森友学園の国有地売却問題での籠池理事長の証人喚問:政治家・安倍昭恵氏と財務官僚の忖度疑惑

森友学園の国有地売却問題で、籠池泰典理事長が国家に証人喚問されたが、国有地を評価額よりも異常に安い価格で購入できた背景に、『政治家・財務官僚の関与』があるかどうかは確認できなかった。

少なくとも籠池理事長が国会・府議会の特定の政治家に対して必死に陳情して金品を贈った見返りとして、国有地を安く譲ってもらったり小学校設立の認可(認可適当を得やすくする規制緩和)をしてもらったという直接的なあっせん贈収賄に該当する犯罪行為はなかったように思える。

確かに籠池氏は陳情・要請をしたことのある政治家の具体的な個人名を何人か上げているが、そこにマスメディアや野党・世論が疑っていた『安倍晋三首相』という名前は出てくることはなく、自由党の山本太郎議員は安倍首相の名前を引き出そうと再三『ハシゴを外したと思う政治家は誰か?』と問いかけたが、籠池氏の口から二度出てきたのは『(直接の面識のない)松井一郎大阪府知事』という答えだけだった。

名前を上げた自民党や維新の会の政治家にしても『籠池氏への直接的な利益あっせん(要望を叶える口利き)』があったわけではないようである。政治家に何度も陳情や要望を伝えてはみたが、直接的あるいは具体的な形で政治家が籠池氏のために口利きをしたり交渉をしたりした形跡は今のところないということなのだろう。松井一郎府知事だけがなぜここまで籠池氏に遺恨を受けているのかの理由は定かではないが、いったん大阪府が出した小学校設立の『認可適当』を今回の疑惑報道を受けて取り消したことなどが影響しているのだろう。

『安倍昭恵夫人を介して安倍首相から100万円の寄付金を頂いた・寄付金をもらった状況は籠池氏と昭恵夫人の二人だけで昭恵夫人が人払いをして秘書を下がらせた』という証言も出たが、安倍首相および昭恵夫人は明確に寄付をしていないと否定しており、寄付をしたことを裏付ける具体的な領収書・通帳などの証拠類は出されていない。安倍昭恵夫人に幼稚園での講演会の報酬として10万円を支払ったという証言も出たが、昭恵夫人は受け取っていないと回答している。

なぜ大阪府豊中市の小学校建設予定地の国有地が、約8億円もの値引きをしてもらえたのかの経緯・理由について、籠池氏は『神風が吹いた』という抽象的な表現で答えただけで、財務省の担当者側に何らかの忖度があった可能性を匂わせただけだった。

大阪府の私学審議会のほうは、学校設立要件の規制緩和が進んだことから(規制緩和を早く進めてほしいという籠池氏の陳情もあったが規制緩和路線そのものは維新の会の既定路線であった)、用地獲得・資金繰りなどの条件を満たすことができれば、『小学校設立の認可適当』を得るのは形式的な許認可の問題になるのかもしれない。現状では、特別な口利きや優遇があったとは言えないと思うが、2016年1月というかなり早い段階で『認可適当』と返答した経緯については気になる部分もある。

財務省の理財局長の要職にある官僚が、なぜ籠池理事長が運営する森友学園にそんな『優遇措置に等しい忖度』をしたのかというのが一つの争点になってはくるのだろう。

だが仮に安倍首相と距離が近くて連絡も頻繁な財務官僚が、『安倍首相・昭恵夫人と籠池夫妻が何となく親しそうだから,安倍昭恵夫人が名誉校長になっているくらいの政権寄りの学校だから(森友学園の教育勅語を用いた教育方針などを首相が気に入ってそうだから)』という認識があって学校設立をしやすいように忖度したとしても、首相や夫人からの直接的な要請が確認できなければ『国有地払い下げや学校許認可への口利き的な関与』とまでは言えないのではないだろうか。

確かに、籠池理事長運営の森友学園以外の学校法人が大阪府豊中市の土地を買収して小学校を設立しようとした場合に、『国有地の8億円の値引き(割安な用地の貸借から格安な購入への経緯)・小学校設立の迅速な認可適当などの結果』を得られたのかというと疑問なところはある。

だが、『政治家の口利き・要求・収賄の犯罪的な関与』『政権にシンパシー(政策的・思想的な近さ)を感じる財務官僚・大阪府の公務員の一方的な忖度』とは同一のものとまではやはり言えない、後者は官僚本人が『安倍昭恵夫人の名前が名誉校長としてあり、首相や政権に近しい人にも見えたので優遇してしまいました』と認めない限りは『官僚職務に法的に許された裁量の範疇』として煙に巻かれることになる。

参議院では、土地評価額を算定した当時の財務省理財局長を証人喚問することを決定したが、財務官僚の口からどのような真実・回答を引き出すことができるだろうか。恐らく今まで通りに、ゴミ撤去費用を約8億円と見積もったことは市場の産廃処理コストを考えても妥当な金額であり、籠池氏に対して特別な配慮・忖度による優遇措置などをした覚えは全くないという紋切り型の答えが繰り返されるだけのようにも思える。

今回の森友学園問題のキーパーソンは、安倍首相本人ではなく夫人の安倍昭恵氏であり、昭恵氏が籠池諄子夫人と数十回以上ものメールのやり取りをしていたことから、個人的な交友関係があると見なされている。

安倍昭恵氏は非常に社交的な性格で自分の直感に従って色々な活動をしている人物(夫の安倍首相の政治思想・政策理念と折り合わない人物であっても)に会いに行ったりもするということだが、籠池諄子夫人とも友達とまでは言えないにしても、メール(LINE)を何度もやり取りしていることからすれば、個人的な交遊・会話歴のある人物くらいの相手とは言えるだろう。

安倍昭恵氏の証人喚問まで実現するかは分からないが、安倍昭恵氏は首相夫人としての自分の影響力(自分が名誉校長などに名前を連ねればそれを見る人がどう思うか)について無自覚にも見え、知り合った相手との距離感を必要以上に縮めてしまいやすい社交的な性格もあって、LINEのID交換をした籠池諄子夫人に『実際以上に親しい友達・何か陳情すれば夫の安倍首相にもそれとなく伝えてくれる存在』のように勝手に認識されてしまった可能性もある。

森友学園問題の事実関係に近いのは、『安倍昭恵夫人の軽率な名義貸しやLINEでの会話+籠池理事長夫妻の人間関係にまつわる思い込みの激しさ(少し連絡先を交換したり雑談したりすれば非常に親しい関係にあって少しは便宜を図ってくれるはずと思いやすい)+財務省官僚の忖度(首相や政権に近しい団体・人物であればそれとなく優遇してやりたい)』といったことになるのかもしれないが、これによって誰か逮捕者が出るとか政権運営が困難になるとかいう口利きやあっせん収賄の客観的証拠までは出てこなかったというのが正直な感想になるだろう。

現状では、籠池泰典理事長の政治家・昭恵夫人とのつながりを匂わせるもったいぶった証人喚問の発言をマスメディアやコメンテイターが解釈するばかりであり、財務省関係者は証拠書類(交渉記録)は廃棄しているが政治的配慮はなかったと知らぬ存ぜぬで通している、夫人付きの政府職員の谷査恵子氏が国有地の貸借期間延長について財務省に代理的に問い合わせた問題(安倍昭恵夫人から国有地関連の依頼を谷氏が受けていたのではとの疑惑)もあるが…大山鳴動して鼠一匹の観は否めない。


スポンサーリンク







■書籍紹介

「私」を生きる
海竜社
安倍 昭恵

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「私」を生きる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック