テーマ:ウェブサイト

「草食系男子の特徴」「嫌い避けする男と女の特徴」「モテる男は脈アリ女性を見分ける」のサイト記事

「恋愛・女性は必要ない」という草食系男子の特徴・心理10個:なぜ若者の恋愛離れが進むのか? 恋愛・女性・性行為に興味関心が薄い「草食系男子」が増えているとも言われますが、「雇用・経済(お金)・格差・モテの要因」とも関係する「心理的・行動的な特徴」にはどのようなものがあるのでしょうか? いわゆる「草食系男子」と呼ばれている人で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「異性の前でニコニコする人の心理」「視線を合わせない人の心理」:サイト更新

異性の前でニコニコする人の心理6個 気になる異性(相手)がいつも「ニコニコとした笑顔」で接してもらえると嬉しくなりますが、異性の前でニコニコする人はどのような感情や考えを持っているのでしょうか? ニコニコとした爽やかな笑顔を見せてくれるというだけでは、「自分に対する本音部分の好意・興味・好感度」があるかどうかまでは分かりませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビッグローブのドメインから“esdiscovery.jp”へのコンテンツの移転が大方終了しました

「ビッグローブドメインのサイト」にアップしていたコンテンツの大半を、「http://esdiscovery.jp/」の独自ドメインの新規サイトに移転しました。 アクセスの多かった以下の記事も、新規サイトで閲覧できるようになりましたので、興味の持てる内容がありましたらぜひ読んでみて下さい。「http://esdiscovery.jp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログ記事に「目次・見出し」は必要か?:長文記事のSEOとニーズ・文字数の上限

最近は一般の人たちにブログ記事が以前ほど書かれなくなった傾向はあるものの、一方で食品・商品・旅行(観光地)などの検索をしていると相当に内容や説明を掘り下げた網羅的な長文記事が増えてきた印象もあります。 明確にアフィリエイトを意識して作成されたものもありますが、特に広告はなくて企業のコンテンツの一部として作成されたような商品紹介や健…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェブの大衆化と利用形態の変化:ブログのテキスト文化からSNSの交流・つぶやき・ビジュアル文化へ

ブログを書き始めて12年以上の年月が経過して、ブログというCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)の新鮮さが無くなったこともありますが、一番大きな変化は「他のブログ」をほとんど読まなくなったことかもしれません。 ブログを読まなくなった理由の一つとして、「Googleリーダー」をはじめとするRSSリーダーのサービスの多くが終了…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自己愛性パーソナリティー障害のページのリライトと新規作成:時間経過による記事評価やウェブ環境の変化

2005年頃に開設したウェブサイトの各種コンテンツも公開から10年近く経った古いページが少しずつ増えてきて、コンテンツの内容や概念が古くなったものも出てきています。振り返ればあっという間でしたが10年以上もの歳月が経過する中で、心理学・社会学・カウンセリング・精神医学・哲学などのジャンルで同じテーマを扱ったサイトやブログもいつの間にか急…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

“BIGLOBE NEXT”への移行によるサービス環境の統合:“新WebFTP”と“IE8”の感想

9月30日の23時から10月1日の11時まで『ウェブリブログの長時間メンテナンス』があるようです。今までのメンテナンスではブログの閲覧には影響が出ていませんでしたが、次のメンテナンスの時間中は『ブログの閲覧』も出来なくなる時間帯が出てきます。アフィリエイトに関するウェブリブログの会員規約の変更もあるようですが、BIGLOBEのサービス体…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ブログ運営と心身の健康管理:アメリカにおける仕事(職業)・メディアとしてのブログの問題点

アメリカで何人かの職業的なブロガーが死亡しニューヨーク・タイムズが『デジタル時代の労働搾取』と報じたようですが、ブログと致命的疾患(心臓疾患)との医学的な因果関係はともかくとして、『ある種のブログ運営』には過大なストレスがかかるのではないかと思います。趣味や娯楽の一環として『空いている時間』に短文の記事(日記)を気楽に書くという一般的な…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

“他者の注目”を求める演技性人格障害と“社会的な価値(他者の好意)”を拒絶する反社会性人格障害

ウェブサイトで演技性人格障害と反社会性人格障害の特徴と概略についてまとめましたので、興味のある方は読んでみて下さい。クラスターB(B群)の人格障害に分類される『境界性人格障害・自己愛性人格障害・演技性人格障害・反社会性人格障害』に共通する特徴は不安定な対人関係(感情機能)と抑制困難な衝動性であり、その根本には自己と他者の境界線が曖昧にな…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

総中流社会と格差社会の違いとは何だったのか?:所得の再分配・機会の平等・労働意欲・セーフティネット

ワーキングプアやネットカフェ難民、日雇いの派遣労働などで問題になることの多い格差社会について、『ジニ係数や生活実感で見る所得格差』のテーマをウェブサイトのコンテンツで取り上げました。このテーマに興味のある方は読んでみてください。 日本の経済格差と財の再分配の問題:格差社会の考察 1980年代頃までは、『日本は貧富の格差が小さ…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

カール・グスタフ・ユングの人生過程と分析心理学に関するコンテンツ

ウェブサイトで、分析心理学の創始者であるカール・グスタフ・ユングの生涯と思想を大まかにまとめたコンテンツを作成しました。興味のある方は読んでみてください。 カール・グスタフ・ユング(Carl Gustav Jung, 1875-1961)の思想と生涯 ユングの普遍的無意識や元型、性格理論(タイプ論)については、過去の…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

孔子『論語』の書き下し文と解説:ウェブサイトの更新

儒教(儒学)の開祖である孔子(Confucius, B.C.552,551-479)の言行録であり、孔子と弟子との問答の記録である『論語』の白文・書き下し文・現代語訳(口語訳)をウェブサイトで更新したので、老荘(老子・荘子)の道家と並ぶ東洋思想の原点である儒家の基本教典に興味がある人は目を通してみてください。 以下、『論語』の[学…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

対象関係論の草創期に活躍したクライン、フェアバーンらとカーンバーグの境界例研究

前回の記事で、アンナ・フロイトの自我心理学と対立した対象関係論の始祖メラニー・クラインについて触れましたが、精神分析には大きく分けて『本能的欲求であるリビドーの充足』を精神活動の基本動因とする正統派の自我心理学派と『最適な対象関係の希求』を基本動因とする対象関係論学派(英国独立学派)があります。 前回、対象関係論の中心概念となる理…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ユーザ定義スタイルシートと代替スタイルシートによるデザイン(配色・フォント)の選択

ウェブサイト構築では、ストリクトなXHTMLとCSSを用いて文書構造とデザインを分離する方式がスタンダードとなってきていますが、ウェブサイトやブログを閲覧するユーザの立場に立つと、ウェブ制作者が指定したCSSのデザイン・配色を見づらいと感じることもあると思います。 そういう時に役立つのが“ユーザー定義スタイルシート”というもので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋愛関係と結婚(婚姻)の違い・『性愛の自由化』と『男女交際の活性化』がもたらす結婚のモラトリアム

恋愛関係とは、“個人としての男”と“個人としての女”が、恋愛感情・親愛欲求・性的魅力などに基づいて自由に取り結ぶ情緒的関係であり、恋人である二人以外の他者(第三者)の存在を原則として必要としないところに特徴があります。 恋愛の始まりと終わりに際しては、悪質な結婚詐欺や婚約破棄、犯罪行為などの問題がない限り、法的な責務や経済的な補償…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

パースの実用主義の記号論とロラン・バルトの『意味作用の体系』:ネットと現実を変化させる記号の力

フェルディナン・ド・ソシュールは、言語の普遍的な構造を考察する中で『恣意的な差異の体系』の構造として、シニフィエ(記号内容)とシニフィアン(記号表現)の構造を抽出した。 構造主義の先駆けとなったソシュール言語学では、言語体系の『二項対立的な図式化(形式化)』を通して、世界の言語に共通する『ラング(言語規則)とパロール(音声)』『シ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ビネー式知能検査に関する補足と臨床診断的に用いられるウェクスラー式知能検査:サイトの更新

心理アセスメントとしての知能検査の歴史とアルフレッド・ビネーが開発したビネー式知能検査については、心理アセスメントで用いる心理検査とインフォームド・コンセント:ビネー式知能検査による一般知能の評価と『集団知能検査の開発を促進した第一次世界大戦:投影法の性格検査と無意識概念』の記事でその内容を概説しました。 アルフレッド・ビネーとテ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

人類集団の歴史的変遷と地域格差の発生・知能水準と技能開発の環境依存性:サイトの更新

人類の集団社会の構成と分類 複数の人間が相互に影響を与え合いながら生活する『集団の場』が社会(society)であり、人類は悠久の歴史を通して様々な構造と機能を持つ集団社会を構成してきた。人間社会は、『政治システム・経済システム・社会システム』の差異によって特徴づけることができ、『文化水準・知識教養・技術レベル』によって集団社会を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分割脳実験から分かる右脳の認知過程と左脳の言語過程の協働:サイトの更新

スペリーとガザニガの分割脳実験と認知機能 大脳を形態面で見ると、『左半球』と『右半球』から構成されていて、脳梁と呼ばれる神経線維で連結しているのですが、左脳と右脳それぞれの役割機能と相互作用については様々な学説や俗信が存在しています。脳の特定の機能が、脳の特定の部位(構造)で実現されているという考え方を『機能局在説(機能局在論)』…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

キリスト教初期の歴史と聖書の構成:サイトの更新

キリスト教の誕生とパレスチナの地 キリスト教の聖典は『新約聖書』と『旧約聖書』であり、キリスト教の神の母胎は、ユダヤ民族が信奉するユダヤ教の神ヤーヴェ(ヤハウェ,YHWH)にある。ユダヤ民族は、モーセの十戒の第3戒にある『神の名をいたずらに口にしてはならない』を長い年月にわたって厳守した為、神の名前を示すテトラグラマトン(神聖四文…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

13種類のビタミンとその生理作用:サイトの更新

サプリメントについて サプリメント(Supplement)とは、日常の食生活からだけでは不足しがちな各種の栄養素を補給するための食品(製品)です。サプリメントは栄養補助食品ですがその摂取形態は通常の食品とは異なり、『タブレット(錠剤),カプセル,ソフトカプセル,パウダー(顆粒),ドリンク(リキッドタイプ)』などの形で栄養を補うもの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

経済を理解するための基礎知識:サイトの更新

資本主義の経済現象を大まかに理解する為の、『経済の基礎知識』をウェブサイトで公開しました。 個人・法人の税制に関する基本的な理解を進めるために調べている事柄についても、時間が出来たらまとめていこうかと考えています。 経済とは何か?経済活動の主体は誰か? 経済とは「個人・企業・政府」の間の「お金と財・サービスの交換」であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀元前の宗教史の略年表:サイトの更新

有史以前の人類は、アニミズム(森羅万象への精霊崇拝)やシャーマニズム(呪術信仰)、神話伝承といった宗教的感受性を共有することで、共同体の連帯や団結を高め、自然の猛威や外敵の脅威に備えてきました。 そういった原始的な自然宗教の段階を脱しても、古代文明社会では、自己のアイデンティティや民族の存在意義を宗教の物語を通して強化し、理解困難…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『古代ギリシアの7賢人の思想と生涯』に関する自サイトのコンテンツ紹介

過去に、ギリシアの歴史と風土、思想に関する『西欧文明世界の精神的源泉としてのギリシアの歴史物語と風土文物の魅力』という記事を書きました。 ポリュビオスの政体循環論と古代ギリシアの略年表を書いた記事では、理想的な政治体制とその堕落形態について説明して、古代ギリシアの政体の変遷を眺めました。 紀元前の古代ギリシアの哲学者(7賢人…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more