カウンセリングルーム:Es Discovery

アクセスカウンタ

zoom RSS 幸福を感じるための自己実現欲求についての考え方1:自己実現のプロセスと自分にとっての成長感

<<   作成日時 : 2017/01/19 02:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

エイブラハム・マズローの欲求階層説で最上位に置かれている『自己実現の欲求』は、現代の日常的な言葉に直せば自分の潜在的な能力・可能性を発揮して、『なりたい自分になる』ということである。

具体的には、『自分の才覚や能力を成長させ、やりたいことを仕事にして、社会や他者にも貢献する』ということになる。自分と他者を区別する近代的自我を持つ個人にとって、自分の望んだような自己像および仕事状況を形成して社会(他者)の役にも立つという『自己実現欲求の達成』は、確かに主観的幸福や理想的な人生とのつながりが強いものである。

なりたい自分になるとか、好きなことを仕事にするとか、自分の可能性を開花させて実現させるとかいった『自己実現の結果』のみに着目すれば、現代人の多くは自分の自己像や現実を悲観的に捉えやすくなる。だが、『自己実現に向かおうとするプロセスと人間関係』に意識を向けることで、主観的幸福ややりがいを高めることもできる。

ストレートな自己実現欲求の基盤にあるのは『コンピテンス(有能感)』であり、自分には目的としていることを成し遂げるだけの能力と素質があると信じられる人ほど、自己実現を達成できる可能性は高まりやすい。

ある程度の才能や素質、意欲がある人なら、特に人生経験の浅い若い時期には『自分にはできる・自分は人並み以上に優れたものを持っている・将来は大きな仕事を成し遂げる』というコンピテンスを抱きやすいものだが、その後に失敗・挫折・敗北・苦悩などを経験していく中で『コンピテンスの摩耗・現実的な自己イメージへの調整』がどうしても起こりやすくはなる。

しかし失敗や挫折によってコンピテンスや自己評価が低下したり現実的に調整されたからといって、『自己実現欲求の達成』を完全に諦めなければならないのかといったらそうではない。

『自己実現のプロセス』に目を向ければ、『自分にとって今よりも前進するための学習(努力)・変化・目標』ができれば良いのであり、現実的に調整された身の丈に合った自己イメージであっても『主観的な幸福感・成長感』は十分に何歳からでも感じることができるのである。

『自己実現の人間関係』は、自分にとっての学習・成長の努力を続けていく中で、幾らか他者や社会のために貢献できれば良いという考え方につながっており、『自分にとっての理想的な自己像・生き方』をより社会的・客観的なものへと押し広げてくれるものでもある。

過去の時点における『なりたかった自分・やりたかった仕事・優越的な自己イメージ』に執着すれば、自己実現欲求の充足に対して大多数の人は悲観的にならざるを得ないが、今の時点における『自分の強みや興味関心・自分にできることの上達や成長・自分の強みを他者や社会に向けること』に焦点を合わせ直せば、非現実的な絵空事の妄想で終わらない『今の自分にとって可能な(やってみれば楽しい)自己実現のあり方』が見えやすくなってくるように思う。

『理想の大きな目標(現時点からでは具体的に何をやって良いかも分からない高い目標)』ばかりを見ればそこにたどり着けない恐れも高くなるが、『現実に今からでもできそうな目標・活動』に目を向けてみれば、それに向かって自分なりに学習や努力をしながら成長・上達のプロセスを楽しめる道筋が浮かび上がってくるということである。


スポンサーリンク







■書籍紹介

完全なる人間―魂のめざすもの
誠信書房
アブラハム・H. マスロー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 完全なる人間―魂のめざすもの の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
幸福を感じるための人間関係・つながりの欲求についての考え方2:存在の相互承認の機会
近代的自我と競争原理は一般的に、自分と他者の幸せ(目標)を切り離して、自分だけ(自分と深い関わりのある家族や人たちだけ)が幸せになろうとするので、余計に主観的幸福感・人生の意味の実感が低下しやすくなってしまう。 ...続きを見る
カウンセリングルーム:Es Discov...
2017/01/19 02:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文



コンテンツ&本の紹介

Es Discovery's Encyclopedia(百科事典的なアーカイブ)

ESD ブックストア(インスタントストアで色々なジャンルの本を紹介しています!)

心理学の事典や臨床心理学の概説書

S.フロイトとC.G.ユングの書籍
スポンサーリンク


ブログアーカイヴ
2005年
3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2006年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2007年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
幸福を感じるための自己実現欲求についての考え方1:自己実現のプロセスと自分にとっての成長感 カウンセリングルーム:Es Discovery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる