“自信・余裕のある人”が好かれやすいのはなぜか?:あなたが自信の向上・余裕の獲得のためにできること

ビジネスや友達関係、恋愛関係において「自信」を持っている人は、「自信」がない人よりも好かれやすく、初期の目的を達成しやすいと言われます。他者に好かれやすい(承認されやすい)自信というのは、「自己顕示型・自慢型(押し付け型)の自信」ではなくて、「他者貢献型・受容型(自己安定型)の自信」です。

「俺はこんなに凄い・あなたより私は素晴らしい」という虚勢やマウンティング(比較)の自信は当然「マイナス効果の悪印象」にしかならず、「相手に嫌な思いをさせる自慢ありきの自信」は論外ということになります。「自信」がある人が好かれやすい理由の前提として、「相手に対する好意・敬意・謙虚さが感じられる自信」であることを指摘できます。

自分に対して好意や敬意を示してくれる感じの人が、少々のことではぶれないような自信を持っている時に、その人の「対人魅力・信頼感」は格段にアップします。自分に対する好意とその背後にある自信を感じると、人はその自信を「他者貢献型・受容型の自信(自分を受け止めてくれて困った時には貢献してくれる自信)」として半ば無意識的に分類・判断するので、「その人と関係を深めることによる安心感・メリット」を感じやすくなるのです。

「根拠のない自信」がありすぎても結果が伴わずに困る場合はありますが、自分の実力・成果・魅力に見合ったある程度の自信をもって示すことは、「安心感・信頼感・メリットの予感」につながるので、ビジネスでも友人・異性との関係でも相手からの反応(返事)がポジティブなものになりやすいのです。

反対に、「おどおどしている・挙動不審な言動が目立つ・声が小さすぎて聞こえない」といった自信がないように見える特徴は、「失敗(ダメな結果)を前提にしている・仕事でも恋愛でも責任を果たす覚悟がない・相手に不快感を与えたり迷惑をかけたりする可能性が高い・一緒にいても良いことが無さそう」などのネガティブな意味を持つ言動として解釈されやすくなります。

「自信のある人」が好かれて目的を達成しやすい理由は、「精神的に安定していそう・実力や魅力がありそう・相手に貢献するだけの余裕がありそう・相手を受け容れてくれるだけの心のキャパがありそう」といったポジティブなイメージとして解釈されるからなのです。

「自信のある人」と同じような意味で「余裕がある人」も、人に好かれやすくて人から協力してもらいやすくなりますが、「余裕がある人」というのは「自分の欲求・目的をガツガツと押し付けてこない人」と言い換えることもできます。

営業職の人であれば、「顧客に商品を何とかして売ろうと思って必死に勧める方法」では、逆に商品が売れなくなる(顧客が購買意欲を無くしてしまう)経験をしたことがあると思います。「説明・態度の丁寧さを忘れずに余裕を持って、顧客の都合を考えながら売るスタンスにした方法」が、結果として営業が上手くいくことは多いのです。

恋愛関係でも「追えば逃げる」という傾向は強く、余裕のない感じで(今すぐに相手がほしい感じで)ガツガツと自分からアプローチしすぎると、ある程度チャンスのあった異性でも逃げられてしまうリスクは高くなります。

「自信・余裕」が他者に対して魅力に感じられやすい理由として、「自分以外の多くの人がその人の価値・魅力を認めているように見えるから(早くしないと他の人にその自信ある人の貢献・メリットを奪われてしまうから)」ということがあります。

社会的動物でもある人間(ヒト)は、「自分以外の他者(社会)からも認められていそうな人」に安心や信頼、魅力を感じやすい傾向があります。

もちろん、「容姿の良さ(美貌)・社会的な地位・経済的な実力」などの分かりやすい要素があれば、自信がそれほど感じられなくても安心や魅力を感じてもらいやすくなりますが、大半の人はそんな「美人・イケメン・権力者・金持ち」ではないので、「自信・余裕のある慌てない堂々とした態度(他者に何らかのメリットを与えられそうな雰囲気・態度)」によって自分の他者への影響力をプラス方向に補正することができるのです。

自信を高めて余裕を手に入れるためのもっとも確実な行動は、「実際の成功経験の積み重ね」ですが、成功体験を何回も繰り返すこと自体が難しいというハードルはあると思います。

その場合には、ハードル(難易度)を下げて「小さな成功体験」を繰り返すのも良いのですが、より簡単な方法としては「自分の得意分野・好きなことに特化して能力を高め知識・仲間を増やすこと」や「自分の助けを受け容れてくれる人を積極的に支援すること(ボランティアであっても誰かの役に立つ実感を強めること)」があります。

「自分を受け容れてくれる仲間・居場所」「自分が人よりも詳しいと思える得意分野」を作ることによって、自己肯定感と合わせて自信が強まります。また、「自分の力を誰かのために使って感謝・承認を受け取る経験」を積み重ねることで、自分だけ得すれば良いと利己的に生きるよりも、「利他的行動による自己評価の上昇」を実感しやすくなります。

そういった今の自分にできる工夫や取り組みによって、一定の「自信・余裕」を獲得しやすくなり、ビジネスや恋愛関係、友人関係における対人評価・信頼感・魅力もアップしやすくなるのです。どうしても自信や余裕を持てないという人の場合には、「素直さ・不器用さ・頼りなさを、他者の応援行動(放っておけない気持ち)を引き出す愛嬌・可愛げとして活用する方法」もあるでしょう。


スポンサーリンク







■書籍紹介
世界の大富豪2000人がこっそり教える「人に好かれる」極意 (王様文庫)
世界の大富豪2000人がこっそり教える「人に好かれる」極意 (王様文庫)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント