最終的な勝者である『国家(国王)』が絶対権力を力づくで確立して敗者を従属させる他はない。トマス・ホッブズは絶対的な国王権力に、個人・集団が自発的に服従することによって『万人闘争の無秩序』を克服することができると考えたが…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

H.S.サリヴァンの対人関係論的なパーソナリティ理論とカレン・ホーナイの神経症的葛藤に基づく性格分類

H.S.サリヴァンは対人関係における社会的相互作用を重視したことから『対人関係学派』に分類されるが、社会的・文化的要因を中心にして精神活動を分析しようとした『新フロイト派(ネオ・フロイディアン)』としても知られる。新フロイト派の代表的な分析家・学者としては、女性精神分析家で対人関係における葛藤の処理を考察したカレン・ホーナイ(Karen…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more