アクセスカウンタ

<<  2017年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
ドコモの新プラン“docomo with”はお得か?:スマホ料金の高騰と格安スマホの台頭
ドコモの新プラン“docomo with”はお得か?:スマホ料金の高騰と格安スマホの台頭 総務省の『ゼロ円端末規制』の推進によって、三大キャリアで買える最新スマホの購入価格はかなり高騰したが、総務省が期待していたような『月額料金(3〜7GBのよく使われている通信プラン)の値下げ』は起こらなかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/31 11:31
村上春樹『騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編』の書評:2
村上春樹『騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編』の書評:2 免色渉は『個人主義・自由主義』の現代における典型的成功者である中年男性のイデアとして機能しているが、その免色が『冤罪で拘置所の狭い場所に長く閉じ込められる恐怖の経験とその克服』をしているのは象徴的であり、免色という存在そのものが『他者・共同体とストレートにつながれない現代人の孤独と愉楽』を感じさせるのである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/30 15:40
村上春樹『騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編』の書評:1
村上春樹『騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編』の書評:1 第1部の顕れるイデア編では、別のハンサムな男ができた妻に突然の別れを切り出された“私”、起業で大きな経済的成功を収めながらも結婚の決断をできずに別の男と結婚した元彼女を永遠に失った“免色渉(めんしきわたる)”という二人の人物を描くことで、『現代のある種の中年男性の孤独・モラトリアム』を寓話的に示した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/30 15:37
『受動的・依存的な生き方』の克服と他者との適切な距離感2:他者に振り回されない
『受動的・依存的な生き方』の克服と他者との適切な距離感2:他者に振り回されない 日常生活や人間関係、仕事状況にまつわる小さな出来事やテーマに前向きな興味関心を持って現実的な対応を取れる人のほうが、精神状態が安定しやすく自己肯定感が高まりやすいとされますが、その理由としては『小さな成功体験・感覚的な実感を積み重ねやすいこと』と『現実的な目標に合わせた適切な要求水準であること(今の自分でも努力や工夫によって成し遂げられそうなことを目指している)』が考えられます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/24 07:07
『受動的・依存的な生き方』の克服と自己肯定感を高める1:小さな興味・成功体験の実感
『受動的・依存的な生き方』の克服と自己肯定感を高める1:小さな興味・成功体験の実感 自己アイデンティティーを確立できていないと、自分が何者で何をしたらいいかが分からないという意味で『受動的・依存的な生き方』に陥りやすいですが、『能動的・自立的な生き方』にシフトするためには、自己肯定感・自信(自尊心)を高めていく必要があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/24 07:02
フランスのエマニュエル・マクロン大統領と韓国の文在寅大統領について雑感:2
フランスのエマニュエル・マクロン大統領と韓国の文在寅大統領について雑感:2 先進国の選挙でもポピュリズムによる感情的・攻撃的(自衛からの攻撃)な意思決定が行われやすくなっており、自分たち自身が生活・仕事で困窮したり苛立ったりしていることによって、『国際協調外交・外国の難民移民への人道的配慮』にまで意識が及びにくくなっているのである。フランスをはじめEU先進国では、イスラム過激派が関与するテロリズムが繰り返し起こったことで、テロ防止・治安維持を大義名分とする『反イスラム・反移民の思想・活動』に共鳴する人も増えやすくなっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/17 00:01
フランスのエマニュエル・マクロン大統領と韓国の文在寅大統領について雑感:1
フランスのエマニュエル・マクロン大統領と韓国の文在寅大統領について雑感:1 フランス大統領選では『EU離脱・グローバリズム・移民問題』が争点になっていたが、中道・独立系のエマニュエル・マクロン前経済相(39)が、極右政党『国民戦線』の代表であるマリーヌ・ルペン氏を大差で破って大統領になったことで、EU情勢・世界経済の混乱は回避された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/16 23:30
中年期のSNS疲れの心理と対策2:中年の自慢はなぜ嫌がられるのか?共感・共有の土台があるか
中年期のSNS疲れの心理と対策2:中年の自慢はなぜ嫌がられるのか?共感・共有の土台があるか 若者・学生にはまだまだこれから何をするか選べる、もっとこれから成長して何者かになれるという『未来・夢』があり、学力・能力・魅力などで色々な差(優劣コンプレックス)はあっても、友人知人と同じ学校に通って学び、同じ部活で運動してきたといった『平等性』があるので、就職・結婚・地位・経済状態・介護問題などによって生じる中年期以降の格差や困難とはやはり重圧感が違います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/16 04:01
中年期のSNS疲れの心理と対策1:実名SNSとリアルの人間関係と世間体のストレス
中年期のSNS疲れの心理と対策1:実名SNSとリアルの人間関係と世間体のストレス 『SNS疲れ』というのは優に5年以上前から言われている現象で、SNS(ソーシャルネットワーキング・サービス)上で『自分にとってメリットのない形式的な人間関係・やり取り』を延々と終わりなく続けることに疲れたということです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/16 03:58
自己価値や幸せを実感するため『欲求・野心・競争心』とどう向き合うか?:自分に適切な欲求のレベル
自己価値や幸せを実感するため『欲求・野心・競争心』とどう向き合うか?:自分に適切な欲求のレベル 人間にとっての『欲求・野心』は人を幸せにもするし不幸にもする。一般論としては人間の『幸福追求』は『欲求充足(目標達成)』と結びつけて語られることが多く、欲求が満たされれば“快”を感じて、欲求が満たされずに欲求不満に陥れば“不快”を感じてしまう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/10 14:46
森博嗣『彼女は一人で歩くのか?』の書評:超長寿化・生命創造による人口減少世界
森博嗣『彼女は一人で歩くのか?』の書評:超長寿化・生命創造による人口減少世界 科学技術の驚異的な進歩によって、人間の寿命が数百歳以上にまで延びた代わりに子供が産まれなくなった近未来を舞台に展開されるSF小説で、人間の死生観とテクノロジーについて考えさせられる。近未来社会に生きる人類のシミュレーションのような物語の流れが面白いだけでなく、現在進行形の高齢化社会や少子化問題にも関わってくるテーマ性もある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/10 11:41
前向きなモチベーションを持続させること2:責任転嫁・被害意識から問題解決への転換
前向きなモチベーションを持続させること2:責任転嫁・被害意識から問題解決への転換 『その相手からの評価・承認を得るためだけ』に頑張っているという外発的モチベーションは、その相手がいなければ別にそんなことはしたくないし興味もないという意味で、内発的モチベーションがかなり低いことが多い。そして『相手との相互依存的な関係性』だけを頼るべき生きがいにしていると、『挫折・失敗・裏切り(依存できる関係の破綻)』に対して極端に脆弱になってしまう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/04 03:42
前向きなモチベーションを持続させること1:特定の相手からの評価・承認に依存するリスク
前向きなモチベーションを持続させること1:特定の相手からの評価・承認に依存するリスク 人が何かをやろうとする能動的な動機づけは、大きく『外発的モチベーション(外発的動機づけ)』と『内発的モチベーション(内発的動機づけ)』に分けられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/04 03:40

<<  2017年5月のブログ記事  >> 

トップへ

コンテンツ&本の紹介

Es Discovery's Encyclopedia(百科事典的なアーカイブ)

心理学の事典や臨床心理学の概説書

S.フロイトとC.G.ユングの書籍
スポンサーリンク


ブログアーカイヴ
2005年
3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2006年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2007年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
カウンセリングルーム:Es Discovery 2017年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる