相模原市の障害者殺害事件2:社会福祉・弱者支援のヒューマニズムの維持と歴史からの学び

容疑者は、この施設に就職する前から殺意(抹殺)の肯定にまで発展するような異常な『障害者排除の価値観・優生思想』を持っていたわけではないと思うが、初めから『社会福祉領域の対人援助職(子供の成長を促進する教職員も)』に対する適性・職業倫理が著しく欠けていたのではないだろうか。自分だけを特別な高い位置づけにおいて、人間一般の生きる価値や人権の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相模原市の障害者殺害事件1:容疑者の異常な障害者差別と身勝手な論理で歪んだ正義感

神奈川県相模原市の障害者施設『津久井やまゆり園』で19人を殺害、25人に重軽傷を負わせたとして、この施設の元職員だった植松聖容疑者(26)が自首して逮捕された。障害者が寝入っていて抵抗できない時間を見計らって、深夜1~2時にかけて実行された極めて卑劣かつ悪質な凶悪犯罪である。 異常な大量殺人の動機について『障害者なんかいなくなれば…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『ポケモンGO』の社会現象化と問題の発生:世代を問わないスマホゲーム・位置情報・拡張現実(AR)

欧米で大ヒットしているスマホゲームの『ポケモンGO』が、日本でも22日に配信をスタートして大きな話題になっている。任天堂の『ポケモン(ポケットモンスター)』というグローバルなブランド力のあるゲームタイトルだから売れたという面ももちろんあるのだが、ポケモンGOは『家(部屋)にこもってするゲーム』ではなく『外(屋外)に出て歩いて楽しむゲーム…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

グリム童話『ヘンゼルとグレーテル』から読み解くグレートマザーの光・影と子供の自我の成長

ユングが構想したカインコンプレックスは『きょうだい間の憎悪・競争・嫉妬』を材料とした複雑な感情複合体であるが、もちろん、人間のきょうだい間で生成発展する感情のあり方はネガティブなものだけではなく『共感・応援・助け合い・親しみ』などのポジティブなものもある。 『聖書』はキリスト教やユダヤ教といった宗教の聖典という特殊な書物であるが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カインコンプレックスときょうだい間の競争心・嫉妬心:親の愛情・承認を巡る同胞葛藤

きょうだい間(兄弟姉妹間)に生起する感情コンプレックスを表現する概念として、分析心理学のカール・グスタフ・ユングは『カインコンプレックス』を提唱した。カインコンプレックスというのは『旧約聖書 創世記第4章』のカインとアベルのエピソードに題材を取ったきょうだい間のコンプレックス(同胞葛藤)であり、そのコンプレックスを構成する主な感情は『嫉…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

人の専門家の判断と統計的アルゴリズムの計算はどちらが未来を正しく予測できるか?:ポール・ミールの研究

『統計的な傾向・事実』というのは信じられないほどに軽視・無視されるものだが、これは人間の認知傾向が基本的に『統計を経験的実感としては理解できないこと』に由来しているとされる。個人的な経験・感覚・自信に基づく印象というのは、一般的に統計的な傾向・事実よりも圧倒的な影響力を持っている。 特に『自分が努力や苦労をして物事を成し遂げた(長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンプルに信じられることの幸福・自信とファンドマネージャー(専門職)の『スキルの錯覚』

一般的に、人間の脳の認知機能は『もっともらしい物語性・因果関係(結果バイアス・後知恵)』を非常に強く好む傾向があるので、『統計的な平均回帰(偶然・運の要素)』は軽視されるか無視されやすい。『こういう原因があったからこの結果が生まれたのだという納得・理解の快感』は、客観的には『好ましいストーリーを通して物事の真理が分かったつもりになってい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

もっともらしい因果関係やストーリーを作り出す人間の脳:結果バイアス・ハロー効果

高度な教育や特別な訓練を受けた専門家でも、専門分野をはじめとするさまざまな分野の対象について『遠い未来の出来事・今と異なる状況での行動』を正確に予測することは不可能である。『客観的な因果関係』についての人の認識もいい加減な部分が多く、結果を見てから原因のストーリーを創作して納得するという『結果バイアス』が働きやすい。 結果バイアス…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バングラデシュ・ダッカのテロ事件とイスラム過激思想に感化された若者2:大学・学生と過激思想

ノース・サウス大学などバングラデシュ国内の有名大学のキャンパスが、イスラム過激思想に基づくテロ計画のリクルートに使われていたのではないかとの疑惑も出ている。日本にも過激派の日本赤軍・連合赤軍を生んだ全共闘運動(学生運動)の歴史はあるが、どこの国でも特に新興国・途上国では『政治経済・民族・国家に関心の強い学生のいる大学』が過激派思想・カル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バングラデシュ・ダッカのテロ事件で犠牲になった日本人1:JICAの開発支援の思い届かず

バングラデシュの首都ダッカで7月1日に発生したテロで、JICA(国際協力機構)の職員である日本人7人を含む20人が犠牲となった。現地で日本人が利用することの多いレストラン『ホーリー・アーティザン・ベーカリー』が、IS(イスラム国)の過激思想に影響されたテロリストに襲撃されて、ほとんど抵抗や交渉をする余地もなく銃器やマチェット(大型の刃物…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

65歳以上の人口比率が“26.7%”の超高齢化社会の問題と対応:子供・仕事・格差・社会保障の論点

国勢調査の結果を報じるニュースでは、65歳以上の人口比が“26.7%”となり初めて4人に1人を超えたという。日本の『少子高齢化・人口減少』の問題は、女性の合計特殊出生率が下がり始めた戦後に長らく指摘されてきていたが、今まで平均寿命が延びていた事から、子供の数が少なくても日本の総人口は殆ど減ってこなかった。 日本は他の先進国が経験し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他者に対する嫌悪・拒絶を生む人間アレルギーと愛情・嫌悪の両価的な愛着障害:2

人間アレルギーに対する即効性の対処法は『拒絶反応を感じる相手から距離を取ること・物理的にも心理的にも離れること』であるが、苦手意識や拒絶感を感じた相手のすべてを遠ざけているばかりでは、仕事関係や社会生活が上手くいかないことも多い。だから岡田尊司氏は著書『人間アレルギー』の中で、人間アレルギーを悪化させないための対応策というか心理的能力と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他者に対する嫌悪・拒絶を生む人間アレルギーと他者の悪意を推測してしまう認知の歪み:1

人間アレルギーでは些細なやり取りがきっかけとなって、『異質性・違和感を感じた他者』に対する嫌悪感・拒絶感が強まり、その相手との人間関係(コミュニケーション)を維持できなくなってしまう。 人間アレルギーを持つ人は、他者の言葉・表情・態度から『自分に対する悪意・敵意・軽視・冷たさ』を過敏に読み取り過ぎる傾向があって、時にそれは『実際の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more