神奈川県座間市で9遺体が発見された猟奇殺人事件について2:未熟な若者の自殺願望を煽る卑劣な殺人

白石容疑者は、悪徳な風俗スカウトをしていた時からTwitter(SNS)を駆使してターゲットを探していたと報じられていますから、『SNS経由の被害者(誘い出しやすそうなメンタルの弱った女性)の物色』に慣れていたということもありますが、ハッシュタグの検索や設定が『自殺・死にたい・自殺願望・首吊り』などであることからも、副次的にお金や性犯罪の目的があったとしても、それ以上に死にたがっている人(周囲の家族や知人とも関係が薄くて捜索されにくそうな人)を見つけて殺すという殺人願望の方が強かったのではないかと考えられます。

神奈川県座間市で9遺体が発見された猟奇殺人事件について1:一見普通な青年の異常な犯罪

インターネット上で少し検索しただけで、大勢の自殺志願者を探し出すことができるというのも、自殺の多い現代の社会病理でありメンタルヘルス対応の課題です。SNSを介したコミュニケーションによって精神的に救われたり励まされたりする人たちも多くいる一方で、SNSが『自殺志願者と殺人嗜好者(殺人衝動のあるサイコパス)を引き合わせるツール』として悪用されてしまった悲劇的な事件としての側面も持っています。

ここまでの大量殺人を計画して短期間で実際に実行できる人間はまずいませんから、この特殊すぎる事件一件を例にして、SNSのTwitterが人殺し予備軍が獲物を求めて標的を検索しつづけている危険な場所とは到底言えないわけですが、この大量殺人事件そのものを予防することが難しかった一因は『犠牲者となった人たちの大部分は死にたがっていたこと・死んでも構わないと思って誘いに乗ったこと』にあります。

これがナンパのような誘われ方で、一緒におしゃれな居酒屋に行くつもりで誘いに乗った女性、相手に男性としての魅力を感じて知り合いや恋人になりたいと思って出かけた女性、ディズニーランド・USJに遊びに行くつもりで出かけて行った女性であれば、『上手い誘い文句・甘い口説き文句・楽しいイベントの誘い・写りの良い写真に騙されて殺された』と言えるかもしれませんが、死にたいと思っている人に対して『苦しくない首吊りをお手伝いするので来てくださいというような異常な誘い文句』に乗ってついてきた女性に対しては、事前に注意・警告によって自制を求めることが難しい問題はあります。

『知らない男性についていったら危ないですよ』という女性に対する一般論は、殺された犠牲者の女性でも知っていたはずですが、会いに行った目的がそもそも『一緒に自殺するため(首吊り自殺で死ににいくため)』ですから、知らない男性についていったら暴行されたりカネを取られたり、殺される恐れもあるなどという注意文句(普通は最悪のケースになる自分が死ぬことを望んで出かけていっているので恐怖心を惹起できない)が心に響かない可能性は高いでしょう。

この事件を事前に防ぐためには、自殺願望を持って孤立している人(誰にも助けてもらうための相談ができない人)、自殺願望や自殺幇助で殺して欲しい願望をネット上に書き込みたくなる人を減らすことが重要になります。

『生きることのつらさ・苦しさ・無意味さ』ばかりが頭の中を占めていて人生のポジティブな側面が見えなくなっている人を、前向きに生きられる状態に持っていくことは確かに専門の医師や臨床心理士であっても相当に難しいことですが、『生きる方向に導いてくれる仲間』よりも『死ぬ方向に騙して導く犯罪者』のほうが説得力を持ってしまった現状は社会病理の現れでもあります。この異常な事件を切り離しても、死にたいとか安楽死させてほしいとかいう人が増えている悲しい状況があります。

薬物療法では解決できないレベルの実存的な苦悩や主観的な『自分・社会・他者への拒絶感』というのは、日常生活の中で安心できる人間関係や自分を肯定してもらえる継続的なコミュニケーションがないと、なかなか自分の力だけで落ち込んだ精神状態を立て直して、自己否定の苦悩を解消することが難しいのですが、今の社会生活や人間関係の中に『弱っている他者と向き合って粘り強くケアのできるような余裕のある人・安心できる場所』が減ってきているという問題はやはり重いと思います。

白石容疑者の最初の殺人は、ネット上で知り合った知人女性であり、初めは知人女性の彼氏も一緒に三人で会ったことがあるといいます。知人女性を単独で呼び出して殺害した後に、いなくなった彼女のことを心配して訪ねてきた彼氏を、殺人隠蔽のために殺しており、この彼氏が唯一の男性の被害者となっています。

8月に1人、9月に4人、10月に4人という異常に早いペースで連続殺人に手を染めた白石容疑者ですが、最初のカップルの女性に自殺願望があったかは不明であり、その後の7人の女性はSNS上で検索した自殺志願者である可能性が高いようです。

しかし自殺志願者といっても、被害に遭った女性たちは10~20代の年代であり、まだ人格も価値観も生き方もまったく固まっていない若い人たちで、そういった若い人たちの『判断能力の未熟さ・人生観の浅はかさ・暫時的な絶望感』に敢えてつけ込んで、死にたい気持ちをむやみに煽って、実際に死ぬしかないという方向に誘導していったという悪質さや狡猾さが容疑者にはあります。

10~20代の若い世代の女性であれば、これからいくらでも今抱いている自殺願望を乗り越えて気持ちや考え方を入れ替えられるチャンスはあったはずで、『新たな人生・人間関係・社会生活』に踏み出せるまで時間はかかったとしても、最終的に自殺を選ばないという主体的な選択ができた可能性も十分にあったでしょう。同じSNSでこんな卑劣な容疑者ではなく、もっと親身になって生きられる方向性を一緒に模索してくれる相談者に出会えていればと悔やまれて仕方ありません。

容疑者の自己制御を失った殺人衝動の原因は何だったのかは不明のままですが、先天的なサイコパスというよりも、客観的な現実感が薄らいで興奮する『ある種の解離障害的(離人症的)なトランス状態』にあった可能性があるのではないかと思います。

白石容疑者は八王子市に住む23歳の女性を殺害しましたが、そのお兄さんが非常に妹思いの人であったために、徹底的なネット上での捜索活動と情報収集を受けて、最後は警察のおとり捜査(声をかけていた女性が現場に行くと見せかけた)によって、首吊り士アカウントの身元・住所を割り出し逮捕に漕ぎ着けることができました。

しかし、容疑者は死体の大部分を遺棄しておらず、室外に腐敗臭が漂う状況を放置していたので、遠からず遺体が発見された可能性もあったわけで、『証拠隠滅の意図・逃げ切ろうとする意志』はそれほど強くなかったように感じられます。現場に警察官が踏み込んできた時も、逃走の姿勢などは見せず、自分が殺人を犯したことを認めて淡々と質問に応えたようです。

『強烈な殺人衝動(性的暴力の衝動も含む)』のためにセルフコントロールや現実的な利害判断(殺人を隠蔽したり逃走したりする保身の動機づけ)を完全に失って、一回の殺人後の遺体の遺棄作業をする時間も惜しんで、次の殺人を我慢できずに手を染めてしまうというような異常な心理状態が想定されます。

過去の連続殺人のプロファイルでも『絞殺魔』は多く、絞殺にはサイコパスの快楽殺人者に対して何らかのやみつきになる精神的報酬になる要素(苦悶の表情からの生命管理の優越感・段階的な生命の喪失の観察による支配欲求の充足など)があると言われていますが、こういった異常な連続殺人者には性的快楽と暴力衝動(他者の苦痛や懇願の表情)を結びつけるイメージが強い傾向があるようです。

人間や生命を『モノ』と同じように見なして、人を傷つけたり殺したりすることを躊躇しないというサイコパスの特徴もあります。

白石容疑者に対して風俗スカウトの時代にインタビューをした人が『女性をモノ(カネ)のように扱う男・女には低姿勢で甘いが男には横柄な態度を取ってくる』という感想を述べており、風俗でスカウト業をして女性を騙してカネに変えるような経験をしたことが、容疑者の異常な女性観(女性のモノ化と女性自身の自殺願望による殺人の罪悪感の消去)を助長した恐れがあります。

容疑者は自分自身の仕事や異性関係、人生設計が上手くいっていなかったこと、殺人事件を確実に隠蔽して逃げようとする保身が弱かったことから(杜撰すぎる多数の遺体部分の室内への放置)、他者の人生を破滅させ生命を奪い取ることで『自分の社会的・物理的な死の代償(埋め合わせによる納得)』にしようとする小心者のテロリストに多い『巻き込み型の自己破滅願望(他者を道連れにしてやっと破滅・刑罰・死刑を受け容れられる心理)』もあったと推測されます。

9人もの遺体(頭部・骨)をクーラーボックスや大型収納ボックスに詰め込み、死体の異臭が漂う部屋で、自分は狭いロフトの部分で寝ていたという生活状況そのものが、もはや正常なパーソナリティーの人間が耐えられるものではないのですが、『強烈な殺人衝動の根本にある原因』が支配欲や性的充足であろうが死体嗜好であろうが過去のトラウマであろうが解離性障害の変性意識であろうが、人道・倫理を支える当たり前の人の心を大きく踏み外して戻ってこれない場所、悪事に対する謝罪・改心が通じない非人間的な行為にまで深く落ちてしまったことだけは確かでしょう。


スポンサーリンク







■書籍紹介



この記事へのトラックバック