“ブログの継続的な更新”と“ブログの長期的な存続”を支えるもの

更新をサボっても読者が絶対逃げないブログという興味深いタイトルの記事をITproで読みましたが、一般的にブログ記事の情報価値は経年劣化します。ウェブの世界はドッグイヤー(時間の流れるスピードが加速度的に速い)という言い古された表現もありますが、次々に新しいコンテンツとコミュニケーションが生み出されるウェブ空間では閲覧者の興味や欲求は非常…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

元老院主導の共和政の衰退と帝政ローマの興隆:ローマ帝国の覇権主義を支えた『属州のローマ化』

古代ローマにおける帝政の正統な歴史は、ガイウス・ユリウス・カエサル(B.C.100-B.C.44)の養子となったオクタヴィアヌス(アウグストゥス)から始まるが、元老院主導の共和政ローマを皇帝独裁の帝政ローマへと方向転換したのは飽くまでもカエサルである。カエサルの独裁政治の確立以前にも、共和派(閥族派)のルキウス・コルネリウス・スッラ(B…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

DSM-Ⅳの臨床診断と薬物療法の安全性を担保する臨床試験(治験)のエビデンスの問題

『前回の記事』で、精神分析に基づく力動精神医学から薬物療法を主力とする生物学的精神医学への移行についての概略を説明したが、勿論、薬物を用いた治療には大きなメリット(効果)がある一方で、それと拮抗するデメリット(副作用)が発生するリスクがある。 向精神薬に限らず、化学化合物である薬剤のほぼ全てに何らかの副作用のリスクがあり、薬物療法…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

精神分析に基づく力動精神医学から記述主義と薬物療法を前提とする生物学的精神医学への転換

ドイツやオーストリア、イギリスなどヨーロッパ諸国からアメリカ合衆国へ移住した精神分析家達の啓蒙活動と臨床成果によって、1950年代から60年代にかけて精神療法としての精神分析は全盛期を迎えた。心理的な苦悩や病理を無意識の言語化によって治療するという精神分析は、プロテスタンティズムの信仰の伝統に欠けていた『カトリック的な罪悪・信仰の告解(…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

三権分立を前提とする近代法の原則:心神喪失者等医療観察法の理念と処遇について

『行為の法的責任』を何処に求めるか?の記事で、重篤な精神病などで善悪の判断能力を障害された場合や年齢が成人に満たない場合の道義的責任と社会的責任について考えましたが、自由意志の有無と刑罰の有効性(適法性)の関係というのは非常に難しい問題です。 端的には、行為の結果そのものに対して一律的に責任を負うべきなのか、他行為選択性という個…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

ウェブリブログの機能強化について:ウェブリマップの地図貼付で進む各エリアの情報の共有

11月16日にウェブリブログが大幅に機能強化されて、携帯メールで使うような絵文字機能や文字の装飾機能が追加され、ウェブリマップという地図情報を共有する新サービスが発表されました。『地図・絵文字・利用可能HTMLタグ(script/object等)を追加!』の記事によると、Google Maps APIを利用した地図貼付機能や絵文字機能、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ロールシャッハ・テストとTATに代表される投影法の心理テストの有用性と問題点

臨床心理学の臨床実践と研究調査は、『心理療法(カウンセリング技法)・異常心理学(精神病理学)・心理アセスメント・心理統計学』の領域によって支えられています。有効性と安全性の高い心理療法を選択して、問題解決(症状・悩みの改善)につながる心理臨床を行っていく為には、異常心理学に基づく精神病理(異常心理)の正確な知見だけでなく、心理アセスメン…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

学校教育システムの機能不全の露呈と生徒が所属する集団(グループ)の発達変遷過程

愛国心や規範意識、学校再建、教員教育(教員免許更新制)などの問題を巡る教育基本法改正の議論が盛んになっているこの時期に、いじめや学級崩壊、世界史の履修不足、保護者の非常識な振る舞い、教員の指導力不足といった学校教育が抱える諸問題が一気に噴出してきて現場と世論が紛糾している。 教育委員会と公立校という直列的な学校教育システムの機能不…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

宇和島徳洲会病院の臓器売買事件と万波誠医師の疾患腎移植に関する倫理学的考察:2

前回の記事では、徳洲会病院で移植を受けた患者の臓器売買の話題が長くなりましたが、現在、議論の的となっている『疾患腎(病腎)移植』については、長期的なレシピエントの健康性と安全性が確保できないのであれば、早期に臓器移植法を改正して『生体移植に関する禁止事項』を明確化すべきだと考えます。 疾患腎移植を全面的かつ恒久的に禁止すべきかどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇和島徳洲会病院の臓器売買事件と万波誠医師の疾患腎移植に関する倫理学的考察:1

医学とは、生体の構造・病気の機序・疾患の治療と予防について研究し、病気や怪我に苦しむ患者に医療を提供する為の経験科学です。医療の究極の目的は『患者の生命の救助』であり、生命の安全を確保した上で『疾患・怪我による苦痛(不安)の緩和(ケア)』も同時に行っていくことになります。 愛媛県の宇和島徳洲会病院で泌尿器科部長を務める移植医の万波…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

宮城谷昌光『奇貨居くべし 天命篇』の書評

宮城谷昌光『奇貨居くべし 春風篇』の書評を書いたが、先日、「火雲篇」「黄河篇」「飛翔篇」に続く最終巻の『天命篇』を読み終えた。群雄と賢哲が割拠する戦国乱世を泰然自若として駆け抜けた商賈(商人)の呂不韋は、幾つもの色恋の悲哀と度重なる戦火の悲惨を潜り抜けて成長し、自らの政治的理想を追求する投資の大道へと行き着いた。 眉目秀麗な容姿を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

“抑うつ的な希死念慮”を構成する心理的要素が“強迫的な焦燥感・責任感”と結びつく危険性

去年9月の北海道滝川町の江部乙小学校のいじめ問題、先月の福岡県筑前町の三輪中学校のいじめ問題に続いて、岐阜県瑞浪市の瑞浪中学でもいじめの問題が発覚し最悪の結末を招くに至った。いずれの事件も、単なる一過性のいじめやいじめによる精神的打撃(長期的苦痛をもたらすトラウマ)に留まらず、いじめの状況に懊悩した生徒が最も回避すべき自殺の行動を選択し…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

Windows Live メールとInternet Explorer7(IE7)を利用しての感想

ウェブメールのMSN HotmailをWindows Live メールのβ版に変更してみたのですが、以前と比べて、ユーザインタフェースがシンプルになり、メールの可読性とカレンダーとの連携、添付ファイルを処理する際のセキュリティなどが改善されていますね。 精度の高いメールの検索機能も追加されているので、探しているメールをキーワードで…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more