フロイトの無意識とユングの集合無意識(普遍的無意識)

この記事の全文は、新ウェブサイトの記事に移転しました。

https://esdiscovery.jp/candy/blog_works/200504_01.html

シグムンド・フロイトの精神分析学(Psychoanalysis)の無意識の概念とフロイトの学派から離脱したカール・グスタフ・ユングの分析心理学(Analytical Psychology)の無意識の概念とは、言葉は同じでもその意味する内容は全く異なるものである。

ユングは、種々の心的現象や精神病理の原因、精神発達の仮定、夢の無意識的な意味などを全て性的欲動であるリビドーの充足と抑圧で説明するフロイトの汎性欲説的な精神分析に同意することが出来ずに、フロイトの精神分析学と訣別して独自の道を歩むことになる。

(中略)

フロイトの神経症理論では、神経症の種々の症状は、過去の苦痛な心的外傷の記憶や不安を引き起こす激しい性衝動などを隠蔽する役割を果たしている代理満足としての意味を持ち、神経症は、自分が認めたくない過去のトラウマの記憶や直視する事の出来ない苦痛な情動から目をそむけさせてくれるのである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのトラックバック