高齢者の所在不明問題と生存確認方法の曖昧さ:“家族・地域・福祉”で高齢者の生活や命をどう見守るか

100歳以上の高齢者で所在不明の人たちが全国で70名以上もいたというニュースが連日報道されているが、この問題は『公的年金の不正受給』と『家族関係の希薄化(高齢の親・祖父母への無関心)』という二つの視点から考えることができる。 高齢の所在不明者(安否不明者)がどのくらいいるのかは『地域差』も大きく、県によっては宮城県のように673人…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more