テーマ:カウンセリング

「自意識過剰・ナルシシズム刺激」で人は調子に乗りやすくもなる2:SNSのイイネ文化と自己愛

自意識過剰とも連動している人間の「自己愛」は、非常に増長しやすい(調子に乗りやすい)のですが同時に非常に萎縮しやすい(傷つけられやすい)という特徴も持っています。 客観的な能力や対人魅力がある程度高く、いつもハイテンションでとても自信家に見えた人が、一つか二つの大きな失敗・挫折を契機にして、急に言葉数が少なくなったり非社交的になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自意識過剰・自他の比較」によって人は悩みやすくなる1:理想自我・完全主義とのギャップ

森田正馬の森田療法では、「自分の感覚・意識へのとらわれ(自意識過剰)」を改善することに重点を置いて、「神経症(森田神経質)」を治療しようとしました。 思春期・青年期以降に「自分が対人的・社会的にどのような人間であるのか」や「自分は他人と比較して優れているのか劣っているのか」といった自意識・自我が強まってくるのですが、自意識・自我が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

医療社会学者アーロン・アントノフスキーの『健康生成資源』と運命論に陥りやすいトラウマ仮説

現代の精神医学では精神疾患の発症を『素因ストレスモデル』によって説明していますが、先天的な素因(遺伝・体質気質)に加わる環境条件のストレスによって、人の性格行動パターンは様々な形に変わりやすいところがあります。 現代では有能なビジネスパーソンの過労死やパワハラ・セクハラの被害(ブラック企業による虐待・搾取)を典型として、『本人自身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストレスに対する現代人の“回避・逃避”と“依存・執着”の自己防衛的かつ非適応的な性格行動パターン

退却神経症や新型うつ病では、本業のストレス状況に対して極端に意欲・集中力が低下しやすく、無理して行ってみても何も生産的な仕事・学習ができないという問題を伴いやすいのですが、少しずつストレスを感じる状況や相手に慣れていくという『系統的脱感作の行動療法』が有効な人もいれば、『自分が何とか適応できる仕事・集団・相手を見つける』というニッチな適…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

“回避性パーソナリティー障害・退却神経症”から見る現代人のストレス反応性の広がり

自我が傷つけられたり重い責任・負担を感じさせられたりする場面を避けるという『回避性パーソナリティー障害』は、1990年代までは学校・会社・仕事といった人生の主要な活動から退却するという笠原嘉(かさはらよみし)の『退却神経症』によって説明されることが多くありました。 退却神経症の人が避けてしまうのは、誰かに管理・査定をされていたり何…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自己意識(自意識)が強すぎるとメンタルヘルスが悪化する:理想自己と現実自己のギャップ

自己意識が強い人で主観的な満足度(自己評価)が高い人には、自分ひとりで物事を深く分析して考えること自体が好きだったり、読書・勉強・言論を通して自分の内面的な知識・思想・信念を鍛錬していくことが好きだったりするC.G.ユングがいう『内向的で思考的(直観的)な性格傾向』の人が多いのです。 反対に、自己意識が弱い人で主観的な満足度(自己…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己意識が高い人と低い人の主観的幸福度の実感:自己中心性と私的・公的な自己意識

自己愛性パーソナリティー障害(NPD)や反社会性パーソナリティー障害(ASPD)では、他者とのトラブルの原因として『自己中心性』が問題になりますが、人間の大半は程度問題を考えなければ自己中心的な行動様式を取ることが多いものです。 その自己中心性が『意識的』であるか『無意識的』であるか、他人に直接の迷惑(危害)を加えるものかどうかと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

森田正馬の神経質の症状形成と自分・症状へのとらわれ2:あるがままをどう実現するか

『注意』と『感覚(病気であるという感覚)』が相互作用して強め合うというのが、森田神経質でいう『精神交互作用』です。ヒポコンドリーと精神交互作用によって心身の不快感・違和感が『症状』として自覚されてしまうと、人はその苦痛な症状をどうにかして治したい、どうにかして取り除きたいと思うようになり、『症状との対決・格闘』に日々明け暮れることになっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森田正馬の神経質の症状形成と精神交互作用1:注意・意識を向けすぎると悪化する

日本の精神科医の森田正馬(もりたまさたけ,1874‐1938)は、些細な違和感や感覚・思考の異常に過度に注意を向けすぎることによって、『不安・心配・苦痛の症状』がより悪化していくという『森田神経質』を提案したことで知られます。 森田神経質(森田神経症)というのは、今でいう社会不安障害(対人恐怖症)や不安性障害(不安神経症)、醜形恐…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

回避性パーソナリティー障害の主体性の喪失はなぜ起こるのか?:親子関係と子への期待・要求

他人に対して抵抗・反発・批判をして、自分の意見を通すこと(相手の非を改めさせること)などとても無理だと感じている回避性パーソナリティーの人は、自分だけが受動的に相手に従うしかないような心理状態に追い込まれやすい。自己主張が強くて要求の多い相手と無理に付き合って、『理不尽な人間関係』にはめ込まれてしまいやすい嫌な経験を重ねているから、他者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回避性パーソナリティー障害(APD)と『大人としての成熟』が拒否されやすくなった現代

仕事状況や学校生活、対人関係に適応しづらい性格行動パターンは、回避性パーソナリティー障害(Avoidant Personality Disorder:APD)の特徴が関係していることも多い。 クラスターC(C群)に分類される回避性パーソナリティー障害は『不安感の強さ・積極性の乏しさ・意欲の弱さ』の特徴があるが、その中心にあるのが『…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

人の心を開かせるコミュニケーションスキルと相手の考え方・感じ方を正しく知る質問技法:2

『相手の感じ方や考え方』を正しく理解するためには、相手に興味関心や好意的な思いがあることをまず伝えて、自分が相手の感じ方・考え方をもっと知るためにできる『率直な質問』を探すことになります。 率直な質問というのは『嫌味・皮肉・比較・貶め(おとしめ)』を感じさせないものでなければならず、『親しみ・関心・柔らかさ・受容(反論されない感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人の心を開かせるコミュニケーションスキルと傾聴・共感の効果:1

人間関係の改善と支持的なカウンセリングに共通する要素として『共感的理解』と『無条件の肯定的受容』がありますが、それらが持つ最大の効果は『人の心を開かせること(何でも話せるオープンな気持ちにさせること)』に他なりません。 人は自分が考えていることや感じていることを正確に理解してくれて、『共感的・受容的なフィードバック(返事や反応)』…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

境界性パーソナリティー障害の人とどのように接すれば良いか?:共感・寄り添いの調整と自他の境界線

前記事はメラニー・クラインの精神分析的な理論の話になりましたが、境界性パーソナリティー障害(BPD)の人の激しい感情・衝動に巻き込まれ過ぎず、否定し過ぎずに対処するにはどうすれば良いかを考えてみます。BPDでは一般的に相手との心理的距離感が縮まって、何でも言える親しい関係になってきた時に、『怒り・悲しみ・寂しさ・空虚感(虚しさ)・不安感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

境界性パーソナリティー障害(BPD)の『理想化・こきおろし』とM.クラインの妄想-分裂ポジション

境界性パーソナリティー障害(BPD)の人に対する家族(周囲にいる人)の接し方は、『相手の激しい感情・気分・行動(自傷行為)に振り回されすぎないようにすること』と『相手のペースに巻き込まれて自分のメンタルヘルスを悪化させたりネガティブな感情を持ったりしないこと』が基本になります。 境界性パーソナリティー障害(BPD)は、カール・ロジ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自己愛肥大のメリット・デメリットと自己愛的な現代人の『老い・死』の受け止め方:2

それぞれの個人の自己愛の幻想が維持されていれば、『社会・他者に対する不平不満や強い干渉』は表に現れにくい。だが、自己愛の幻想が衰弱したり破綻したりすると(あるいは自分自身の経済生活や人間関係そのものが成り立たなくなると)、格差のある他者や不公平な社会に対する『羨望・怨恨』が強まって、『不満のある社会・他者を変えようとする干渉や活動の動き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己愛の時代を生んだ『豊かさ・個人主義・消費社会の要因』と格差・貧困の影響:1

現代は『自己愛の時代』と言われるが、現代人の自己愛が肥大したり歪曲したりしやすい背景には『個人主義・消費社会(消費主義文明)・ルッキズム(外見重視主義)』がある。 しかしここ20年続いた経済不況や格差拡大、貧困増加によって個人単位の自己愛を満たしづらい人も増え、『個人・所有の自己愛の時代』から『共生・共有の共同体(関係性)の時代』…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

カウンセリングマインドで結果としてやる気を引き出す:なぜ人の話を上手く聴けないのか?

スパルタ教育から話を戻すと、カウンセリングマインドの『人の話を聴くこと』というのは『人の話を聴いて自分の意見を返すことで、相手を変えようとすること』ではなく、『人の話をその人の欲求・意図に従って共感的に聴くことで、相手を受け容れること』です。 カウンセリングマインドとリーダーシップには、『人は自分の存在・能力を評価してくれて受け容…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人のやる気(意欲)を高めるか無くしてしまうか:人を思い通りに動かすことはできない

自分が乗り気でない事柄に対して『やる気(意欲)』を出すというのも難しいですが、仕事・学校などで共通の目標に向かって他人の『やる気(意欲)』を引き出して協力してもらうというのは更に難しいことです。 リーダーシップに優れた人というのは、他人や集団(チーム)の『モチベーション(動機づけ)』を高めてみんなをやる気にさせられる人であり、やる…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自己中心的な願望によって生まれる『人間関係の不平不満』:見せかけの真面目さと内面の怒り

自己中心的になるほど自分の利益を忠実に追求しているはずなのに、実際の成果がでなかったり不平不満が多くなったりすることは多い。自己愛性パーソナリティー障害の人も、自分自身の権力や利益、名誉、影響力などを利己的に追求していて、他人に共感せずに他人を利用しようとするが、実際には思い通りの成果を得られなかったり、仕事・人間関係の不満を溜め込んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学生・高校生の自殺問題2:“学校・家庭の世界”における視野狭窄・居場所喪失への支援対応

中学生・高校生の自殺問題の原因の多くは『学校の問題』であるが、具体的には『学業不振・進路(入試)の悩み・いじめを含む友人関係の悩み』に分類される。『学校の問題』に『家庭の問題』が加わると更に自殺リスクは高くなってしまうが、家族の問題というのは具体的には『親からの叱責や虐待・納得できない家庭環境や親子関係・家に居場所がないと感じる・親と何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学生・高校生の自殺問題1:日本の統計的な自殺の推移・自殺企図の危機的な精神状態

21日に、愛知県犬山市内のマンション敷地内で、同市内の中学校に通う15歳の男子生徒が飛び降り自殺したことがニュースに出ていたが、少し前にも埼玉県の女子中学生がクラスで突然自分からテスト中の行為について謝罪した後に飛び降りた痛ましい自殺報道があったばかりであった。 2010年代に入ってから日本の統計情報としての自殺件数は減少傾向にあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

回避型・アンビバレンツ型の愛着と回避性パーソナリティー2:他者への関心・共感の有無

『回避型の愛着』になると、『自分ひとりの世界の構築と共感性の欠如・他者と距離を置いて親しくなりたがらない・冷めた態度で他人と一緒に盛り上がることを好まない・自分や他人の感情に対して無関心になる』といった行動パターンになりやすい。回避型の愛着は、長年に及ぶ親(他者)からの愛情欠如や無関心によって、他者に何も求めないこと(他者に関心を持たな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛着スタイルと人間関係の行動パターンの相関1:自分・他者に対する基本的信頼感の形成

人に認められたいとか愛されたいとかいう『承認欲求(愛情欲求)』は概ね普遍的な欲求で、誰もが多かれ少なかれ持っているものだが、そういった承認欲求を元にして他者と実際にどのように関わっていくかの行動パターンは人それぞれである。他者と実際に関わっていく場合の基本的な行動パターンを規定する要因の一つとして、乳幼児期の『愛着形成のパターン』がある…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

“真面目すぎる人・完全主義思考に囚われる人”はなぜストレスを溜めやすいのか?

他人の言動や反応(評価)に影響されやすい人ほど、『過度の完全主義思考+表面的な真面目さ・責任感の強さ』を持ちやすく、他人が思い通りに動いてくれないとか、自分はこれだけ頑張っているのに他人が応えてくれないとかいった怒り・不満のストレスを抱えやすい。そういった怒り・不満のストレスが積み重なることによって、うつ病のような気分の落ち込みや意欲喪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他人を“自分の仕事の邪魔”と感じてしまう心理と完全主義思考による不適応・無気力のリスク

ある分野の優れた能力(知識・技術)や意欲(やる気)がある人は、『他人にも自分と同程度の能力・意欲があるのが当たり前』という決めつけをしてしまいがちである。そして自分ができることを他人ができないことが許せなくなり、怒り・不満を溜め込み、リーダーシップや教育能力を発揮できなくなり全体の仕事のパフォーマンスも落ちてしまう。 『あいつは仕…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

豊田真由子議員の秘書に対する暴言暴力の問題:“個人の能力の高さ”と“リーダーに求められる資質”の違い

プレイヤーとして極めて優秀だった野球選手・サッカー選手が、監督・コーチとして必ずしも一流の資質・適性を持っているかは分からないように、企業の仕事や学校の勉強といったジャンルにおいても、自分個人が仕事・勉強ができる優れたプレイヤーであっても、リーダー(上司・経営者・指導者)としての資質・適性はあまりないという人は結構多くいるはずである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リーダーシップの心理学と“厳しい上司・優しい上司”双方に共通するリーダーの能力:2

何でもかんでも部下と同じ目線・立場に立って考え、自分も一緒になって部下と同じ雑務的な仕事で汗を流すといったリーダー(上司)は、一見すると優れた謙虚な人格者なのだが、上下関係(お互いの役割)の区別を混乱させて組織全体の成果を出しにくくするリーダーになってしまうリスクもあるのである。 こういった優しさや人格性を勘違いした『嫌われないた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

リーダーシップの心理学と上司・部下の上下関係(役割分担)の区別:1

リーダーシップの心理学では、“P(Performance,目標達成能力)”と“M(Maintenance=集団維持能力)”の強弱を組み合わせて考える三隅二不二(みすみ・じゅうじ,1924~2002)の『PM理論(P-M leadership theory)』がよく知られている。 PM理論はリーダーの能力や資質を『指示・指導による目…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

回避性パーソナリティーの病理的特性の考察とシゾイドの要素:他者への興味・欲求・喜びの強度

回避性パーソナリティー障害の特徴である『失敗して恥をかきたくない』『挫折や拒絶によって傷つけられたくない』『人付き合いや社会的活動を面倒・億劫に感じる(今以上の責任・義務・仕事の負担を負いたくない)』というものは、一般的な人格・性格と照らし合わせてもそれほど珍しいものではなく、自分にも当てはまる項目や当てはまっていた時期があると思う人は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more