“親密過ぎる関係”では、なぜコミュニケーション頻度が下がるのか?:異性関係の慣れと新鮮さ

ある二人の人間の間に『個人的なつながり(人間関係・恋愛や夫婦関係)』があるか否かは、コミュニケーションの内容や相手に対する行動・態度などから大まかに推測することが可能である。ある程度親しい友人知人との間では活発なおしゃべりや娯楽的活動が見られるし、初対面の相手やよく知らない相手との間ではやや距離感のある遠慮がちな言葉のやり取りが見られる…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

リラックスした対人関係を生み出す“ペーシング”と“姿勢反響”:お互いの動作を合わせる効果

対人関係を円滑にするコミュニケーション技術をマニュアル化したNLP(神経言語プログラミング)には、ペーシング(pacing)という基本動作がある。 ペーシングというのは『相手の呼吸感覚・話す速さ・話す調子・視線の動き』に自分のそれを合わせていく動作技術なのだが、ペーシングによって親近感や安心感が強まるので一般的なカウンセリングにも…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more