精神分析の非日常的コミュニケーションにおける解釈・洞察の効果と限界

人間の心理領域の治療方略としての精神分析は、現代のエビデンス・ベースド(evidence-based)な心理療法に先駆ける臨床理論であると同時に実践技法であった。
人類はその太古から心理的な悩みや実存的な存在の不安を抱えていたが、心理療法や文明生活の消費の快楽が誕生する以前には、その悩みや不安を解消する為の役割は、宗教の告解や儀式、共同体の人間関係によって担われていた。

精神分析はその隆盛期において“宗教・政治・思想・哲学の代替物”としてもてはやされ、その高額な謝礼金もあって精神分析を受けることが上層階級のある種のステイタスであるという認識がもたれた時代もあった。
おおかたの心理療法の中心的な効果の機序は『言語的あるいは非言語的なコミュニケーションによる無条件の存在の肯定と尊重』にあるのではないかと私は考えているが、精神分析の治療機序はそれとはやや異なっていて『非日常的な空間における無意識の言語化と自己の欲求に関する洞察』にある。

一般的なカウンセリングと正式な精神分析場面を比較してみれば、その差異は面接構造に明示的に表れている。
カウンセリングは、通常、日常的な対話の形態と交流から大幅に逸脱することはなく、椅子やソファーに座って共感的な雰囲気の中で心理的な葛藤や問題について語り合い、傾聴し合う。
一方、精神分析は、寝椅子に横たわって自由連想をしながら独り語りの形式で、自分の過去の物語や人間関係を思い出して言葉にしていくという特殊な形態と方法を採用している。
分析を受けるクライアントが自由連想をしている間、通常、分析家は滅多なことでは口を挟まないし、意見や質問も最小限に留める。何より、分析家はクライアントの視界に入らない背後や側面などにポジションを取って、静かにクライアントの内面を映し出す鏡のように話を聴き続けるというのが原則であるのだから、一般的なカウンセリングとは全く異なるコミュニケーション形式がそこには見られるのである。

『誰かが近くにいるのに、自分一人で話したいことを遠慮せずに滔々と話し続ける空間』というのは、明らかに日常の人間関係では見ることのできない非日常的で特殊な空間である。
そして、その非日常的で特殊な時間と空間において、自分自身の精神生活の歴史と人間関係にまつわる感情の系譜を遡り言葉にする自由連想こそが精神分析療法の本質である。
その非日常的な空間の中で二人の興味の対象となるのは『自身の精神生活の感情と記憶』であり、功利主義的に動く社会生活の中で感じる疎外感を回復する『結果よりも存在を尊重する場』として精神分析は機能していくと考えられる。

しかし、精神分析の弱点は、正にその本質である『行為の結果よりも存在の尊厳を重視する事』『分析者の中立性を保ってひたすら話に傾聴し解釈する』というところにあり、新しい一定の不安と危険を伴う状況離脱のための行動を決断できないという結果をもたらすことがある。
つまり、分析のための分析に終わらない為には、適応的な行動や習慣を獲得するための能動的な働きかけをしていかなければならない。
精神分析的な『無意識の意識化』を促す心的過程の解釈だけに終わるのではなく、クライアントの自我の強度や性格傾向に応じて、環境適応を高める為に認知行動療法的なアプローチも合わせて行っていくほうがより良い効果が発揮できるのではないかと思う。

受動的な共感的傾聴による解釈を主とする技法は『存在の肯定』を目的とし、能動的な積極的介入による行動と認知の変容を主とする技法は『具体的な生活行動の改善』を目的とするが、それらは対立するものではなく相補的に支えあっていくべきものである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック