ウェブサイト作成サービス“Jimdo”と個人の情報発信(コミュニケーション)のプラットフォームの変遷

個人がインターネットで情報発信やコミュニケーションをする手段としてウェブサイト(ホームページ)やブログ、Wiki、SNS(ソーシャルネットワーキング・サイト)、掲示板などがあります。正確な年月は分かりませんが、2004~2005年頃から簡易なCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)としてブログ(blog)が流行し始め、現在では個人が気軽に情報発信できるスタンダードなツールとしてブログが定着しています。

若年層では、ケータイから作成できるモバイルブログやミニブログ、プロフ(簡易な自己紹介ページ)が人気ですが、ブログもプロフもブラウザ(ケータイ)から直接コンテンツを作成できる機能に特徴があります。“twitter”のように『今、何してる?』の質問に答えて短いワンフレーズのメッセージを書き込むだけのウェブサービスもあれば、“はてなブックマーク”のように誰かが作成したコンテンツに簡単な感想・コメントをつけてウェブ上でブックマークできるサービスもあります。

ブログ以外にもmixiやfacebookに代表されるSNSが有力なツールとなっていますが、SNSは個人の情報発信というよりも友人知人とのコミュニケーション(つながり)を円滑化するツールです。SNSのコンテンツは検索エンジンにインデックスされないので、書いたその場で読まれなければ読まれる機会がないという『リアルタイムのコミュニケーション』が強く含意されていて、インターネット上で公開するブログやウェブサイトとはかなり性質が異なっています。

ブログはブログそのものの『PR(ページランク)』の評価が上がってくれば、かなり古い過去記事であっても検索エンジンからのアクセスを期待することができますが、SNSの場合には1週間前の記事でも殆ど読み返されることがないので一つのコンテンツ(日記・書評・映画評など)の完成度を高めようというモチベーションが起きにくいという面はあると思います。

インターネット上の情報発信手段は、概ねウェブサイト(ホームページ)からブログへと移行してきたのですが、ここに来て新たに無料ウェブサイト作成のサービス『Jimdo(ジンドゥー)』がスタートするようです。ブログが普及する以前には、gooやガイアックス(Gaiax)などの無料ホームページサービスを利用しているユーザーが多かったわけですが、いつの間にかそういったコンテンツを選択して並べるタイプの無料ホームページサービスはブログに駆逐されて閉鎖してしまいました。

当時の無料ホームページサービスというのは、デザインやレイアウトの自由度が低く、配置できるコンテンツ(日記とか掲示板とか)の種類も少なかったですし、作成したコンテンツが検索エンジンにインデックスされない仕様だったので、現在のブログとは全く異なるコンセプトのサービスでした。gooのホームページサービスにはSNSの『足跡機能(ユーザーのアクセスログ)』のようなものがついており、『コミュニティ(SNS)の要素』も若干ありました。しかし、基本的にはアクセスの流入元がそういった『足跡』や『ランキングサイト』しかないので、アクセスアップの方法はYahoo!のディレクトリ検索への登録など限定的であり、現在のGoogleのようなロボット型検索(キーワード検索)は殆ど利用されていなかったと記憶しています。

当然、Yahoo!には現在のYSTのようなキーワード検索は存在していませんでしたが、昔の『ディレクトリ型検索(カテゴリーやジャンルを選びリンクをクリックしていって目的のサイトを探すタイプの検索)』というのは、現在では考えられないほどの価値(アクセス増加・サイト評価の価値)を持っていました。今ではYahoo!のディレクトリからサイトを探す人は殆どいなくなっていると思いますが、昔はYahoo!のディレクトリに登録されていないと『URLを知らない閲覧者』が自分のウェブサイト(ホームページ)にアクセスする導線がないという状況でしたし、Yahoo!に登録されているだけで『情報価値があるコンテンツを公開したサイト』と見なされる傾向がありました。

インターネットの検索方法の昔話はともかく、Googleのような『キーワード検索(インデックスが自動化された検索エンジン)』と簡単に情報発信ができる『ブログ』が登場したことによって、個人のコンテンツ作成の意欲はかなり強くモチベートされたというのは確かでしょう。ブログも一昔前までの盛り上がりには欠けてきた観はありますが、それはブログが使われなくなって衰退したというよりも『特別な新しいツール』という認識から『一般的な情報公開のツール』という認識へ変わってきただけとも言えます。

新しいサービスで面白そうだからブログをやってみようという新規ユーザーは大幅に減り、ブログを始めた人の中にも更新する内容がなくなったり、オフラインの仕事・生活が忙しくなったりで更新を停止してしまった人は多いと思いますが、スタンダードな情報発信ツールの一つとしてブログというシステムは今後も残り続けるでしょう。無料ブログもビジネスとして採算が取れるかどうかという運営上の問題があるので、サービスの継続可能性が問われることはあるかもしれませんが……。

無料ウェブサイト作成サービスの『Jimdo』は、ドイツの企業がKDDIウェブコミュニケーションズと提携して運営しているサービスのようですが、シリコンバレーを抱えるアメリカではなく『ドイツのIT企業』が日本でサービスを提供するというのはかなり珍しいケースだと思います。なぜ、今になって古いイメージのある『ウェブサイト』の作成サービスを提供するのだろうか、無料ウェブサイトの作成が再び脚光を浴びるチャンスはあるのだろうかという疑問もありますが、Jimdoで作成できるウェブサイトというのはブログやSNSも含めた『総合的なウェブ・プラットホーム(自己の情報発信拠点)』のコンセプトになっているようです。


Web3.0世代のホームページ作成サービス「Jimdo」、日本語版公開

Jimdoはウェブページの編集画面と完成画面を同一のインターフェースで表示するため、HTMLやCSSの知識がなくても直感的にページを作れる点が特徴。ページ編集、フォーム作成、ブログ、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)、フォトギャラリー、アクセス解析、外部サービスとのマッシュアップなどの機能を無料で利用できる。

月額945円の「Pro」コースを利用すれば、独自ドメインの設定、広告の非表示、高機能なアクセス解析といったオプションを利用できる。


直感操作で Web サイトを作成できる無料サービス「Jimdo」を公開――KDDI ウェブコミュニケーションズ

「Jimdo」は、IT の知識がなくても簡単にホームページを作ることのできるサービス。最大の特徴は、実際の完成画面と編集画面が同一のインターフェイスであるため、編集したい箇所をクリックし、直感的に編集・更新することができる点だ。これまで、ホームページ作成に必要だった HTML や CSS などの専門知識は必要なく、ユーザーは Click&Type だけで、簡単にハイクオリティなホームページを作成できる。

レイアウトやフォント、背景パターンのテンプレートも多数用意されており、好みのものを選択し保存ボタンを押すだけで、すぐさまホームページへ反映される。また「独自レイアウト」では、ソースコードをコピーして、既存のサイトをインポートすることも可能。

KDDI ウェブコミュニケーションズの代表取締役社長である山瀬明宏氏は、同日の発表会で、日本とドイツにおける登録ドメイン数を紹介。人口1億3,000万人の日本における登録ドメイン数はわずか100万ドメインなのに対し、人口8,000万人のドイツは1,200万ドメインが登録されている。

この現状に山瀬氏は、「これだけドイツはドメインを持っている。つまり、ホームページをビジネスに有効活用できているということだ。相当、日本は遅れている」と指摘。

また、「そもそも日本には、ホームページを作成して運用するためのスキルを支援するサービスやツールがなかった。インターネットサーバーをテレビのように簡単に利用できる“家電化”をコンセプトに模索した1つの結果が Jimdo だ」と説明した。


ブログやSNSと比べてウェブサイト(ホームページ)がいまいち人気がでない理由として、『ウェブサイトの作成にはHTMLやCSSなどの知識が必要で面倒くさそう』ということや『コミュニケーションを取るために別ページに掲示板のスクリプトを設定しなければならない(コミュニケーションの手間がかかる)』ということがあります。もう一つ、『他のユーザーとつながりにくいウェブサイトはブログよりもアクセスを集めにくい』という問題もありますが、私はコンテンツの種類やサイト作成の目的、更新の頻度、記事のクオリティ(内容の一般的価値)によっては、必ずしもブログよりもウェブサイトのほうがアクセスが少ないとは言えないのではないかと思っています。次の記事で、もう少し無料ウェブサービス関連の話の続きを書きます。






■関連URI
Googleが独走する検索エンジン市場と群衆の力(表現欲求)を梃子にするWeb2.0のビジネスモデル

匿名掲示板・SNS・ブログといったメディアの特徴と差異:ネットの匿名性・依存性・ストレス

情報化社会における著作権・知的財産権の問題2:文化発展の目的性と私的所有権を導く自己所有権の原則

アクセスアップの3つの柱

■商品紹介

IBM ホームページ・ビルダー13 通常版 バリューパック
ジャストシステム
2008-12-05

ユーザレビュー:
テンプレートが豊富に ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック