カウンセリングルーム:Es Discovery

アクセスカウンタ

zoom RSS オーガニック検索(Google検索)からのアクセス減少トレンド:スマホ時代のユーザー行動の変化

<<   作成日時 : 2017/04/05 18:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005年前後にブログブームが沸き起こり、梅田望夫さんの『ウェブ進化論』でウェブ2.0や一億総表現社会のキーワードが広まったりしたが、個人の表現媒体としてのブログの利用者数やアクセス数のピークは2010年前後で終わりを迎えたようにも思う。

ブーム当初はトラックバックやコメント欄を使った『ブログ間の意見交換・相互紹介』が活発に行われていたり、RSSリーダーを使って多くの他の人が書いたブログを読んでいたが、ブログより少し遅れてきたmixiが流行り、その後に黒船のようにtwitterやfacebookがやってきて、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のブームがウェブを覆っていった。

現在はSNS以外のブログを開設・更新している人のほうが少数派になっていて、他の人が書いたブログを定期的に読んでいる人はもっと少ないだろうと思われるが、複数のブログ更新状況を一元管理できるRSSリーダーのサービスそのものが、Googleをはじめ殆ど撤退(サービス終了)してしまったこともある。

『はてなブックマーク』などのブックマーク共有サービスは健在だが、ブログブーム時のように個人運営のブログやブログ間のやり取りが、多くのブックマークを集めることが殆どなくなっていて、はてなブックマークから個人ブログに大量のアクセスが流入する現象も減っているだろう。どちらかというと、マスメディアの公式情報やまとめサイトの意見一覧のようなもの、実用的なマニュアル集やノウハウ系のブログ(サイト)などがブックマークを集めやすくなっている。

若い世代の人ほどブログよりもtwitterやLINE、facebook(現在はfacebookはやや年齢層が高いようだが)、Instagram(写真投稿サイト)をやっていることが多く、自分の意見・経験・主張などのコンテンツを不特定多数に読んでもらいたいという公開の仕方は減ってきている。友人知人の知り合い同士のコミュニティで近況報告や情報通知をしたりコミュニケーションをしたりといった、ウェブの使い方をする人が増えてきた印象がある。

ウェブ全体のアクセス動向に最も大きな影響を与えたのは『スマホ(スマートフォン)の普及』であり、2014年くらいから『スマホファースト』というコンセプトでウェブサイトやブログの運営戦略が語られるようになってきた。

2017年時点ではほとんどすべてのブログやサイトにおいて『スマホ(iOS, Android)からのアクセス』『パソコンからのアクセス』を上回っているはずだが、スマホファーストの時代には『スマホ対応・SEO対応したブログ・サイト』であっても、それ以前と同水準のアクセス数を維持することが一般的に困難になっている。

Es Discovery関連の当ブログやサイトのトラフィック(アクセス数)のピークもやはり、スマホファーストが本格的に普及し始める前の2012〜2014年頃にあったが、その時期と比較すると2016年頃からのトラフィックは30%減〜50%減に近いほど減ってきてはいる。

Google含む各検索エンジンからのトラフィックが減少傾向に!原因はソーシャルネットワーク

Google検索の利用者が減少傾向に。その背景とは

PC検索数、ピークは「3年前」だった /データ公開に

主要キーワードの検索順位そのものは殆ど変わっていなくても、スマホファーストの時代になって、『ブラウザでインターネットを利用する人+オーガニック検索(Google検索)からアクセスする人』の絶対数が大幅に減っている可能性が高いが、毎日のアクセス解析では緩やかな減少傾向が続いている感じになっているので(一気に短期間でガクンと減るわけではない)気づきにくいのもある。

実際、自分自身がスマホを使う場合にも、Googleのキーワード検索で『長文で書かれた考える内容のあるブログ・サイト』を読む機会はかなり少ないように思うので、大半のスマホユーザーはブラウザもそんなに頻繁に使わないのではないかと思う。

モバイル検索のボリュームは増えているというが、パソコンで検索されるキーワードとは目的・内容・質の違いもあり、『どこかのお店・場所に行きたい目的』『ちょっとした芸能や流行ワードを調べる内容』『長文の意見・説明などではなく視覚情報の多さといった質の違い』が多くなっていて、パソコン検索の減少分がモバイル検索で単純に補完されるといった関係にはないだろう。

スマホ時代に、一般的な知識・情報・知見ブログやサイトのアクセスが漸減を続けやすい最大の原因は『SNS(facebookやtwitterで興味ある企業・サービスをフォローすれば後は検索しなくてもいい)』『アプリ(ブラウザ・検索エンジンよりも特定のニッチな目的に合致するアプリを使う)』『動画・写真・ゲームのエンタメ志向(気軽にアクセスできる視覚的に楽しいコンテンツ志向)』だろう。このブログやサイトのアクセス減のトレンドは、スマホをウェブにつなげるメインの情報媒体として使う限りは変わりにくいように思える。

ブログ開始から12年以上の歳月が流れて、その間にかつてアルファブロガーと呼ばれた人たちの多くはいなくなるか(更新頻度が激減するか)SNSに移行し、一定以上の知名度・アクセスのあった人気ブログの多くも閉鎖しているが、今でも地道に更新を続けている長期運営のブログ・サイトも少なからず残っているので頑張ってほしいと思う。

ブログブームやトラフィック量のピーク期(2014年頃まで)と比べると、地道にコツコツと内容・情報のあるコンテンツを更新し続けていれば、それに合わせて自然にアクセス数(オーガニック検索・Google検索からのアクセス数)も増えてきやすいという相関関係は既に崩れて久しいが、スマホ普及によって『ウェブやアプリで手軽にやりたいこと・やれること(コミュニケーション的あるいはエンタメ的な用途)』が増えてきたことで、『ユーザーの利用可能時間の有限性』という課題がより顕著な形で浮かび上がってきたとも言えるのだろう。


スポンサーリンク







■書籍紹介







ポケット百科 Googleサービス 知りたいことがズバッとわかる本
翔泳社
海老名 久美

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ポケット百科 Googleサービス 知りたいことがズバッとわかる本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文



コンテンツ&本の紹介

Es Discovery's Encyclopedia(百科事典的なアーカイブ)

ESD ブックストア(インスタントストアで色々なジャンルの本を紹介しています!)

心理学の事典や臨床心理学の概説書

S.フロイトとC.G.ユングの書籍
スポンサーリンク


ブログアーカイヴ
2005年
3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2006年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2007年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
オーガニック検索(Google検索)からのアクセス減少トレンド:スマホ時代のユーザー行動の変化 カウンセリングルーム:Es Discovery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる