カウンセリングにおける情動の制御困難と過剰抑圧の問題:感情の受容とコントロール

カウンセリングにおいてクライエントの問題として持ち上がってきやすいのが、情動の制御困難と過剰な抑圧の問題です。

最愛の人を喪失した深刻な悲哀感情をコントロールできなければ、人間は社会的行動力の低下や対人関係の回避といった不適応に陥ります。相手の無作法に対する怒りの感情を抑制できずに相手を物理的に傷害すれば、法的な責任を問われたり、民事の損害賠償を請求される羽目になるかもしれません。

歓喜や楽しみといった肯定的な感情も度が過ぎると、軽い躁状態になって冷静な判断や落ち着いた対応が出来ずに思わぬ不利益や損害を蒙る恐れもあります。ありのままの情動をむき出しにして生きていく事は、通常、文明的な社会生活において著しい不利益や不適応を生み出します。
その為、文明社会に生きる私達は、子ども時代から場面・状況や人間関係にふさわしい感情を表現するようにといった躾や教育を受ける事になります。

激しく生起して他者に何らかの影響を与えようとする情動を、日常生活の文脈の中で包み隠さず表現できる場は非常に限られています。
親兄弟、配偶者、夫婦、親友などとの間であれば、ある程度激しい怒りや悲しみを表現して訴えたり、苦悩や孤独を癒す甘えの関係を要求したりできますが、激しい情動や依存的な要求を学校や職場などの社会環境で表現すれば種々の社会経済的不利益を蒙る恐れがあります。

怒りや悲哀など周囲に影響を与える激しい感情を抑制できないと『人格的な発達が未成熟な人』と低く評価され、ギブ・アンド・テイクの関係を実現できずに一方的な要求や甘えを他者に押し付けると『自立心の乏しいわがままな人』という批判を受ける可能性がありますから、私達は無意識的にせよ社会的文脈に合わせた感情表現をコントロールしています。

心理学的対人援助や支持的な相談業務を生業とするカウンセラーなどを除いて、基本的に全くの他人が、一方的な依存や甘えを受容してくれる可能性は非常に乏しいと考えられます。それまで親密な関係になかった他人が積極的な援助活動を取ってくれるケースとしては、疾病や事件に対する緊急対処の必要がある場合や相手への恋愛感情や接触欲求などがある場合などに限られるでしょう。

継続的な一方的援助や積極的保護となると、家族や恋人であってもその過剰な要求に応えきれなくなる場合も多々ありますから、社会生活を維持する基盤として『情動の適切なコントロール』『相互的な欲求の充足(ギブ・アンド・テイクの精神)』を考えて子ども達の教育をするのは極自然な流れと言えます。

ただ、情動を適切にコントロールするという場合には、完全に感情や欲求を抑圧して一切のわがままを言わせないというわけではなく、情動を表現してもいい社会的文脈とそうでない状況との区別をつけるという基本的な無理のないコントロールの事です。

人間は、快楽原則の満足や自己防衛の役割を果たす『情動の表現・発散・浄化(カタルシス)』を完全に抑圧されると、激しいフラストレーションを感じたり、強い苦痛を伴う葛藤状況に嵌りこんだりしてしまいます。

その結果として、短期的には急性のストレス反応による体調不良や軽度の精神症状を示し、長期的にはアレキシシミア(失感情言語症)による心身症の発症リスクを高めます。

感情表現や要求伝達を厳しく規制して、一切の甘えや依存を拒絶する生育環境で育てられた子どもは、長期的なスパンで見ると『神経症的な情動障害・自尊感情の欠如や対人関係の困難など精神発達上の問題・アダルトチルドレンの自覚による自己評価の低下』などの心理的問題を発症させやすくなります。

その一方で、感情表現や依存欲求を隠蔽するアレキシシミアが上手く社会生活の遂行に役立つように働いて、表面的には非常に社会適応性が良い人もいます。しかし、長期間にわたって自分の感情や欲求を無意識的に抑圧して働き続けると、消化器や循環器などの身体器官に精神的ストレスがかかって各種の心身症が発症する危険性が高くなります。

情動的な表現や制御に関わる問題は、精神疾患の情動障害としての苦痛を除いたとしても、直接的に良好な対人関係の構築を難しくし、職場や学校での総合的評価を著しく低下させてしまう為に、社会的不利益や社会的損失に直結する苦悩につながりやすいのです。

その為、現実的な問題解決や不快症状の緩和に直結する情動のアセスメントと情動障害の改善は、心理カウンセリングにおける重要な具体的目標の一つなのです。


情動生起の制御困難や感情生活の抑圧傾向が、心理的問題の中心にあることは多く、健康に社会生活を送っている人でも、継続的なストレス状況に置かれたり、愛する人を失ったりすれば即座に情緒不安定や抑うつ感情による不適応などの問題が起きてしまうことがあります。

情動(emotion)は、感情機能の中でも『本能的な快・不快の感覚』と直接的な連関を持つ感情で、瞬発的に生起して理性的な判断によるコントロールが難しいという特徴を持ちます。

人間の感情機能は、快楽原則に従属する『情動的価値判断』を行うことによって、『個体と種の生物学的利益』を実現する事に本来の機能があります。
即ち、喜怒哀楽に代表される感情を外部に表現してその伝達効果を対象(敵・味方・異性)に与える事により、個体の生存を維持したり、遺伝子保存の目的を達成するのに役立つように生物学的設計が為されていると考えられています。

不安感、抑うつ感、恐怖感、意欲減退、過剰な怒りと悲哀など情動障害の改善を促進する技法には、大きく分けて、率直な情動表現の経験を強調する『来談者中心療法的なアプローチ』と合理的認知に基づく適切な情動コントロールを強調する『認知行動療法的なアプローチ』があります。

前者は、情動の過剰な抑圧による転換症状や自己主張や自己開示の低さによる不適応に焦点を当てていて、後者は、情動の制御困難による症状悪化や感情的な言動による不適応に焦点を当てているといえます。

従来の共感的理解と肯定的受容に基づくカウンセリングでは、ありのままの情動や日常で抑圧している欲求を率直に言葉で表現してカタルシスを得ることを重視していますので、『情動の適応的機能』に注目しているといえます。

意識的な情動や行動のコントロールを目的とする認知行動療法では、不適応な情動や不快な気分を引き起こす『非機能的な認知・悲観的な自動思考』を、専用のワークシートでまず特定します。

その上で、非機能的・不適応的な認知の歪みを、機能的で適応的な方向へ変容させていくので、認知行動療法は『情動の不適応的機能』に注目しているといえます。

認知行動療法は『合理的思考による情動の制御』という理性的世界観を前提としていて、構造化面接を行う事ができる利点を持っています。また、ワークシートでクライエントの精神状態と生活状況の経過を追えるので、効果研究の仮説検証の手続きを採用しやすいというメリットもあります。






■関連URL
『言語的アプローチによる心への影響』と『物理的アプローチによる脳への作用』:情動の表現・特定・制御

■書籍紹介
感情力―自分をコントロールできる人できない人

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック