回避性パーソナリティー障害の診断基準と自己評価を低下させる認知の歪み

回避性パーソナリティー障害(Avoidant Personality Disorder:APD)における『回避』とは、人間関係や仕事・学業などの社会的活動を避けるということであるが、回避の原因となっている心理は大きく『拒絶されて傷つきたくない心理』『面倒・億劫で煩わしい心理』に分けられる。

DSM-Ⅳまでの回避性パーソナリティー障害では、本心では人間関係や承認・愛情を求めているが相手に拒絶されて傷つきたくない心理があるので人との関わりを避けるという理由の部分が強調されていたが、最終的には採用されなかったがDSM-5の試案的な代替診断基準では『他人と関わりたい興味や欲求がない・人間関係から得られる喜びが少ない・一人で過ごす時間を非常に好む』といった統合失調質パーソナリティー障害(シゾイドパーソナリティー障害)の要素も併せて考えられていたりもした。

回避性パーソナリティー障害の診断基準(DSM-5)

社会的抑止、不全感、および否定的評価に対する過敏性の広範な様式で、成人期早期までに始まり、 種々の状況で明らかになる。以下のうち4つ(またはそれ以上)によって示される。

1.批判、非難、または拒絶に対する恐怖のために、重要な対人接触のある職業的活動を避ける。

2.好かれていると確信できなければ、人と関係をもちたがらない。

3.恥をかかされる、または嘲笑されることを恐れるために、親密な関係の中でも遠慮を示す。

4.社会的な状況では、批判される、または拒絶されることに心がとらわれている。

5.不全感のために、新しい対人関係状況で制止が起こる。

6.自分は社会的に不適切である、人間として長所がない、または他の人より劣っていると思っている。

7.恥ずかしいことになるかもしれないという理由で、個人的な危険をおかすこと、または何か新しい活動にとりかかることに、異常なほど引っ込み思案である。


対人関係や社会的活動を避けている人でも、『本心では人間関係や承認・愛情を求めているのかいないのか(他者に興味・欲求を抱いているのかいないのか)』というのは治療・相談の動機づけと関わる重要な要素である。

だが『本心・本音の欲求』というのは外見的には簡単に区別がつかないし、本人自身も他者・社会に対してどう思っているのかよく分かっていないことも多い。結果、『本心で他者との付き合いや社会的な活動を求めているか』は、実際にはその人が自分の現状を変えたいと思って『回復・改善に向けたアクション』を起こすかどうか(治療の動機づけを持って動くかどうか)でしか判別できないことが多い。

回避性パーソナリティーに共通する特徴として『自己評価の低さ・自信のなさ・劣等感の強さ・社会不適応感(他者との関係における適切な居場所のなさ)』を上げることができるが、これらはその人の『客観的な能力・魅力・実績』がある程度高くても改善しないことが多い。

認知療法の認知理論でいう『悲観的・自己否定的な認知』が固定化した認知的スキーマに発展しているからである。自分は能力・魅力がなく人に好かれない不完全でダメな人間であるといった自己否定的な認知が所与の前提になってしまい、『客観的な自己・他者・状況を評価する認知(物事の受け止め方)』が大きく歪められているのである。

この自己否定的な認知的スキーマは何も悪いことが起こらなくても、常に自己評価や人間関係の評価の前提になっているので、ここに人間関係の裏切り、学業・仕事の挫折、自信を喪失する失敗体験、失快感・無気力の状態が重なると更に『自分は他者・社会的活動を向き合えるような人間ではないとする回避の動機づけ』が悪循環で強まってしまう。


スポンサーリンク







■書籍紹介

人格障害の時代 (平凡社新書)
平凡社
岡田 尊司

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 人格障害の時代 (平凡社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック