自己愛の時代を生んだ『豊かさ・個人主義・消費社会の要因』と格差・貧困の影響:1

現代は『自己愛の時代』と言われるが、現代人の自己愛が肥大したり歪曲したりしやすい背景には『個人主義・消費社会(消費主義文明)・ルッキズム(外見重視主義)』がある。

しかしここ20年続いた経済不況や格差拡大、貧困増加によって個人単位の自己愛を満たしづらい人も増え、『個人・所有の自己愛の時代』から『共生・共有の共同体(関係性)の時代』への緩やかなシフトが起こっている側面もある。

自己愛が肥大して自分の幸福追求を最優先して他者を選り好みしやすい“戦後日本”と、自己愛が抑圧されて国家・集団への自己犠牲的な貢献が求められ所与の人間関係(上下関係)にはめ込まれた“戦前日本”は、コインの表と裏のような相互的な関係にある。

『国家権力・軍国主義・儒教道徳(長幼の序)』のような理不尽な強制が少ない個人の人格・尊厳を基盤として運営される現代の自由社会では、自己犠牲を払っても良いとする『自分を超越した対象(国家・宗教・権威者・社会・親・仕事など)』を持たない個人主義者が多くなる。

自分以上の何かに人生や生命を捧げて貢献して生きるといった滅私奉公的な生き方は、現代では逆に『権力・資本・会社から利用され搾取される生き方』として受け止められやすい。家族のために生きるといった自己以外のものへの献身もかろうじて残っていることはあるが、国家・公権力・会社などが本人にとって不利益な干渉・命令をやりすぎれば反倫理的・犯罪的なものとして非難されることになる。

小さな子供時代から、お金さえ支払えば何でも買えていろいろなサービスも受けられるという『消費社会(消費主義文明)への過剰適応』も、思い通りにならない他人と協力して何かを成し遂げる(何かを生産する)機会が乏しいという意味で、『人にしてもらう消費者サイド』に立った自己愛を肥大させやすい。

豊かな現代社会では、芸能界やアイドル、写真投稿(自己像投稿)のネット文化、Youtuberなどの影響で、中身よりもまず外見を見て評価する(外見で評価される芸能人的な仕事がステータス化される)という表層的な『ルッキズム(外見重視主義)』が優勢になりやすい。小中学生の頃から鏡で自己像を何度も見て優越感や劣等感を抱きやすくなり、少しでも自分の見た目を良くしようとする傾向の自己愛も強まりやすい。

日本や欧米をはじめとする先進国の現代社会では『消費市場・恋愛関係・ネット文化・ゲーム・漫画やアニメ』などによって、過酷な貧苦・欠乏や大きな挫折・絶望に直面しない限りは、ある程度の仕事・お金があれば娯楽・買い物・人間関係を通してそこそこ満足できるという『自己愛のイリュージョン』の中で暮らしやすくなっているのである。

大多数の人は何らかの対象や活動、消費を通して『自己愛のイリュージョン』を満たして程度の差はあってもある程度は満足できるので、自己愛の強い現代社会では過去の時代よりも犯罪件数や暴力行動そのものは減っている。

貧しかった時代の村落社会や親子関係では、一定の年齢になったら自立・結婚・出産を半強制するような圧力や干渉があったが、現代では各人がそれぞれの『島宇宙的な世界』で自己愛を現実的あるいは妄想的(想像的)に満たしているので、よほど親しい相手でなければ、個人主義のプライバシー感覚を超えて他者に干渉しようとする人自体が減っている。

自己愛の時代や自己愛のイリュージョンを前提とする自己愛の満たし方のレベルには実際的なものから想像的なものまで様々なものがあるが、その最低ラインは『消費社会でお金を出せばある程度の商品やサービスを買うことができる』というものであり、極端な格差や貧困、孤立がない社会であれば『各人が持つ自分相応の自己愛のイリュージョン』は維持されやすく問題(弊害)も起こりにくいということにはなる。

反対に、極端な格差・貧困・孤立によって『自己愛を尊重されて満たされている恵まれた人』『自己愛を無視されて満たされない恵まれない人』が階層的に分断されると、現代社会で各人にそれなりのレベルで共有されていた自己愛のイリュージョンが破綻したり、幻想的な自己愛の世界が今までのようには維持できなくなっていく。


スポンサーリンク







■書籍紹介

自己愛の心理学: 概念・測定・パーソナリティ・対人関係
金子書房
小塩 真司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自己愛の心理学: 概念・測定・パーソナリティ・対人関係 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック