東野圭吾『使命と魂のリミット』の書評:職業倫理と過去の執着からの離脱を描く医療ミステリー

ベストセラー作家である東野圭吾の医療系ミステリー小説ですが、東野氏が小説の題材とするテーマや社会問題は非常に幅広くて、どれも一定以上の物語のクオリティを持っています。『使命と魂のリミット』は、大学病院で心臓外科医を目指す研修医の氷室夕紀が、『過去の医師・母親にまつわる個人的な不信』を乗り越えていくという筋立てですが、夕紀を取り巻く『親子・師弟の人間関係の設定』がよく練り込まれています。

夕紀が医師を目指すようになったきっかけは、中学生時代に胸部大動脈瘤で父親が亡くなったことでしたが、父親の大動脈瘤の手術を執刀したのが現在の指導教授である西園陽平でした。実直な元警察官だった父の健介は手術前に『人に与えられた使命・自分にしか果たせない役割の大切さ』について語り、手術に失敗してこの世を去ることになりますが、父の死後に担当医の西園と母親の百合恵が男女として接近したことで、『父の手術(死)に対する疑惑と不信感』を執刀医だった西園教授に対して募らせていきます。

夕紀が医師になって果たそうとしている使命は『患者の生命を救うこと・健康を回復させること』と『過去の父親の死(西園の手術)の真相を知ること』でしたが、この謎は帝都大学病院に対する奇妙な脅迫事件の中で少しずつ明らかにされます。

いろいろな患者・同僚との会話や治療の場面の描写も自然になされているので、医療ドラマのように読みやすい小説になっていますが、中心になっているストーリーは『氷室夕紀の西園教授に対する疑惑』『直井穣治が仕掛ける大学病院への攻撃』ですね。

合コンで帝都大学病院の看護師・真瀬望に近づいた直井穣治の目的は、大学病院に胸部大動脈瘤で入院している自動車会社のトップ島原総一郎を間接的な方法で殺害することにあったわけですが、真瀬望と直井穣治の『男女関係の展開・変質』というのも小説としての読みどころになっています。特別に魅力を感じたわけでもない真瀬望に意図的に接近して、望から病院や島原総一郎の情報を入手している穣治ですが、次第に自分に良くしてくれる望への愛着が強まり、騙して利用していることへの罪悪感に囚われていきます。

穣治と望の日常的な交際の描写が、物語のクライマックスの段階で伏線として生きてくるわけですが、島原総一郎に対する『直井穣治の怒り・殺意』はやや一方的なものとも捉えられるので、『意外性のある動機』の作りこみの弱さは感じます。

夕紀の母親の百合恵と西園教授が結婚する運びとなる中で、夕紀の『西園に対する不信・疑惑(父親の手術で意図的なミスをしたという疑惑)』は抑えがたく高まるわけですが、直井が引き起こした事件によって、夕紀の職業人(医師)としての西園に対する見方に大きな変化が引き起こされます。

父親の警察時代の同僚を通して伝わる、父親がなぜ警察をやめて警備員をするようになったのかという話や、直井がどうして実生活で何の接点もない島原を恨んでいるのかという話によって、『無関係に見える人間関係』のつながりが浮かび上がってくる構成になっていますが、タイトルの『使命と魂のリミット』という概念も上手く物語の中に取り込まれていると感じました。医師・警察をはじめとする職業人としての倫理を描きながら、夕紀と穣治の『過去の強い執着からの解放・新たな人生(関係)への展開』を予感させるエピローグになっています。










■関連URI
藤本ひとみ『皇帝ナポレオン 下』の書評:“成り上がりの皇帝ナポレオン”が抱えた野心・孤独・愛国

伊坂幸太郎『重力ピエロ』の書評:性愛・家族・内面の倫理を巡って紡がれる『罪と罰』の物語

貴志祐介『新世界より 上・下』の書評:倫理的な人々が構築する“完全な世界”と“人間の原罪”

■書籍紹介

使命と魂のリミット
新潮社
東野 圭吾

ユーザレビュー:
らしくない、が…東野 ...
ここ近年の東野圭吾を ...
面白かったです!あっ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック