平野啓一郎『葬送 第一部』の書評:1

古典文学や純文学というものの衰退が叫ばれて久しい現代日本の文壇において『葬送』のような重厚で悠然とした読み応えのある文学が新たに生み出され出版されたことの奇跡的な幸運に感謝したい。 『葬送 第一部』は典雅な黄金のカバーにウージェーヌ・ドラクロワの肖像を掲げた装丁であり、『葬送 第ニ部』は清冽な白銀のカバーにフレデリック・ショパンの肖像…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

トラウマを原因とする精神症状の特徴としての『反復性・強迫性・侵入性』:自我の統合性の観点から

過去のトラウマに関する記事で、トラウマとは『自己の生命の維持や精神の統合性を脅かす体験』であるという話をしましたが、自己の統合性は、『過去から現在に至るまで、私の存在は一貫していて連続している』というアイデンティティの意識に支えられています。 トラウマ体験とは、『今まで自分が生きていた世界の常識』を大きく覆す異常で異質な体験ですか…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

人生の幸福や物事の喜びを奪う『不合理な信念と不適応な仮定』について

前回の記事で、『価値判断のスキーマの複層化』の意義を提示するために以下のような比喩を用いた文章を書きました。 一本足の一輪車より、二つの車輪を持つ自転車やバイクのほうが安定感があり速いスピードがでるように、更に、4つの車輪を持つ自動車のほうが転倒する危険が小さく居住性が良いように、人間の興味や喜びを生み出す認知の価値判断の対象も複…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

タミフルを巡るインフルエンザ報道とインフルエンザウイルスによるパンデミックの歴史

新型インフルエンザの大流行による被害が心配され、インフルエンザ治療薬タミフルの副作用である精神神経症状が致命的なものであるのか否かがマスメディアやネットだけでなく専門家の間でも議論されているようです。 そういった現状の懸念を踏まえてインフルエンザに関する概略と簡単な歴史について振り返ってみたいと思います。 インフルエンザの病態の特徴…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ウェブリブログのメンテナンス障害と機能増強・容量拡大:運営者側に求められる正確な情報の告知

昨夜は、メンテナンスの延期と障害によってブログの管理画面にログイン出来なかったので更新を早々に諦めたのですが、今朝、事務局のブログ記事を読むとかなり長時間の間、システムが不安定な状態が続いていたようですね。 朝の8時の現段階でも、管理画面の表示がやや遅く、画面遷移もあまりスムーズとは言えませんが、とりあえず通常の更新作業を行うには問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スチュアート・カウフマン『自己組織化と進化の論理』の書評:歴史偶発的な自然観への抗いとしての複雑系

スチュアート・カウフマンの『自己組織化と進化の論理』という進化生物学の大胆な仮説にまつわる書籍を読んだ。 副題に『宇宙を貫く複雑系の法則』とあるように、この本は無数の要素が相互に作用し合い、その作用の結果を予測できない系(複雑系)によって、生命の誕生や生態系のシステム、生命の進化過程を統一的に解明しようとする意欲作である。 『細…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ユングの『外向性・内向性』の区分と精神的危機へ対処しやすい性格類型

ユングの性格理論は、前の記事で説明してきたような古代ギリシアからの医学や伝統的な哲学、中世的な錬金術の仮説理論に頻繁に見られる類型論の歴史的流れを汲んでいます。 『内向性・外向性』の基本的なリビドーの志向性に『思考・感情・感覚・直観』の主要な精神機能を組み合わせて、人間の性格傾向を8つのタイプ(類型)としてまとめた仮説がユングの性格理…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

『ユングの類型的な性格理論』の思考形態と『価値判断のスキーマの複層化』の心理的効果

うつ病など精神運動の抑制を伴う気分障害、不安・恐怖・強迫観念など情緒の制御不能を生じる情緒障害、これらを未然に予防するような認知的技法として、私は『価値判断のスキーマの複層化』を考えています。 『価値判断のスキーマの複層化』というと少し難しい感じがしますが、簡潔な表現に直せば『生きる意欲の根源を一つではなく複数持つこと』ということが出…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

恋愛(結婚)関係を破綻させない適切な距離感と情的コミュニケーションの必要性

今回は、前に書いた『恋愛関係の維持の話題』に関係した補足記事を少し書いてみようかと思います。 恋愛(夫婦)の関係を維持することが難しくなる場合によく見られる組み合わせには、『愛情表現が過度に苦手な男性』と『愛情表現を強く求める女性』の組み合わせや『お互いに相手の短所や欠点しか話題にならない二人・共通の話題や趣味などの接点がまるでな…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

『認知・気分・行動・環境・生理』の相互作用を前提とする認知療法

過去の記事で、『スキーマの主体的な変容の可能性』をジャン・ピアジェの構造主義や思考の発達論を元に書いたので、今回は認知療法の基礎と具体的な進行過程について書いてみようと思います。 個別の認知理論や操作的な概念についてはまた時間を見つけて紹介したいと思いますが、実践的な認知療法を用いたカウンセリングでは理論的な内容そのものを詳しく学…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

ウェブリブログのトラフィック増大と管理画面のAmazon検索機能

前の記事を更新しようとした時に、管理画面へログインできたものの完成した記事を更新できないという状態が続いたので、一旦更新を諦めたのですが、ウェブリブログ事務局の記事を見るとどうやらウェブリブログのサーバに短時間の障害が出ていたようです。 Amazon商品検索機能は確かに時間帯によっては全く検索結果が出てこないのですが、ブログ開設数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャン・ピアジェの発生的構造主義と思考機能の発達仮説

前回、認知療法と他の技法の異同と特性についての記事を書きましたが、認知療法の実際的な構造化面接についても少しずつ説明していこうと思います。 今回は、認知療法の具体的な内容に入る前のピアジェの理論や世界観の説明が長くなってしまったので、ジャン・ピアジェの発達段階説や構造主義の概観を示すことで、『スキーマの主体的な変容の可能性』について考…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

日本国憲法の改正議論と国際社会の紛争・テロや教育の問題

先日書いた『中国・韓国との東アジア外交の困難と平和尊重の学校教育の重要性』の記事に、少し補足記事を上げておきます。 前回の記事のつけたしに書いた補足記事ですが、「憲法改正議論の平和主義の部分と各国の子ども達の学校教育の問題」を中心にした雑感めいた記事になっています。 日本国憲法の改正には、『国民の権利の保護・国家の利益の確保・世…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

『恋愛(結婚)の対象を獲得するまでの問題』と『恋愛(結婚)の関係を維持することの困難』

異性の愛情や興味を惹きつける対人魅力の詳細については過去の記事で書きましたが、性愛の絡む恋愛関係で生じる問題には、大きく分けて『恋愛の対象を獲得できない問題』と『恋愛の関係を維持できない問題』とがあります。 結婚して以降の夫婦関係でも『相手の性的魅力の低減による倦怠感の増進や不倫関係への誘惑』などの問題がありますが、この場合には結…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

日常生活におけるうつ病の徴候の発見:義務(仕事)と欲求(趣味)を切り分けるストレス対処

■日常生活におけるうつ病の徴候 周囲にいて日常生活を共にしている家族や友人などが気付き易いうつ病(気分障害・感情障害)の徴候としては、以下の行動や態度の特徴を挙げることができます。 DSM-Ⅳなどの専門的な精神医学的診断ではありませんが、以下の『行動面・情緒面・思考面での特徴』が顕著な場合には、何らかの気分障害(気分や感情の不安定や…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

中国・韓国との東アジア外交の困難と平和尊重の学校教育の重要性

前回、第三次小泉改造内閣に関する記事を書いたので、その人事から東アジアの外交関係や平和主義の重要性へと話を敷衍してみたいと思います。 小泉首相が今回の内閣改造で外相のポストに、実利追求型で対外的に強硬な姿勢を取るイメージのある麻生太郎さんを持ってきたというのは、現在の日中関係や日韓関係を踏まえるとかなり微妙な人事だなという印象があ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

第3次小泉改造内閣の発足:『ポスト小泉』候補の毛並みの良さと女性閣僚の減少

日本国憲法改正草案が自民党から提出されたのを受けて、国家の最高法規たる憲法の理念と現行憲法改正の意義について私見を述べようかと思いましたが、昨日、第三次小泉内閣が組閣されましたので新しい内閣の顔ぶれを俯瞰しながらつらつらと日本の政治の今後に関する雑感を書き留めておこうかと思います。 小泉純一郎首相は、来年の9月に内閣総理大臣の職を…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more