子どものトラウマに対応するプレイセラピー(遊戯療法)とユング心理学のコンステレーション(布置)の関係

ウェブサイトの記事で子どものトラウマと心理療法を書いたが、この記事では、機能不全家族で成長したアダルチルドレンや養育者から受けた虐待によるトラウマを中心にして「トラウマに対処する心理臨床」を考えてみた。 劣悪な家族関係や危険な周辺環境によってトラウマを負った子どもの心理療法では、箱庭療法やプレイセラピー(遊戯療法)といったノンバー…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

専制君主政の特徴とカラカラ帝の『アントニヌス勅令』によるローマン・アイデンティティの弱体化

前回の記事では、ローマ的な元首政から東方的な専制君主政への移行を書いたが、専制君主政には統治の効率性という長所もあれば、権力の暴走や自由の抑圧という短所もある。最高権力者である皇帝に権力を集中させる帝政(専制君主制)には、皇帝に選出された者が悪政を行う暴君であった時に抑止力が働きにくく、独裁権力が暴走して国民を抑圧・搾取するという問題が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ローマ帝国の皇帝権力の変質:元首政から専制君主政への移行

元老院主導の共和政の衰退と帝政ローマの興隆の初期帝政(元首政)と元老院の働きに関する補足記事になります。ガイウス・ユリウス・カエサルは、広大な版図にローマの覇権を拡大する為には、被征服民族の復讐感情をスポイルしてローマにアイデンティティを帰属させる『属州のローマ化』が必要であることを長期にわたる「ガリア遠征」で知ったに違いない。 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

反社会性人格障害の診断と社会防衛的な精神医学の視点の問題

前回の記事と関連する内容ですが、行為障害と反社会性人格障害のアクティング・アウトとしての側面と精神医学の対象疾患が増えることによる“過度のラベリングの問題”について触れておきたいと思います。 先日のニュースで、愛知県岡崎市の河川敷で3人の少年(13才~14才の中学2年生)がホームレスの女性を金銭目的で殺害した事件が放送されていまし…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

DSM-Ⅳによる行為障害と反抗挑戦性障害の診断基準:発達過程における反社会性の問題

発達障害(Developmental Disorder)とは、中枢神経系の成熟障害や神経伝達過程の異常によって発達早期に発症する問題ですが、発達障害の概念には『医学的な障害(disorder)』という意味合いと同時に『社会的不利益(handicap)』が強く含意されています。自閉症スペクトラムに代表される発達障害の多くは、生命の維持や身…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

TIME誌の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」に“You(あなた)”が選出:WEB2.0と個人の影響力

アメリカのTIME誌で毎年選ばれる『パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)』に“You(あなた)”が選ばれ、改めてブログやSNS(mixi)、Wikipedia(ウェブの百科事典)といった個人の情報発信ツールの普及と発展について考えさせられた。 今年前半には、ベストセラーとなった梅田望夫『ウェブ進化論』の影響もあって、ウェブ世界で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの戦後処理の難易度を分けた“イスラームの宗教性”と“日本人の宗教性”

イラク戦争後にアメリカ主導で樹立した新生イラク(イラク正式政府)はその政権基盤が脆弱であり、新生イラク政府は『権力のレジテマシー(正統性)』を幅広い国民層に承認させることに成功していない。複数のイスラム教宗派(シーア派・スンニ派)と少数民族(クルド人・アッシリア人)が混在し地方軍閥が蕃居するイラクでは、国内の大多数の民衆と軍閥が権力のレ…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

多神教のローマ帝国の同化政策(ローマ化)と一神教のユダヤ人のディアスポラ(離散)

元老院主導の共和政の衰退と帝政ローマの興隆:ローマ帝国の覇権主義を支えた『属州のローマ化』の記事では、ユリウス・カエサルの遺志を継いだアウグストゥス以降のローマの外交戦略の要である『異民族の同化』にスポットを当ててみた。ローマ帝国の歴史は、本国ローマが政治的主導権を維持していた西ローマ帝国に限っても約1,200年の長きに渡って継続した。…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ADHDに対する心理学的なアプローチとリタリンによる薬物療法の概略

前回の記事では、ADHDのDSM‐Ⅳの診断基準と学校生活を困難にする症状について説明しましたが、今回は、療育を含むADHDへの基本的な対処法とリタリンによる薬物療法の概略について書こうと思います。 発達障害の下位カテゴリーあるいは独立した疾患単位としてのADHD(注意欠陥多動性障害)やLD(学習障害)が確立する以前には、ADHDや…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

DSM‐ⅣによるADHD(注意欠陥多動性障害)の診断基準と学校生活への適応の問題

学校教育システムの機能不全の露呈と生徒が所属する集団(グループ)の発達変遷過程の記事では、児童期から思春期に至る不安定な集団関係(対人関係)の問題を、『ギャンググループ・チャムグループ・ピアグループ』の集団発達概念を用いて考えましたが、発達臨床心理学的な問題であるADHD(注意欠陥多動性障害)や行為障害について補足しておきたいと思います…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

平野啓一郎『顔のない裸体たち』の書評2:複数のアイデンティティを模索する現代のシゾイド人間

エロスの欲求は、二人だけに閉ざされた空間における非社会的で刹那的な関係性においてエクスタシー(脱自己)を迎えることがある。その一方で、社会的な他者の承認を得た継続的な結婚関係(公然の恋人関係)では、社会道徳を嘲弄する行為から生まれる忘我のエクスタシーを得ることは難しい。日常から隔絶した性愛の快楽とは、『日常から隠蔽されたものを暴くこと(…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

平野啓一郎『顔のない裸体たち』の書評1:ウェブ世界でバーチャル化する出会いの特徴

平野啓一郎の『顔のない裸体たち』の具体的な感想を記述する前に、現代の多様化する『バーチャルな性愛事情』について若干の解説をしておきたい。ここでバーチャルな“恋愛事情”と書かずに“性愛事情”と書いたのは、『顔のない裸体たち』では精神的な信頼や敬愛を前提とする恋愛感情ではなく、『匿名的(バーチャル)な出会い』から始まる支配と服従の倒錯的な性…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

Firefox2.0をアップデートして使った感想:ダウンロードしたアドオンとテーマ

以前の記事で、ブラウザのInternet Explorer7をダウンロードしたという話を書きましたが、その数日後にFirefox2.0をアップデートして使ってみました。 Internet Explorer7も基本的な機能が一通り揃ったタブブラウザになっていて、ユーザビリティとセキュリティの向上が図られていますが、Firefox2.…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

心理アセスメント(心理検査)の目的と適応を考えたテスト・バッテリーの問題

『ロールシャッハ・テストとTATに代表される投影法の心理テストの有用性と問題点』では、結果の再現性や鑑別の正確性といった科学的客観性に焦点を合わせて投影法の利点と限界を考えてみました。ロールシャッハ・テストに限らず、無意識領域(意識化されていない区域)にある感情や性格傾向を探る投影法の最大のメリットというのは、心理テストそのものに治療効…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中世ヨーロッパの貴族階級の没落とローマ・カトリックの東西分裂

中世ヨーロッパのイギリスやフランス、ドイツに存在した国家とは、国王・貴族階級・聖職者階級・都市部の商工業者が既得権益と安全保障を巡って勢力を競い合う封建主義的な身分制国家(等族国家)でした。世界各地の文物(商品)や財貨で溢れるイスラム商業圏と遭遇した十字軍遠征(1096)以降に、ヨーロッパ世界でも貨幣経済が発達することになります。 …
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

ブログを更新する動機付け・mixi(SNS)に参加する面白さ・ブログとSNSの折衷型のVox

前回の記事では、一定数の読者とアクセスを維持する為の『ブログの定期的更新』の話が長くなってしまいましたが、リンクしていたITproの『更新をサボっても読者が絶対逃げないブログ』の記事の内容に戻って、『ブログを更新する意欲と記事の内容の問題』を考えてみます。 周囲にはブロガーや,mixiのパワーユーザーがあふれており,私も一…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more