森博嗣『スカイ・クロラ』の書評

『スカイ・クロラ』は戦闘機を操縦するパイロットの子供の話であり、近未来的なシチュエーションの中で『無機的な戦争(生存競争のメタファー)』と『生きる意味の喪失』が語られる。『スカイ・クロラ』を読み始めたばかりの頃は、今までの森博嗣の作品とは雰囲気や世界観がかなり違っていて、文字を追いにくいような感じを受けた。恐らく、散香マークBという戦闘…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

パーソナリティ障害(人格障害)における“内向性・外向性の過剰”と“自己顕示欲求の表現形態”

性格構造の形成要因には『遺伝・体質・気質・性格(パーソナリティ)・態度・環境』などがあるが、人間の選択する行動の多くは『欲求の充足・緊張の緩和・社会的な役割・自尊心の維持』によって理解することができる。欲求の充足のより高次な形式には『意味の追求』や『自己アイデンティティの確立』があり、そこに社会的存在としての自己概念が加わってくると自己…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

齋藤孝・梅田望夫『私塾のすすめ――ここから創造が生まれる』の書評3 :ワークスタイルと幸福の条件

第3章『「ノー」と言われたくない日本人』では、終身雇用制が緩やかに崩れかかっている日本の雇用環境において、どのようにして職業アイデンティティやワークスタイルを確立していけば良いのかが語り合われています。齋藤は会社組織への適応方略として『寒中水泳の比喩』を用いながら、自己アイデンティティ(自分のやりたい事)と会社での役割を「期間限定」で思…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

齋藤孝・梅田望夫『私塾のすすめ――ここから創造が生まれる』の書評2:ウェブの流儀と教育者の情熱

齋藤孝が『祝祭共有のコミュニティありきの教育』であるのに対して、梅田望夫のほうは『やる気のある個人ありきの教育』であるのが両者のパーソナリティの特徴を顕著に表していて非常に興味深く感じました。齋藤が好きで堪らないという『授業というスタイルの関係性』とは、学びの場に参加している人全員が『自分の上達・成長』を体験して、生徒が『お互いの上達の…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

齋藤孝・梅田望夫『私塾のすすめ――ここから創造が生まれる』の書評1 :志向性の共同体と教育ビジョン

子ども達と直に触れ合いながら教育学の分野で実践を続ける齋藤孝とウェブの最先端を見据えながらビジネスの分野で活躍する梅田望夫の対談本です。未来におけるウェブ技術を駆使した『学習の進歩の可能性』というテーマについて語り合う齋藤孝と梅田望夫ですが、二人がイメージしている『教育活動の具体像・対象範囲』にはかなりのズレがあり、そのズレを補正する共…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

後醍醐天皇の建武の新政の瓦解と足利義満による南北朝の合一

鎌倉幕府の滅亡後には、後醍醐天皇が実際に政権を運営する『建武の新政』が始まります。しかし、朝廷の実権と天皇親政を回復しようとする建武の新政は、恩賞・訴訟の不公平や旧来の土地所有権を否定したことによる所領問題の混乱、大内裏造営のための重税、天皇や公家の浪費・遊興による財政逼迫など多くの問題を抱えた悪政に終わりました。国政の混乱を深めた建武…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ジョゼフ・バビンスキーの自己暗示による神経症論(ヒステリー麻痺形成)とバビンスキー反射

自分が致命的な重い病気であることをしきりに訴えるヒポコンドリー(心気症)や手足が振るえたり身体がけいれんしたりするヒステリー反応も、自分の周囲に他人が存在する場面のほうが起こりやすいという傾向があり、他者からの認知・承認を求める心理が大きな要素となっています。前回の記事の続きになりますがS.フロイトやP.ジャネ以前の神経精神医学では、『…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

重松清『トワイライト』の書評:積み上げてきた過去の時間と揺らぐ中年期の自己アイデンティティ

家族や子どもを持つようになった39歳の元同級生の男女が、夕刊の告知面を見て小学生時代に校庭に埋めたタイムカプセルを開封するために同窓会に集まる。たまがわニュータウンの団地に住んでいた彼らが通っていた長山西小学校が廃校になることが決定し、40歳になって開封する予定だったタイムカプセルを1年半ほど前倒しして開けることになった。当然、30年近…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

Firefox 3をダウンロードして使った感想:スマートロケーションバーでウェブ履歴の検索が可能に

6月18日の早朝からFirefox 3がダウンロード可能になっていたので、早速ダウンロードしてみました。レンダリングエンジンとしてGecko 1.9を採用し、JavaScriptの読み込み速度やCSS適用の正確性が改善されているということですが、Biglobeのトップページなど転送量の多い画面の表示速度も若干早くなったような感じがありま…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

秋葉原の無差別殺傷事件から考えたこと3:特別な他者や恋人を求める感情と条件・属性による対人魅力の承認

6月6日2時55分の加藤容疑者の掲示板の書き込みに『それでも、人が足りないから来いと電話がくる・俺が必要だから、じゃなくて、人が足りないから・誰が行くかよ』とあるように、彼はきつくて給料が安い仕事が嫌というのもあったでしょうが、自分という存在(人格)が道具のように取り扱われる職場環境への不満を鬱積したようにも読み取れます。本当は自分のこ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

秋葉原の無差別殺傷事件から考えたこと2:他者に対する破壊衝動の克服と対人関係の功利的調整

精神分析家メラニー・クラインが考案した発達早期の精神発達論では、乳幼児は無意識的な破壊衝動(攻撃欲求)を部分対象に向ける『妄想‐分裂ポジション』から、破壊した部分対象にも自分と同じ人格や感情があることに気づいて罪悪感を抱く『抑うつポジション』へと発達していくと考えられています。『妄想‐分裂ポジション(生後3~4ヶ月)』の最大の特徴は、自…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

秋葉原の無差別殺傷事件から考えたこと1:家族との情緒的な結びつきと社会と向き合う精神的自立のプロセス

6月8日、東京・秋葉原の歩行者天国で7人を死亡させ10人に重軽傷を負わせるという戦後稀に見る無差別殺傷事件が発生しました。加藤智大容疑者(25)はレンタルした2トントラックを歩行者天国の横断歩道に突っ込ませた後に、ダガーナイフを振りかざして多くの人を殺傷しましたが、事件後の加藤智大容疑者の供述とネット(ケータイサイトの掲示板)への書き込…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

言論・表現の自由と公共の福祉による人権の制限2:政府からの自由と政府による自由(保護)のバランス

現代の自由民主主義国家で、社会全体の利益や秩序によって個人の自由・権利を制限することができるという外在制約説を採用している国は殆どありません。それは、政府(世論)の政策的・功利的判断に規制基準が左右されやすい外在制約説では、国民主権(主権在民)によって精神的自由を十分に保護することが難しく、恣意的な基本的人権の制限が行われる危険性を排除…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

言論・表現の自由と公共の福祉による人権の制限1:個人の自由(権利)と主体的倫理のバランス

インターネット上の有害情報から青少年を保護する目的を持った『青少年ネット規制法』が衆院を通過して『言論・表現の自由』を巡る議論が活発化しています。最近の日本のウェブやマスメディアでは、精神的自由(言論・表現・思想信条の自由)とアクセスの自由(知る権利)についての意見を目にする機会が多いですが、日本では自然権に由来する個人の自由権(自由主…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

斎藤環+酒井順子『「性愛」格差論 萌えとモテの間で』の書評3:システム社会における性愛の可能性

3章『「ヤンキー」――語られざる一大文化圏』では、ヤンキー文化圏を『現実の恋愛と結婚を最重視する文化・行動様式(ファッション)や消費行動を通した自己主張(自己顕示)の強い文化』として大まかに定義していますが、ヤンキー文化圏には外国ブランドのビジネス・ステイタスなビジネス・ギャンブル産業・性風俗産業・自動車(VIP車)のカスタマイズ・音楽…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

斎藤環+酒井順子『「性愛」格差論 萌えとモテの間で』の書評2:リアルとバーチャルで満たされる性愛

『2章「おたく」――萌える男たちの心理とは?』と『4章「腐女子」――異性と番う(つがう)よりも同性で』は、バーチャルな虚構のキャラクターに恋愛感情・性愛欲求を一方向的(モノラル)に抱くという意味では共通性があるのですが、男性のおたくのほうが女性の腐女子よりも『現実の異性関係との距離』が若干遠いという特徴があるようです。斎藤環は男性ジェン…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

斎藤環+酒井順子『「性愛」格差論 萌えとモテの間で』の書評1:結婚・未婚・規範性を巡る男女の意識

『社会的ひきこもり』などひきこもり関連のガイダンスを多く出している精神科医の斎藤環(さいとう・たまき)と『負け犬の遠吠え』で“負け犬”というキーワードを流行らせたエッセイストの酒井順子(さかい・じゅんこ)の対談本ですが、『社会的属性』と『性愛の形態』との相関を対談形式で興味深く読むことができます。格差社会が喧伝される現代では、『所得・資…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

大人のブログの問題と子どものブログの問題:コメント欄のコミュニケーションとリアルの子ども社会との連動

前回の記事では、小学生・中学生・高校生のインターネット利用に関する考察を書きましたが、ブログに書かれた中傷が引き金となって女子高生が自殺するに至った悲しい事件を、一般的なブロゴスフィア全体の誹謗中傷の問題に敷衍できるのかということについてはやや懐疑的なところがあります。大人であっても子どもであっても、『自分自身の人格・属性・自己主張・価…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学生~高校生のインターネット利用における注意点と未成年者のネットいじめ・悪口の書き込みへの対処

北九州市小倉北区の美萩野女子高校に通う1年生の女子生徒(16)が、ネット上のブログで『死ね・むかつく』などの中傷をされ、その後に自殺するという問題が起きました。このブログはケータイでアクセスする仕様のブログであるという報道も為されていますが、ブログの実際の書き込み自体は確認されていないものの、学校側の調査に対して同級生の一人の女子生徒が…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

ワンルームマンションでの隣人関係とセキュリティについての雑感:地域社会におけるコミュニケーション

東京都江東区潮見のマンションで起きた事件について書きましたが、その後に警察の捜査・聴取が進み犯行の具体的な時系列も明らかになっているので追記しておきます。女性がピアスと血痕を残して行方不明になった当日(4月18日)の午後11時、警察が初めて星島容疑者の部屋を訪問した時には、女性はまだ生存していたという自供が為されていますが、再度、翌19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more