橋下徹・大阪市長の『小中学生の留年検討・教育基本条例』の教育改革案について

橋下徹大阪市長が代表を務める『大阪維新の会』は、学校教育の改革や学校教員の管理指導にも非常に強い関心を寄せており、今までも『教育基本条例・君が代起立条例』などが大きな話題になってきました。大阪府で既に成立している『君が代起立条例』では、公立学校の教員に学校の式典において君が代の起立斉唱を義務づけることを明記しており、同様の条例は大阪市で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

光市母子殺害事件で被告の死刑判決が確定。“遺族感情・世論の社会感情”を受けた裁判の変化

2月21日に、『山口県光市母子殺害事件(1999年)』で母親と乳児を殺害したとされる被告の死刑判決が上告棄却の形で出された。13年にも及ぶ長期化した刑事裁判が終結したが、判決は従前から予測された通り、犯行様態が残虐悪質・利己的でありその結果が極めて重大で遺族の処罰感情も強いという事から『死刑』となった。 元々、最高裁が『無期懲役』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

百田尚樹『モンスター』の書評:“醜貌”と“美貌”の両極から描く社会と人間(男女)の不条理劇

百田尚樹氏の作品は初めて読んだが、“女性の容姿の美醜・外見と内面・美容整形”という一連のテーマを取り上げた『モンスター』は、エンターテイメント小説として最後まで読ませる物語としての面白さはある。 内容自体は、他人から受け容れてもらえない“容姿の醜さ”に悩み続けてきた田淵和子が、上京して美容整形と出会うことによって、他者を寄せ付けな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

境界性パーソナリティ障害に見られる典型的な“気分・感情・行動・対人関係の不安定さ”

境界性パーソナリティ障害(BPD)でそれぞれの不安定さの問題を見ていくと、以下のような不適応行動や問題状況、気分・感情の悪化、対人トラブルが起こりやすくなっています。 ○気分・感情の不安定さ 1.自己アイデンティティの拡散(不確実性)と対象恒常性の欠如 自己アイデンティティの構成要素である『一貫性・連続性・安定性』を持…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

H.コフートの“理想化された親イマーゴ”と“依存症問題”から見る境界性パーソナリティ障害:2

二分法思考(白か黒か思考)は認知療法で『全か無か思考』と呼ばれているものですが、これはメラニー・クラインが定義した発達早期の非適応的な防衛機制である『分裂(splitting)』が関係した思考法です。 典型的なBPDの人の対人トラブルでは、初めは自分の弱み・孤独をアピールして同情を寄せてもらい、『あなただけが自分の苦しみや寂しさを…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

H.コフートの“誇大自己”と“理想化された親イマーゴ”から見る境界性パーソナリティ障害:1

前回の記事で説明したH.コフートの自己心理学では、向上心を伴う『誇大自己(grandiose self)』と理想を目指していく『理想化された親イマーゴ(idealized parent imago)』が相互作用することで進んでいく心的構造の形成過程を『変容性内在化(transmuting internalization)』といいます。H…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

“家族ペット”と近代家族の揺らぎ5:“人の家族”と“ペットの動物”に期待するものしないもの

自立可能な能力を持ち独自の意志や欲求を抱えている人間は、ある意味では馴れているペットの動物(いつも自分を慕って必要としてくれる犬・猫)以上に『次の行動・発言を予測できない存在』であり、確率的には自分を傷つけたり裏切ったり、不快にさせたりする可能性を少なからず持っているとは言える。ペットの動物がなぜ『癒し・安心感』を生むのかの理由のひとつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

“家族ペット”と近代家族の揺らぎ4:ペットはどうして“家族”として認識されるようになったのか?

山田昌弘の『家族ペット』では、ペットを飼っている複数の飼い主の事情やペットに対する心理をリサーチしているが、ペットは自我(エゴ)と言葉を持っておらず自分の欲求・期待を相手に押し付けてくることもないため、飼い主は自分の『理想の対象・関係性』を簡単にペットの動物に投影してしまうことができるのだ。だから、ペットは配偶者の代わりにもなれれば、恋…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

“家族ペット”と近代家族の揺らぎ3:家族の役割分担意識と婚姻規範の変化。未婚化や離婚増加

現在、社会保障制度の持続性との関係で問題になっている『少子高齢化・未婚化・人口減少』の原因の一つも、直系家族から核家族への変化に伴う『子どもの教育費増加の高コスト化・自立時期の遅れ(22歳以上までの扶養・働けない子やパラサイトシングルの増加)』であり、現代では30~40代までの子どもは基本的には直接に親を支援・扶養してくれる存在ではなく…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

“家族ペット”と近代家族の揺らぎ2:直系家族から核家族への変化と主観的家族としてのペット

人はなぜペットを飼うのかという問いに対する一般的な答えは、『癒しの体験・寂しさの緩和・生活の充実・子どもの情操教育(生命尊重と思いやりの感覚)』を求めてというものだが、最近読んだ山田昌弘の『家族ペット ダンナよりもペットが大切!?』という社会学に関連した書籍では、“主観的家族論”によって『ペットを飼う理由』が説明されている。 『主…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

“家族ペット”と近代家族の揺らぎ1:人間と動物(ペット・家畜)との関係性。動物が持つ癒し

近年は“ペットブーム”で犬や猫、ウサギなどのペットを飼う人が増えているが、大切に飼われているペットは『動物』であっても擬人化されやすく、『家族』に近い存在という認識が持たれるようになっている。戦前戦後の時代と比べると『ペットの動物』だけに限らず、哺乳類をはじめとする動物は随分と大切に取り扱われるようになったし、20世紀後半の生命倫理学で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more