社会における職業選択と自己アイデンティティの確立の問題

徳保隆生さんの『梅田望夫さんが見ている、どこか遠い世界』『勉強のできない人から職を奪う生き方の提案』という記事を読んで、勉強能力と学習能力の現代における意義や対人スキルの必要性を考え、職業生活と自己アイデンティティの確立の相関について思いを巡らせました。

徳保さんの意見は、梅田望夫さんの記事を踏まえて書かれている訳ですが、梅田さんは来るべき「次の十年」で書物を読み、知識を得て、モノを書くという『勉強能力』は、(特に生活コストの高い先進国では)生計を支える為の必要条件ではあるが十分条件にはならないだろうと言います。
そして、インターネットの普及と発展によって、『勉強能力』と『学習能力』は依然大切なものではあるが、それだけで飯が食える場(チャンス)が確実に減っているという印象を述べています。



「これからの10年飲み会」で話したこと、考えたこと

たとえば僕の場合でも、本を読んだり勉強したりモノを書いたり、そういうことは子供の頃から大好きだった。でもそれだけでは食えない。いま僕の事業を、ひいては生計を支えているのは、僕の「勉強能力」ではなく「対人能力」もっと言えば「営業能力」なのである。「勉強能力」は必要条件ではあっても十分条件にはならない。「勉強能力」こそが必要十分条件だった職業ほど、「次の十年」で脅威にさらされるのである。特に生活コストの高い先進国では、その傾向が顕著になろう。


ここで語られているように、大企業であっても中小零細企業や専門職、自営業であっても実社会での事業や職務を的確に遂行し、一定以上の評価を得たり業績を上げる為には、「勉強能力」よりも「対人能力」のほうが重要でしょう。
また、自らの能力や魅力を効果的にアピールできるような機知の効いたコミュニケーションを活用できる人は「高い営業能力」を持つこととなり、顧客・取引先の興味関心を惹き付けて、自分または所属組織が提供できる商品・サービス・技能を魅力的にプレゼンし購買意欲や契約のモチベーションを高めることが出来るのではないかと思います。


上に引用した文章には『学習能力』は出て来ませんが、下に引用した文章に『勉強能力』に併記されて『学習能力』が出てくるので、本筋から脱線しますが、私が考える学習観について少し書いてみようと思います。

私は、狭義の知的機能である『勉強能力』と広義の環境適応的な『学習能力』を区分して考えたいと思いますが、確かに本を読んで勉強してモノを書く知的能力だけでは、余ほど商業価値のある文章や作品を書ける人でなければ生計を支えるのは困難でしょう。
個人的で恣意的な印象となりますが、私は『勉強能力』『学習能力』の差異を考えてみることで、社会への適応性や経済的な利得を高める知的作業の効率を高めることが可能になるように思います。
しかし、各人の言語感覚や定義によって勉強能力と学習能力は、ほぼ同一の知的能力だと考えることも出来ますから、その差異を意識しないならしないで問題があるわけではありません。また、お金や利得につながる知的作業や学習能力のみが有価値なものでもなく、それぞれがそれぞれの幸福観や人生観に則って最善と思う知的活動を楽しみ行えばよいとも思います。

ただ、テキストや既定の範囲内の領域から知識や技能を汲み上げる知的作業を『勉強能力』とし、置かれた環境に巧みに適応する為に臨機応変に新たな技術や行動を獲得することを『学習能力』とすることによって、視野狭窄的な勉強のみに埋没することのリスクみたいなものを体感することが可能になるかもしれませんね。
(勿論、この場合のリスクとは、功利主義的な価値判断に基づくリスクであって、個別の価値指標を包括する一般的なリスクではありません。)


以下に、個人的な定義ですが、勉強能力と学習能力についての概略を述べておきます。

■勉強能力について

学校教育で求められるペーパーテストに正確に解答する形式の能力であり、入学試験・入社試験・資格試験など想定可能な出題範囲内の学習成果を競うために『準備された相対評価の場』において確実に高い成績を得ることの出来る能力である。
広義の勉強能力は、『“正しい知識”として提示される“記述されたテキスト”を理解・記憶し、再生・応用する能力』であるが、勉強能力は更に『プラグマティックな勉強能力(合目的的な勉強能力)』『非プラグマティックな勉強能力(教養・趣味の勉強能力)』に分類される。

前者は、入社試験の勉強や資格試験の勉強のように、何らかの経済的社会的利益の獲得や他者からの評価を目的としてなされる勉強であり、後者は日本文学全集を読んで書評を書くとか世界史の歴史文献を渉猟するとかいった自己充足的な教養の深化や知識の獲得、他者との教養趣味の談笑などを目的としてなされる勉強と言えるだろう。

一般に社会的に評価されるのは、プラグマティックな勉強能力であって、この勉強能力に秀でた人たちが、“一流企業への就職、医師・弁護士・会計士・教師・研究者といった専門職、国家公務員1種合格による官僚”といった職業に就く事が多く、今までの学校教育におけるエリート層という認識が為されていたのだと思います。


■学習能力について

心理学的な学習という概念を応用して、『環境に適応する為の後天的な行動と知識の獲得であり、その学習結果は、比較的長期にわたって持続するもの』と考える。
この定義に基づけば、学習能力は勉強能力の高次概念であり、勉強能力は学習能力に包摂される。

人間の知性は、記憶・思考・感情・創造が密接に複合されて学習行動を行うことになるが、その学習行動は『知識・情報獲得の為の静的なテキスト読解』と『対人関係スキル・技術・運動機能獲得の為の動的な反復的経験』に分けられるように思える。
静的な学習行動の場合には、実際に身体を動かしたり、試行錯誤をする必要がなく、書籍と紙と鉛筆もしくはコンピューターがあればよく勉強能力に近いが、動的な学習行動の場合には、実際に身体を動かし、言葉を他者に向けて発して、他者や環境からのフィードバックを得る事によって学習を押し進めなければならない。
また、動的な学習は、失敗や間違いを繰り返しながら経験を反復する必要があるだけでなく、静的な学習とは異なり自分一人しかいない環境では行い得ない学習行動である。

学習能力にあって勉強能力にはない要素で特徴的なものは、実際に他者(環境)に働きかけてどのような反応(結果)が得られるのかを体感するという経験的要素と身体と言語を駆使する身体的要素、対人的な相互作用の要素ではないかと思います。


勉強能力の高さは、大手企業の就職採用試験や官公庁・学校・研究所などの公務員採用試験、各種国家試験や資格試験などの合格確率を高めるものであって、その後の職業活動における成功や優位を保障するものではないように思えます。
“相互依存的な競争原理があまり機能していない環境・公的資格によって排他的独占ができる職種・終身雇用が保障された組織”であれば、(特別な対人関係スキルの障害や社会適応能力の問題がなければ)勉強能力だけでも一定以上の豊かさと安定を得られるように思います。

今後十年で、それがどのように変化していくのかの将来予測を語るのは私には難しいですが、徳保さんの語るように『食べる為の仕事=仕事の内容を問わない仕事』の供給が圧倒的に不足するような事態にはならないのではないでしょうか。
少なくとも日本人の大半が、生きるか死ぬかという生存の危機に立たされるという事態は想定できないですし、特別に、衆に抜きんでた勉強能力と対人関係スキルがなければサバイバルできない淘汰圧が極度に高まった社会は到来しないのではないかと思います。

一部の経済学者や社会学者は、社会的スキルと密接に結びついた成果主義やITの習熟度によるデジタル・デバイド、市場経済のグローバル化などを要因として、今後、経済格差の拡大が起こりある種の社会階層の分化に至るという説を述べています。
その経済格差が教育機会の格差につながり、遂には自己の将来や社会的成功に関する希望格差を生むというような言説も社会学の新書などで出てきています。
そして、そういった社会学的アプローチによる階層社会到来を予見するかのような危機意識の喚起も『食べる為だけの仕事』に対する心理的抵抗感や階層意識に基づく劣等感などを助長しているのかもしれません。

食べる為の仕事が決定的に不足するのではなく、自己の社会的アイデンティティに伴う自尊感情や過去の経歴や業績にまつわるこだわりのようなものによって『結果として職業選択の幅が狭まる』というのが実際的な状況だと思います。
とはいえ、やはり梅田さんが想定しているような高学歴者層(あるいは、社会的アイデンティティ確立と自己の存在意義が完全に重複している層)の人たちであれば『職業を主体的に選択せずに仕事が得られればそれでよい』という判断を下す事には非常な苦悩と逡巡が伴うのではないでしょうか。

私は、社会的アイデンティティは、自己アイデンティティの一部であって全体ではないと思いますが、“仕事・職種・地位・収入・所得・人脈といった社会的属性”“自己のアイデンティティの核心”として持っている人が多いという事実はあります。
そして、そういった社会的属性にプライドや高い価値を見出す事自体は、批判されるべきことではなく、むしろ社会人としての責任をまっとうしようとする意志の表れであり、経済活動への積極的な参加や創造的な職業活動という面で高く評価される部分も多くあると考えられます。

この問題は、経済学的に考えれば雇用と個人の市場価値や労働意欲と就業率の問題(NEET問題など含む)なのでしょうけれど、心理学的には、エリク・エリクソンのライフサイクル論で“青年期の発達課題”として語られる“自我アイデンティティの確立”にまつわる問題だと言えます。

自我アイデンティティの確立については、また時間のある時に色々と考えてみたいと思います。


■トラックバック

『浅倉卓司のログ』からトラックバックが寄せられていました。
もう一人の方のトラックバックは、パスワード制限がかかっていて残念ながら拝読できませんでした。

浅倉さんのおっしゃるように、勉強の本義は『学問・技芸』を含むものであるという事に同意します。
そして、『ある物事に専心して努め、励むこと全て』が勉強だというのが正しいとも思います。
梅田望夫さんのブログの議論を踏まえていた為に、『頭のいい秀才くんタイプ』が念頭にあり、『社会で通用する勉強や学歴・資格につながる勉強』というやや通俗的な狭い範囲に勉強のカテゴリーを定めてしまった為、正に個人的で恣意的な定義になっている点がありました。
参考になるご指摘をどうもありがとうございます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのトラックバック