“ブログ衰退論”とこれからのブログの使われ方2:なぜ今、『はてなブログ』が開発されるのか?

ブログブームから現在までに閉鎖・終了したブログサービスも多くあり、ブログサービス間の淘汰も進んでいる状況がありますが、このままブログが衰退し続けるのか、ブログを使うユーザーがどんどん減っていくのかというと、必ずしもそうではないのではないかと思います。ブログは確かに一時期のような流行にはならないだろうし、トラックバックで激しく意見や主張をやり取りするような場も復活するとは考えにくいのですが、それでもSNS(facebook, mixi)やTwitter、ソーシャルゲームとは異なる『表現欲求を満たすブログ固有のニーズ・ブログでしか実現しにくいコンテンツを残すストック機能』がやはりあるからです。

ブログが衰退しているように見える現状でも、はてなの近藤社長(jkondo)は『はてなブログ β版』という新規のブログサービスを立ち上げていますが、これは通常、はてな以外のウェブ企業では有り得ない経営判断のようにも思います。

はてなには既に一定以上のユーザーが使っている『はてなダイアリー』という2003年から続いているブログサービスもあるのですが、ここに来てなぜ新たに別のサービスとして『はてなブログ』を開発しているのでしょうか。近藤社長の“jkondo's blog”ではその理由について以下のようなエントリーが上げられていて、“はてなブックマーク”には色々な意見が寄せられています。

なぜ今、ブログなのか jkondo's blog

はてなブックマーク なぜ今、ブログなのか - jkondo's blog

ブログがなぜ衰退傾向にあるのかを分析した以下のブログ記事も、色々と考えさせられる内容になっていますが、『ブログに書くべきこと・ブログでないと自己表現できないこと』というのが、個人差は大きいものの実際にはそれほど多くないということも関係しているでしょうね。

ブログが衰退した原因 fromdusktildawnの雑記帳

なぜ新たに『はてなブログ』というサービスを立ち上げたのかについてこのブログ記事では、ブログの『コミュニケーションツールとしてのニーズ』が低下してSNSやTwitterに流れているという前提を述べて、まとまった量の文章・写真をオープンに公開する『自己表現ツールとしてのニーズ』に特化するということが語られています。コミュニケーションツールとしての期待感の弱まりを受けて、従来のブログの特徴でもあった『トラックバック機能』を廃止するとしていますが、確かにここ数年はトラックバックの使用頻度や読みたい記事がトラックバックされることは減っていると思います。

jkondo's blogの記事では、ブログ固有の強みや利点になる特長として『自己表現ツールとしての優位性・まとまった記事のストック性・オープンインターネットとの親和性・“個の人格や思想”を代替するツール』を上げていますが、SNSやTwitterと比較した場合のブログの分かりやすい強みというのは『コンテンツ(自己表現・情報提供)のストック性及びオープンな検索可能性』だと思います。

それは同時に、『ある程度の時間をかけないと内容のある記事をストックできない・記事を作成して公開するまでの敷居が高い』というブログの弱みや短所にもつながっているものですが、本来的にはブログも『何を書いても良いツール・短文やメモ、写真だけでも構わないツール』ではあります。

ブログの更新頻度が減ったりブログユーザーが増えにくくなっている最大の原因は、『ブログの記事作成は時間と手間がかかるから・まとまった分量の文章で表現したいことがないから(あったけれど書き尽くしたという感があるから)』という理由だと思います。まとまったテーマや内容を持った長文記事をしっかり書こうと思えば、やはり1時間くらいの時間枠では十分に内容を考えて推敲しながら書くのは困難であり、140文字で簡単につぶやけてコミュニケーションもしやすいTwitter・ミニブログのほうが有利でしょう。

更に、SNSやTwitterと比較すると『リアルタイムのレスポンスが得られにくい・ブログそのものの人気(検索エンジンの評価)がないと読まれにくい・友人知人との気軽な会話には向かない・コミュニケーション目的には使いにくい』というのも、ブログが自己表現媒体として選ばれにくい原因になっています。しかし、今でも読み応えのあるブログを頻繁に更新している人、10年に近いスパンで長期的にやめずに続けている人、これから始めようという人も多くいるわけで、そういった少なくない数のユーザーにとっては『ブログ固有の魅力・ニーズ・面白さ・機能』があるということになります。







■関連URI
“ブログ衰退論”とこれからのブログの使われ方1:個人向けプラットフォームの変遷とブログブーム終焉

ブログでコンテンツを公開する魅力と遠い未来におけるブログのストックの行方

ブログ(Weblog)とウェブサイト(ホームページ)の特性と情報発信の目的による選択:1

Googleの進歩とWEBの変化が現実世界とネット世界に与える影響:1

■書籍紹介

ソーシャル・ネット経済圏
日経BP社
日経ビジネス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソーシャル・ネット経済圏 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック