少子化社会の不確定なジェンダーと核家族の子育て:1

現代社会でよく聞かれる悩みの一つに『育児の困難(育児方法の混乱・育児内容の誤り・育児意欲の低下・教育方針を巡る葛藤)』があります。
その原因として考えられるのは、急速な社会的価値観と家族構造の変化であり、ジェンダー(社会的性差)の認識の違いによる家族観と育児方針の多様化です。

近代以降の産業経済の発展によって、職場と住居が同一の農業者や家業従事者が大幅に減少し、職場と住居が分離するサラリーマン家庭が圧倒的多数となりました。
子どもが両親の祖父母と一緒に生活する三世代以上同居の家族は大きく減り、両親と子どもだけもしくは夫婦だけという家族構成が多く見られるようになりました。
その家族構成の激変により、育児の心理的・時間的負担を祖父母と分担することが難しくなり、妻が一人で育児に従事したり、家庭外の保育機関に預けたりする家庭が増えました。

核家族の割合が大きくなり、父親の家庭内の存在感が希薄化する家族構成変動の社会的要因は以下のようなものとなります。


1.近代的な機械制工業を中核とする自由市場経済の発展によって、従業員となるために農村部から都市部への大規模な人口移動が行われる。その結果、両親と子どもは、居住地を異にすることとなる。

2.賃金を得ることによって生計を立てる企業の従業員(会社員)が大多数になる事によって、職場と住居が必然的に切り離されることとなる。その結果、子どもと父親は、接触機会と頻度が減少することとなる。

3.女性の社会進出が促進されることによって、家事や育児の仕事が夫婦にとって分業の対象となると同時に直接的収入に結びつかない意味での負担となる。その結果、子どもと父親・母親の接触機会と頻度が減少することなる。

4.価値観と家族像の多様化と自由主義の影響によって、家族成員が、それぞれ役割分担をして精神的・経済的・物理的な豊かさを創出するという『相補的機能』が必ずしも中心的な家庭の機能ということが言えなくなり、理想的な家族像の提出はそれに該当しない家族に対する抑圧や強制という同調圧力を強めるという相対的な価値観が強くなってくる。

その結果、政府が、標準モデルに相当する家族世帯を、課税制度・社会保障・公的保険でバックアップする事は、標準モデルの家族に該当しない家族を冷遇する差別的政策であるとして批判される可能性が高くなる。

ジェンダー・フリーな個人が機能的につながる家族を構成しようと、家父長的な男性の権威を重視する家族を構成しようと、家母長的な女性の権利を重視する家族を構成しようと、それは各個人の思想信条の自由の範囲内であり、結婚する両性がその基本的家族観に同意していれば問題はないとする考え方が主流となりつつある。
その結果、それらの家族形態のどれか一つを政治的経済的に優遇する政策を取る事が難しくなってくることが予測される。



少子高齢化や核家族の増加が進展するにつれて、仕事に忙しい夫婦だけで育児をしなければならない情況が多くなってきていて、その育児に伴う経済的・心理的負担は増大する傾向を示しています。
子どもの心身の発達や心理的充足感の観点からも、両親が不在であることが多い家庭環境や親密なコミュニケーションが取り難い心理的距離の開きすぎた親子関係などは、あまり良くない影響を子どもに与える可能性があるのではないかと考えられます。

現代社会のジェンダー問題の趨勢を受けて、家族観の相対化と家族形態の多様化が進行している印象を多くの人は受けていますが、この流れ自体を言論活動や説得的な啓蒙によって完全に押し留めることは困難であることもまた事実です。
中心となる家族構成のスタンダードが不在である時代は、個人の自由や権利が家族の安定や維持よりも重視されやすい時代風潮を作り上げますが、これを良いと考えるか悪いと考えるかは『自分にとっての家族とはどのようなものか』という家族アイデンティティの強弱と密接に関わっています。

いずれにせよ、どういった家族が理想的な家族なのかを一義的に指し示すことが難しく、大部分の人が『夫婦で協力し合って幸せで明るい家庭を築いていきたい』と考えているとしても、その『協力の方法と幸福の実際』には相当に大きな個人差が存在しています。
離婚の理由の上位にある『価値観の相違』とは、そういった家族観の協力体制や経済観念に関する考え方の違いであり、家族生活を通して実感する幸福感の違いであるといえます。

心理的・時間的に余裕のない家庭環境の中で、夫婦間や親子間のコミュニケーションを十分に取れない事や父親・母親・子どもの家庭内での役割や位置づけが流動的で安定しない事も、子育ての苦痛や夫婦関係の擦れ違いを生じやすくさせる原因の一つでしょう。


■書籍紹介
心を抱きしめると子育てが変わる―ガマンの日々にさようなら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのトラックバック