『大人の体罰による躾の問題』と『子どもの暴力・衝動性の問題』

『少子化社会の不確定なジェンダーと核家族の子育て』と銘打った一連の記事では、母性と父性が衰微する現代での子育て方法と親として生きる大人たちの不安定なジェンダーについて書いてきました。 先日、子育てに関する雑談を知人としていて『7.子どもに対して嫌味や皮肉を用いた遠まわしの批判をしない』と『10.子どもに劣等感や屈辱感を感じさせる教…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

少子化社会の不確定なジェンダーと核家族の子育て:3

7.子どもに対して嫌味や皮肉を用いた遠まわしの批判をしない 『子どもに話す言葉』と『あなたの本当の気持ち』を矛盾させた言い回しをしないようにしよう。 夫婦の間でも、あてこすりのような嫌味な言い回しや婉曲な嫌味を用いた悪口などを言わないようにしないと、子どもがいつも相手の嫌がることを遠まわしにいう皮肉屋や全てのことに悪意を読み…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

インナーチャイルド・ワークの催眠状況における擬似的な親子関係の再演

過去に、『催眠の応用としての前世療法とインナーチャイルド・ワーク』という催眠に関する記事を書いたが、子ども時代の親子関係にまつわる情動や記憶を再体験することで治療的効果を得るインナーチャイルド・ワークに典型的に見られるのは『子どもとしての役割を心理的に引き受ける』ことである。 インナーチャイルド・ワークは、権威的な精神分析家との間…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

私たちの健康に悪影響を与えるストレスの種類と強度について

ストレッサーとは、人間の身体や精神に影響を与える外部環境からの刺激であり、大切な相手の喪失や生活環境の急変、人間関係の対立などストレスの原因を意味します。 代表的なストレッサーの種類には、温熱、寒冷、痛覚、圧力、光、騒音といった“物理的ストレス”、薬剤、有害化学物質、環境ホルモン、化学合成物といった“化学的ストレッサー”、細菌、ウイル…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

少子化社会の不確定なジェンダーと核家族の子育て:2

ここで、育児や心身発達に関する全般的な説明や助言をすることなどは出来ませんが、子どもの心身の成長に関する発達心理学的なポイントと、神経心理学的・生物学的な原因から生じる問題への対処も含めて幾つか実践的な育児方法について私見を述べてみます。 子どもの精神発達に関しては、子どもの認知獲得過程を重視しながら『情動・感情・行動のコントロー…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

少子化社会の不確定なジェンダーと核家族の子育て:1

現代社会でよく聞かれる悩みの一つに『育児の困難(育児方法の混乱・育児内容の誤り・育児意欲の低下・教育方針を巡る葛藤)』があります。 その原因として考えられるのは、急速な社会的価値観と家族構造の変化であり、ジェンダー(社会的性差)の認識の違いによる家族観と育児方針の多様化です。 近代以降の産業経済の発展によって、職場と住居が同一の…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

環境税導入から環境保護思想の困難を考える

環境税:導入で省エネ効果 1600人アンケート 石油などに課税し、地球温暖化対策の切り札とされる環境税は、低率でも省エネ行動や省エネ機器の選択を促す効果がある--。環境省は22日、「環境税課税に伴う人々の行動変化に関するアンケート調査」をまとめ、同日の中央環境審議会の専門委員会に報告した。 環境税を導入した場合、人々…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

『オイディプス王』の悲劇と家父長的な家族神話の観念的葛藤

人間の背負う暗く深き宿業の悲劇を描写した古代ギリシア悲劇の最高傑作『オイディプス王』のテーマは、近親相姦と父親殺害であり、このギリシア古典がフロイトが家族間に見られる『普遍的な無意識的願望』としたエディプス・コンプレックスの原型である。 『オイディプス王』(オイディプス三部作『ライオス』『オイディプス』『テーバイを攻める七人の将軍』)…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

フロイトのエディプス・コンプレックスとコフートの自己対象との共感的関係

伝統的な精神分析と自己心理学派の赤ちゃんの精神構造のモデルも全く異なるもので、フロイトは赤ちゃんを、自他未分離で本能的欲求である“エスの人格構造”に支配された存在と見ていました。 エスとは、動物的本能や原始的欲求が混沌として渦巻く善悪の分別がない領域であり、破壊衝動や攻撃欲求の原資となるリビドーの源泉でもあります。しかし、エスで生み出…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

精神分析の非日常的コミュニケーションにおける解釈・洞察の効果と限界

人間の心理領域の治療方略としての精神分析は、現代のエビデンス・ベースド(evidence-based)な心理療法に先駆ける臨床理論であると同時に実践技法であった。 人類はその太古から心理的な悩みや実存的な存在の不安を抱えていたが、心理療法や文明生活の消費の快楽が誕生する以前には、その悩みや不安を解消する為の役割は、宗教の告解や儀式、共…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

『でたらめな仕組みで動く社会』の正当性や根拠にまつわる考察

はてなを運営している近藤淳也さんの『新ネットコミュニティ論 世の中はでたらめな仕組みで動いている』を読み、人間社会のルールと倫理規範、政治権力、市場経済などの仕組みや根拠などについて漠然と考えたので、それを少し文章化して残しておきます。 近藤さんのお話にインスパイアされてこの記事を書いたのですが、近藤さんの述べたいと考える趣旨から相当…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

デジタル・デバイドとユビキタスの未来社会:2

デジタル・デバイドの問題から少し離れて、発展と普及をし続ける情報化社会の未来について、ユビキタス・ネットワークなどを参考に展望してみます。 あらゆる種類の情報を、いつでも、どんな場所に居ても簡単に受信でき、自分が世界に向けて伝えたい情報や特定の他者に伝えたい内容を、いつでも、どこでも手軽に発信できるという高度情報化社会が現段階で実現可…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

デジタル・デバイドとユビキタスの未来社会:1

情報端末であるパソコンやモバイル機能のある携帯電話などが家庭と個人に普及し、WWWに接続できるインターネット環境が整備されていく過程で、“IT(Information Technology:情報技術)”という言葉が頻繁に用いられ、時代は情報革命時代に突入したといったニュース報道が多くなされていました。 しかし、現在では、私たちの日常生…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

大勢の人の前で緊張せずに話をする方法

普段から、対人緊張、吃音(どもり)、対人恐怖を感じている人でなくても、大勢の人の前で講演したり演説したりすることには一定の緊張と苦手意識を感じるものです。 しかし、人前で流暢に話す技術、特に大勢の聴衆の前で緊張せずに話せる心を持つことの重要性と必要性を多くの人が感じています。 極端に対人緊張の強い人の場合には、自分の通いなれた職…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

池田晶子『41歳からの哲学』の書評:自分の頭で不思議や疑問を考える哲学

「週刊新潮」で2003年5月1日から2004年6月3日まで「死に方上手」というコーナーで連載されていた池田晶子のエッセイをまとめて収載した41歳からの哲学を読みました。 ポップな語り口調でありながら、遠慮会釈のない直截な言葉で、社会問題、政治経済、倫理問題を快刀乱麻を断つかのような切れ味鋭いエッセイ集。 この本は、週刊誌で連載さ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

現代社会のストレス過剰の主要原因とストレス・トレランスのチェックシート

現代社会が、精神的ストレスが過剰な社会だといわれて久しいですが、その主要な原因を考えてみると大きく分けて以下のようになるでしょう。 総合的に考えれば、現代社会特有の精神的ストレスは『他者の承認・評価・愛情・尊敬・注目』を集めたいという承認欲求と、『私は社会においてどのような存在であるのか』という自己アイデンティティの乖離によって発生す…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ロンドン同時爆破テロ:国家とテロ組織の終わりなき闘争の混迷

世界貿易センタービル倒壊の衝撃的な映像と共に、世界政治の新たなるパラダイムを提示したアメリカ同時多発テロ以降、世界はテロリズムの脅威に対する警戒と闘争を強いられる事となった。 現在までの報道ニュースやブログ界隈の記事を散見する限りでは、今回、世界を再び震撼させたイギリス・ロンドンの同時爆破テロも、ジハードを奉ずるイスラム過激派の反米闘…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストレスによる生体への悪影響:ハンス・セリエの汎適応症候群(GAS)

あらゆる心理的な問題や精神障害(精神疾患)、対人関係の確執には、精神的ストレスが何らかの形で作用しています。 まず、身体の遺伝要因・体質気質類型・生理学的障害などの生物学的基盤があり、その基盤に精神的ストレスが過度にかかることによって全ての精神障害や心理的問題(深い苦悩・悲哀・抑うつ・怒り)が発生してくるというのが『素因・ストレスモデ…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

明徳義塾の生徒刺傷事件2:傷つきやすい青年期の自己愛とその回復の方略

誰でも、他人と喧嘩になって、いらだちが数日の間おさまらなかったり、他人と口論して、不機嫌なイライラした心理状態が一定期間継続するといった経験をしたことはあると思うが、通常、その攻撃欲求が物理的な殺意として行動化されることはまずない。 彼が何故、実際に相手を刺してしまったのかという本当の心理的な変化の過程は明らかにする術はないが、精神病…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明徳義塾の生徒刺傷事件:復讐・報復としての殺人の原理的な無意味性

高校野球の名門として知られる明徳義塾高校において、3年生の男子生徒が同級生を刃物で刺傷するという傷害事件が発生し、連日、ニュース報道が為された。 少し前には、山口県の光高校で、3年生の男子生徒が教室に爆発物を投げ込み、大勢の同級生を負傷させるという爆発事件が起きて、インターネットにおける危険な有害情報の流通などの問題と共に社会を騒然と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

傷ついた自己愛の防衛と補償のメカニズムと母子一体感からの脱却

自己愛と対象愛の相補性や自己顕示的な自己愛と社会的行動の発生について、前の記事で述べましたが、今回は、“病的な自己愛”と“健全な自己愛”の差異についてハインツ・コフートの自己心理学を元にして書いてみたいと思います。 フロイトの自己愛には、外的な対象と内的な表象(イメージ)が存在せず、自己愛は“直接的に自分自身へとリビドー(性的欲動…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

世界と他者に対する“親密性”と生きる為に働くという事

「知の創出のコモディティ化への戸惑い」 世の中は日に日に複雑化し、「勉強能力」「学習能力」が仕事上ますます大切になっているのは事実である。ただその一方で、それだけで飯が食える場(チャンス)が確実に減っている気がしている。インターネットのおかげで。あるいはインターネットのせいで。 それで一つの仮説として、「飯を食うための仕…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more