大阪市の二児放置事件とネグレクトを誘発する性格形成・環境要因:母親アイデンティティと児童福祉の問題

前回の記事の続きになるが子どもを養育するための十分な収入さえあれば子育てができるはずだから、母子家庭や貧困家庭への経済支援を強化することが大切だというのは重要な指摘ではある。だが、『児童虐待・ネグレクト』は経済的困窮だけで発生する問題ではなく、経済的困窮は人格構造や精神発達の問題に続くかたちで虐待のトリガーとなる二次的な要因としての側面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪市の二児放置事件と持続的な育児行動を支える要因:判断能力の未熟と現実逃避の自己防衛

大阪市西区のマンションで置き去りにされた幼児2人の遺体が見つかった事件で、23歳の母親が死体遺棄容疑で逮捕された。3歳と1歳の2人の乳幼児を長期間にわたって密室に放置し死亡させたという極端な『ネグレクト(育児放棄)』に、メディアやネットでは当然に厳しい非難・罵倒の声が殺到したが、母親への道徳的・人格的な非難とは別に、虐待の最悪の結末(子…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more