恋愛(結婚)関係を破綻させない適切な距離感と情的コミュニケーションの必要性

今回は、前に書いた『恋愛関係の維持の話題』に関係した補足記事を少し書いてみようかと思います。

恋愛(夫婦)の関係を維持することが難しくなる場合によく見られる組み合わせには、『愛情表現が過度に苦手な男性』と『愛情表現を強く求める女性』の組み合わせや『お互いに相手の短所や欠点しか話題にならない二人・共通の話題や趣味などの接点がまるでない二人』の組み合わせがあります。
一般的に恋愛関係や夫婦関係において期待されるものとは何でしょうか?色々な観念や感情やモノをそれぞれが思い浮かべると思いますが、恋愛(夫婦)関係の根底にあるのは、実存的孤独の悲哀を和らげる『相互的な存在の価値承認』ではないかと私は考えます。

生物学的な遺伝子の保存だとか社会学的な社会の構成単位としての家族形成だとか、心身の成熟の現れとしての恋愛や社会的責任の遂行としての結婚だとか……色々な根拠を挙げて恋愛関係や結婚関係を説明することは出来ますが、自然な人間心理として考えればこの世界をただ一人孤独に生きる淋しさやつらさに耐えられないという弱さに根ざした面があるかと思います。

何故、一人で生きる事に抵抗や孤独を感じるのかという原因を究極的に遡れば、子孫継承を促す“遺伝的な生理学的メカニズム”や集団生活を可能にする“適応的な行動制御”があるのでしょうが、通常、そういった生物学的な回りくどい根拠を憶測して恋愛しようとか結婚しようという決断をする人はまずいません。

人間には仕事や勉強、思索といった一人でないと出来ない行為をする場合などある程度の孤独が必要ですが、『永続的な完全な孤独』となるとなかなかその状況に耐え切れる人はそう多くいるものではありません。
「必要とするある程度の孤独」には、先天的な気質や後天的な性格特性によって大きな個人差がありますが、相当に非社交的で孤独耐性の強い人であっても、一週間に一回程度は電話やメールであってもコミュニケーション欲求を覚える事が多いと思います。

あるいは、積極的に自分から会話や行動に参加しなくても、インターネットでの議論や他者の言葉(文章)を閲覧することにも何らかのコミュニケーション欲求が潜在していると解釈することが出来るでしょう。余りに忙しい日常生活を送っていて、膨大な人間関係のネットワークにいつも組み込まれ続けている人の場合には、人里離れた別邸でのんびり孤独な時間を満喫したいという人もいるとは思いますが。

恋人や配偶者でないとしても、友人や知人などと何らかのコミュニケーションを行ったり、娯楽や遊びで楽しい時間を共有したいというのが一般的な人間の心性ですし、『他者の視線や評価』を無意識的にせよ求めてしまう事によって全ての社会的行為が価値あるものとして成立しているという事も出来ます。

恋愛の本質を『相互的な存在の価値承認』といった部分におきましたが、それを実際の交際や結婚で持続していく為には『愛情表現の言語的コミュニケーション』『相互理解のための素直な自己開示』が必要となってきます。

自分の感情や欲求を抑圧しやすい内向的で消極的な人ほど、明示的に相手の存在価値を承認する行動や発言をすることを躊躇する傾向がありますが、こういった内気さや内向性の話題を中心として書かれた本にファウスト・マナーラの『本当はタカなのにヒヨコだと思っているあなたへ』というものがあります。
この本は、心理学的な知識の概説書ではなく、著者の臨床経験を踏まえたエッセイといった感じで内容はあまり深くありませんが、「性格特性の内気とペルソナ(隠蔽的な仮面人格)の問題」に焦点を絞った内容になっています。
この本の中で、(ある程度交際期間の長い)カップルの関係性を維持する妨げとなる抑制的で自己開示の苦手な性格として以下のようなものが挙げられています。
訳文があまり良くないのですが、とりあえずそのまま引用しておきます。


1.自分を抑えて相手に合わせる人

彼らは英雄というより聖人である。相手に依存せずにはいられず、その状態に嵌りながら、そこからメリットをひきだそうとする。このタイプの人は、男女を問わず相手にとことん尽くしてしまう。
男なら自分のことはそっちのけにして、家の中でも外でも自分の義務を申し分なく果たそうとする。女なら昔ながらのよき妻よき母親に徹し、要するに家庭の天使になる。それがいいと、歴史も昔から教えているではないか、と考えるのだ。
(中略)
彼らは自由に振る舞いたいという自分の内部からの声には耳を貸さず、そのいっぽうで、相手が言ったりしたりすることにはほとんど口を挟まない。


2.愛を守ることに積極的な人

彼らは頼もしい活動家で、傍から見るよりカップルの絆の強さを信じている。少しは飛躍もしてみたくて、そのためにはまず、頼りになるしっかりした愛情的基盤が必要だと考える。
安全を保障してくれる愛情にひびが入るのが怖いから、感情面でかなり自分を抑え、それが心理的な負担になっている。彼らが活動的なのは、負担を軽減するためにつける仮面である。

活動すれば、相手の注意を引き、時には褒められもして、愛もそれだけ深まるだろう。活動によって実際より見かけ上のことのほうが多いけれど、とにかく相手より優位に立つことも不可能ではない。別に優位に立ちたいわけではないが、少なくとも釣り合いはとっておきたい。彼らは自己評価が低いから、敵はどこに隠れているか分からないと思い、カップルの関係についても神経過敏なのである。


3.相手との間に距離を置く人

このタイプの人は丈夫なゴムで壁をつくる。自分を尊重し、そのために相手にそっぽを向くこともある。しかし、時と場合によっては、相手に合わせることもある。
けれども、実際はなるべく邪魔されたくないからそうしているだけである。争いはほとんどせず、相手が仕掛けてくれば応じるが、あまり巻き込まれたくはない。
抗議や非難はさらりとかわし、何かが起こると、出来るだけ波風を立てずに逃げようとする。


4.相手に構わず我が道を行く人

元気が良くあけっぴろげで、二人の関係に真に創造的な刺激を与えることができる。感情的に全く自由で、お互いに好きな行動をするために距離ができても、相手を失う不安などこれっぽっちももたない。
内気の度合いは非常に少なく、相手との関係でも自分をしっかり意識している。活動的で欲求や欲望もたやすく口にし、相手に受け容れられない心配もしない。

このタイプの場合、相手がこっちの意向に従うような人なら、決して邪魔はしないでとびきり良いパートナーになる。相手がこっちの行動を制限するような人だと、容易にいいなりにはならない。
男女の別なく態度がどこまでもきっぱりしていて、ボスの役目を果たし、カップルの生活を全て自分好みの方向へ持っていく。



自己の感情表現が自己中心的になりすぎてしまうと心地良いコミュニケーションの形を為さなくなり、相手の行動や愛情を独占的にコントロールしようとすると関係が破綻したり、空間(家庭)が息苦しく圧迫感を感じるようになったりします。

かといって、相手に対する欲望を抑圧して、相手からの干渉や影響を最小限にしようとすると、距離感が開きすぎてしまいますね。距離感を広く取ると相手からの束縛や干渉を感じずに済む一方で、次第に愛情も冷え込んで関係が疎遠になっていってしまいます。良好な関係を維持しようと思うなら、ある程度率直な感情と欲求を取り交わすコミュニケーションが必要とされるということでしょう。
異性関係に限らず友人関係でも、余りに距離を広く取りすぎると接触頻度が減って、相手に対する興味関心が薄らいでいく傾向がありますが。

自分のことをより良く理解して貰って必要な愛情を得ようと思うなら、相手のことを深く理解しようとする努力を続けることや自分にとっての相手の存在の重要性を積極的に伝えるコミュニケーションを行うことが大切になってくると思います。
密着感・束縛感を適切な水準にコントロールしてお互いに自由な時間を尊重しながら、必要に応じて親密な時間を持つように出来ればいいのですが、二人にとっての最適な距離感が食い違っている場合にはなかなか難しい部分があります。



■過剰な人間関係へのしがみつきの問題とパーソナリティに関する障害

ここでは、恋愛をテーマにしているので、病的な孤独恐怖や他者への依存性といったものについて詳述しませんでしたが、『他人に愛されていないと情緒が不安定になる・他人に愛されず孤独な状況にある自分は不幸で価値がない・この世界で最も惨めなのは他人の愛情や関心が得られないことだ』といった他者依存的な認知が強まると「情動制御の困難や対人関係の混乱」といった問題が生じてきます。

「恋人や配偶者の有無」に自分の人生の価値や存在意義の全てを注ぎ込んでしまった場合には、「人格障害のクラスターB(不適応な衝動性・攻撃性や不安定な対人関係を中軸とする群)」に分類されるパーソナリティの問題を引き起こす恐れがあります。
衝動性や他者の操作性が最も強い境界性人格障害の場合には、他者の愛情や関心を得る為に自傷や自殺企図などを行って手段を選ばなくなったり、過度に依存的で衝動的な異性関係を繰り返すなどの行動が顕著に見られるようになったりします。
但し、境界性人格障害や自己愛性人格障害といったパーソナリティの偏向の問題は、他人に与える迷惑や損害の側面だけで判断するのではなく、その人の主観的な苦悩や不適応の側面にも配慮していかなければなりません。

表面に現れる強い自己主張や激しい感情表現とは裏腹に「自己に対する絶望的な空虚感」を背景に持っていて、その空虚感を埋め合わせる為に他者の存在や献身を必要としているというのが特徴でもあります。
反社会性人格障害の場合には、他者の犠牲や道徳感情の無視によって、人生に対する虚無感の払拭や歪んだ欲望の充足を果たそうとしますが、その本質は他者の愛情や評価が得られない事による反動形成といった面があります。
『他者が自分を愛したり利益を与えてくれないのであれば、傷つけたり奪ったりしても構わないじゃないか。自分を傷つけ無視してきた当然の報いである』という極端な反社会的な防衛機制と歪曲された基本認識が反社会性人格障害にはあり、そういった人格の形成過程には複雑に絡み合った外傷体験があったり、器質的な発達障害(行為障害・情操欠如及び感情鈍麻)の問題が介在していたりします。
連続殺人鬼と呼ばれる人や快楽殺人者と言われる人たちは、サイコパスという異常人格構造の概念で括られたりもしますが、DSM-Ⅳの分類では重篤な反社会性人格障害に該当し、他者の権利意識の全てが欠損した人格構造といえるのではないかと思います。

過去の性格心理学には、フランスのデルマとボルの性格発展論といったものがあり、社会と他者への有害性として『精神活動の異常亢進(興奮過剰)』が問題視されていましたが、これなどは現代の臨床心理的コンテクストからはやや時代錯誤な観があります。
現代社会では、暴力的な反社会性(精神活動の異常亢進)も問題ではありますが、知的な犯罪行為(精神活動の表層的正常性を維持した犯罪群)の深刻性のほうが高くなっています。

また、デルマとボルの時代には『社会活動に参加しない非社会性・対人関係に消極的な非社交性』は心理学的・精神医学的な問題とする必要がないという判断が一般的でしたが、現代の日本ではひきこもりやNEETといった非社会的行動の問題も心理学的対処の範疇に含められてきています。
しかし、ひきこもりや非社交的な人格など非社会的問題行動を医学的治療と安易に結びつけるような議論には注意が必要だと思います。
デルマとボルは、社会秩序を積極的に破壊する性格傾向を病理的なものと考え、情動性(精神活動性)が過剰である激情型の「情動病」や道徳的善性が欠如した反社会型の「倒錯病(異常性格)」の分類を考えました。

長期間部屋から一歩も出ず、反社会的な妄想に耽っていたり、通常の会話の成立する余地がないなど深刻度が高いひきこもりの場合は別問題ですが、本人の劣等コンプレックスに触れない範囲で家族と会話をしていたり、友人とは電話やメールで普通の雑談をしていたりする場合には特別な精神疾患の心配をする必要はありません。
意味不明な言動や妄想幻覚、完全な無為(一切の興味関心の喪失・気を惹くための演技ではない同一姿勢の長時間継続)など精神病圏の病理性が明瞭であるひきこもりの問題も確かにレアケースとして存在しますが……大半の非社会的問題は、挫折や落胆の経験に基づく一時的な心因反応や自尊心の絡んだ環境不適応の問題に帰結されます。

ひきこもりのケースで多いタイプは、経済活動や学業活動といった本業(責任・義務・利害・評価が絡む行為)には無気力や不安を感じるが、それ以外の趣味の分野(インターネット・読書・娯楽)には積極的に興味を持って行動することも出来るというタイプです。
あらゆる活動領域にわたって完全に抑制状態にあるという人は滅多にいませんし、うつ病のように「性欲消退・睡眠障害・摂食障害の生理的欲求の低下」が顕著であることもそれほど多くありません。

性嗜好障害の圏内に入るほど歪んだ性欲の嗜好があったり、犯罪的な性欲の発露が見られる場合には、セクシャリティの問題に対応したカウンセリングも必要になるかもしれませんが、一般に、性欲の対象や充足方法に関する問題と非社会的問題との間に明瞭な相関関係はないと考えられます。

多くの場合、病理性のある医学的な問題として考える必要はまずなく、職業選択の困難からくるアイデンティティの拡散や対人スキルの不足による集団活動への不適応、理想自我と現実自我の極端な乖離などがひきこもりの原因になっていると考えたほうがいいと思います。

青年期前期に頻発するスチューデント・アパシーが長期化して、モラトリアム(社会的アイデンティティ選択の猶予期間)が遷延したまま20代の時期を終えたり、家庭環境における虐待や過保護の要因、学校でのいじめなど帰属集団からの疎外といった外傷体験から経済活動へ適応できなかったりといった問題が圧倒的に多いといえます。
非社会性や対人関係の回避といった事柄については、性格形成や社会環境との関連性を踏まえて、またゆっくりと考えてみたいと思います。






■関連URL
『恋愛(結婚)の対象を獲得するまでの問題』と『恋愛(結婚)の関係を維持することの困難』



私のなかの他者—私の成り立ちとウソ (自己の探究)
金子書房
浜田 寿美男

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 私のなかの他者—私の成り立ちとウソ (自己の探究) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック