カウンセリングルーム:Es Discovery

アクセスカウンタ

zoom RSS 近代的な結婚観に基づく“目的論的な家族像”の衰退と個人の自由選択に任された“結婚・出産・育児”の問題

<<   作成日時 : 2008/03/09 10:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 13 / コメント 0

女性の妊娠出産や家庭での育児を巡る問題は、『近代的な家族像・結婚観の変化』『ジェンダー(社会的性差)の変化』と深く関係しています。ある人にとっては出産育児の決断はそれほど悩むべき問題ではなく、むしろ自分が父親・母親となって子どもを持つことを『人生の主要な目的』だと考えています。ある人にとっては出産育児の決定は深刻な悩むべき問題となり、自分が父親・母親となって子どもを持つことを『人生の重要な選択』だと考えているかもしれません。

出産育児を『人生の主要な目的』と捉えるかそれとも『人生の重要な選択』と捉えるかは小さな違いに見えても、実際には非常に大きな心理的態度と性的アイデンティティの違いがあります。高度経済成長期までの日本の標準的世帯では、性別役割分担(男は仕事・女は家庭)のある『近代的家族観』が生きており、結婚・出産・育児というのは誰もがいずれは経験すべき『人生の主要な目的』と位置づけられていました。ここでは、フェミニズム的なジェンダーフリーの観点からの価値判断には深入りしませんが、男女平等の客観的な追求は『社会的性差と結びついた出産・育児による格差』をどう解釈すべきなのかという非常に困難な課題に直面しています。

厳密には、女性にしか子どもを産めないわけですから、妊娠出産に関しては身体的性差(sex)と社会的性差(genber)を切り離して考えることは難しいのですが、日本では共働き世帯の男性・女性の『育児に割く時間・態度の差』がジェンダーの問題として認識されたりします。社会通念的にも『母親に期待する育児』と『父親に期待する育児』には量的・質的な違いがあり、多くの女性が一定以上のレベルで母親としての役割を受容している(受容せざるを得ない)という状況があります。働いている父親と母親の育児に費やす時間と労力の差を埋めるには、男女双方の意識転換だけではなく子育てしやすい企業の労働条件の改善が求められるでしょう。

自然界の生物の多くは『自己の遺伝子保存』を究極の目的としていますから、人間のように妊娠出産をするかしないかを主体的に選択することなどはあり得ませんが、経済生活と認識水準を向上させた人類は自意識(メタ認知)の拡大や育児コストの増大によって、出産・育児を人生計画の一部に組み込むようになり行動選択の対象とするようになりました。ヒト以外の動物では異性を選ぶ性選択と生殖(繁殖戦略)は直結していますが、人間には『恋愛・性愛・結婚・父親と母親』という関係性の違いがあり、特定の異性を性的パートナーとして選択しても必ずしも子どもを作るわけではありません。

父親・母親・子から構成される近代的家族が社会の構成単位であった時代には、近代的家族を形成してそれを再生産することが目的化しているので、出産育児を決断することの迷いは殆ど無かったと考えられます。出産育児を『人生の主要な目的』と捕える考え方とは、今している勉強や仕事は最終的には結婚をして家族を作り子どもを育てるための手段であるとする考え方であり、『結婚・家族・出産育児・子どもの自立(=社会の再生産)』というのが人生の究極の課題となります。発達心理学の各種発達理論やライフサイクル論も、基本的にはこの近代的家族観を前提としており、『結婚・出産・育児』が社会的自立のための重要なライフイベントとして定義されていたこともありました。

現在は、ライフスタイルの多様化や個人主義の浸透によって、すべての人に共通する『青年期以降の精神的・社会的な発達モデル』を提示することが困難になっており、『社会的自立』と『家族の形成(社会の再生産としての育児)』が分離して、経済的な自立が出来ていれば個々人の価値観や人生設計には深入りしないという傾向が強まっています。安定した十分な所得を得られない非正規雇用者(アルバイト・日雇い派遣・契約業務)や無職者の増大によって、個人の経済的自立と家族(結婚後)の生活設計を両立させ難いという『経済的な外部要因』も無視することは出来ませんが、経済格差と個人主義(自由主義)の相乗効果によって近代的家族の再生産は停滞しています。

北欧を中心とするヨーロッパ先進国では婚姻制度の形骸化が進み、シングルマザー(あるいは事実婚)の世帯が法律婚の世帯を上回るという個人化現象が顕著に見られます。しかし、日本の場合は税制の優遇や嫡出子認定の問題があるので、『婚姻と出産』は依然として強く結びついており、社会世論も総体的には近代家族(法律婚と父母が揃った育児)を守る政策を支持していると言えるでしょう。

地域共同体が衰退の危機にある現代社会では、社会の最小構成単位としての家族(世帯)は、最後の最後に残されたゲマインシャフト(情緒的人間集団)とも言えますから、近代家族を失うことは精神的安楽の場や自己アイデンティティの一部を喪失することを意味します。守るべき家族がいるからつらい仕事を頑張れるという人も少なくありませんから、資本主義社会における労働のモチベーションと家族(帰れる場所・情的な人間集団)というのはかなり密接な関係があります。シングルマザーが子どもを育てるという選択肢そのものは尊重すべきであり法的な不平等などは無くすべきですが、家族そのものが存在しないのがデフォルトと考えられるほどに、人間の精神は個人主義化していないというのが現実ですから、今後も少子化(高齢化)問題と合わせて近代家族の再生産と停滞の問題は繰り返し現れてくると考えられます。

結婚していない人の状況として、心理的な内部要因を重視すれば『家族形成への欲求がないから結婚・出産をしない』と言うことができ、経済的な外部要因を重視すれば『家族形成への欲求はあるが家計を維持して子どもを養う経済力がない』と言うことができますが、内部要因と外部要因は相互作用して認知的不協和を生み出すこともあります。特に、結婚・家庭・育児を『人生の主要な目的』と子どもの頃から認知していたような人の場合には、内部要因・外部要因が関係した「家族を作りたくても作れないから家庭生活には興味がない態度を取る」という認知的不協和が強くなる傾向があります。

他人に必要以上に干渉しない現代の自由主義社会は、結婚・労働・出産・育児を『個人の自由な選択の結果』と位置づけることにより、個人を結婚・家族形成にまつわる社会的圧力(世間の眼差し)から大きく解放しましたが、人々に共有される『家族の再生産の物語』を喪失しかかっているとも言えます。戦後に伝統的な“イエ制度”が解体されたことで、多くの個人は家(家系)を残すという束縛から逃れましたが、家系(血統)を残すという共有幻想としての目的を失ったことで、一定の年齢で結婚しなければならないという社会的義務が消滅したとも言えます。個人とイエ(家系)の分離が進んだ結果、結婚を必然的なものと見なす前提で作られた『お見合い結婚』の衰退が起こり、後は、個人の主観的な幸福や好きな異性の選択、経済的な生活設計の問題、育児しやすい環境の用意としての結婚(婚姻制度)が残ることになったわけです。

近代以前の社会(共同体)では、結婚して子どもを産み育てることが、人生の主要な目的であり共同体維持(防衛)のための社会的責務でもあったので『家族(子ども)の再生産の物語』に特別な意味づけや解釈は必要ありませんでした。しかし、近代以降の社会では『経済生活の発展・認識能力(情報環境)の拡張・人権と個人主義』により、結婚・出産・育児が『個人の自由な選択』の問題となり、個人個人が『自分の人生の物語』の中で家族や育児の価値を実感しなければならなくなりました。このことは、冒頭に書いた、出産育児を『人生の主要な目的』として全面的に受け容れることができるか、出産育児を『人生の重要な選択』として様々な人生設計を予測しながら思い悩むかの違いにもつながってきますが、『母親・父親としての役割を担う自分』をどのくらい肯定的に受容できるのかという自己アイデンティティとも関係しています。

発達心理学の主要課題の一つである『人間のライフサイクル(人生周期)の理論化』では、思春期・青年期以降の正常な発達課題の基準を『経済的自立・個性化(自己実現)・自己アイデンティティの確立』以上の具体的な行為(生活設計)について言及できないという限界に直面しています。その限界は、現代日本の『未婚化(晩婚化)・少子化・労働のモチベーション低下』などの現象とも関係するものですが、結婚・出産・育児というライフイベントのみに限定すれば、個人の生活の質(QOL)と経済活動(職業キャリア)を重視する現代人が『生殖を含む性的身体とどう向き合うべきか・社会の再生産をどのような物語(世界認識)で選択していけるのか』という問題を内在しています。

ナラティブ・セラピー(物語療法)のように、自己実現の過程に意識的に結婚や育児といったライフイベントを組み込む方法もありますが、現代は、メタ認知が要請する『なぜ〜しなければならないのか』という上位審級からの問いかけに答えながら、『結婚・出産育児の選択』を含む自己の物語を創出していかなければならない時代だと言えます。女性の母親アイデンティティと妊娠出産による生理学的影響、男女の身体性に基づく性的アイデンティティについての問題も、中年期における女性の健康や中年期以降の夫婦関係(男女関係)の問題と深く関わっています。


■関連URI
育児・子どもへの苦手意識に対する母性神話の影響:母親アイデンティティの受容と間接的な承認欲求

心理・生理・家族構成・職場環境の変化と関係した中年期のメンタルヘルスと特徴的な症候群

少子化社会の不確定なジェンダーと核家族の子育て:1

少子化社会の不確定なジェンダーと核家族の子育て:2

■書籍紹介
純潔の近代―近代家族と親密性の比較社会学
純潔の近代―近代家族と親密性の比較社会学

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
桜庭一樹『赤朽葉家の伝説』の書評1:戦後から現代に至る社会の世相を反映した“三世代の女性”の物語
桜庭一樹という作家の小説は今まで読んだことがなかったが、『赤朽葉家(あかくちばけ)の伝説』は日本社会の規範と世相(流行)の変化を『三代の女の歴史』を通して描いた小説で結構楽しく読むことができた。戦後間もない時代を生きた女性から、現代を生きる女性へと移り変わる歴史は、『戦後の貧しさとイエ制度の名残・高度経済成長と女性の専業主婦化・政治(全共闘)の季節の終わり・記号的な消費文明と性道徳の緩和・男女同権と価値基準の多様化』によって目まぐるしい価値観の変化を体験させられた歴史であった。今でも昔なが... ...続きを見る
カウンセリングルーム:Es Discov...
2008/05/17 17:00
言論・表現の自由と公共の福祉による人権の制限1:個人の自由(権利)と主体的倫理のバランス
インターネット上の有害情報から青少年を保護する目的を持った『青少年ネット規制法』が衆院を通過して『言論・表現の自由』を巡る議論が活発化しています。最近の日本のウェブやマスメディアでは、精神的自由(言論・表現・思想信条の自由)とアクセスの自由(知る権利)についての意見を目にする機会が多いですが、日本では自然権に由来する個人の自由権(自由主義)よりも社会秩序(公序良俗・公共の福祉)を優先すべきだという意見も少なくありません。 ...続きを見る
カウンセリングルーム:Es Discov...
2008/06/08 21:36
河野稠果『人口学への招待 少子・高齢化はどこまで解明されたか』の書評2:人口モメンタムの加速度
『第2章 生命表とその応用』では、形式人口学の始祖のグラントとハレー彗星の発見者ハリーが作成した『生命表(死亡表)』の読み方と意味合いについて書かれているが、生命表とは人口減少の直接的原因となる『死亡モデル(死亡率の年齢別推移の統計データ)』のことである。生命表には『年齢別・男女別・年次別の生存率・死亡率・平均余命』がまとめて記載されているが、生命表はコーホート(同じ年次に産まれた出生集団)の10万人の死亡データとして統計的に処理されている。 ...続きを見る
カウンセリングルーム:Es Discov...
2008/07/22 14:59
“政府(強制)からの自由”を目指す古典的自由主義と“貧困からの自由”を目指すリベラリズムについて:2
リベラリズム(liberalism)は、すべての国民の最低限度の文化的な生活(生存の保障・義務教育の享受・医療による健康・基本的労働権)を実質的に保障する『社会権』を守ろうとする思想になっており、自由主義本来の『他者(国家)に干渉されない放任の自由』とは全く性質の異なる思想になっています。近代史を振り返ると、リベラルな社会権を近代国家が初めて憲法で規定したのが、1919年にドイツ(ワイマール共和国)で成立したワイマール憲法でした。 ...続きを見る
カウンセリングルーム:Es Discov...
2008/08/28 17:44
エレノア・ハーマン『女王たちのセックス 愛を求め続けた女たち』の書評
エレノア・ハーマン著の『女王たちのセックス』は、ヨーロッパの国王と女王の私生活と王宮の権力闘争について詳述した書籍であると同時に、一般大衆とは隔絶した『王族の婚姻・性生活の現実』を垣間見ることができる興味深い本である。正確な史実を写し取った専門書ではないが、ヨーロッパの王侯貴族の文化風俗に興味がある人、ハプスブルク家やメディチ家、ホーエンツォレルン家、ハノーファー家、ロマノフ家といったヨーロッパ貴族の『名門中の名門』の華麗かつ残酷な歴史について知りたい人には是非手にとって読んで貰いたい内容... ...続きを見る
カウンセリングルーム:Es Discov...
2008/11/29 08:50
トマス・ロバート・マルサスの『人口論』による人口動態と道徳的反発:食料資源と人口増加の限界
人口が増え続けることの問題は、『食糧・エネルギー資源の不足』や『地球環境の破壊・汚染』、『資源を奪い合う戦争・紛争のリスク』などにまとめることができる。経済的・文化的な生活水準などを度外視すれば、人口増加の限界は『居住可能な土地面積・食糧と水の資源』によって求められるが、地球の土地も食糧も水も有限なので、地球上で現状レベルで生活可能な人口は100億人前後ではないかと推算されている。 ...続きを見る
カウンセリングルーム:Es Discov...
2009/06/18 03:24
“選択的夫婦別姓の導入”と“婚姻制度・家族形態の変質”について
民主党が来年の通常国会に『夫婦別姓』を認める民法の改正案を提出するようです。男女が結婚した場合に『同姓』を名乗っても良いし『別姓』を名乗っても良いとする『選択的夫婦別姓』ですので、実質的に法律によって別姓(同姓)にせよという強制があるわけではありませんが、1947年に制定された民法の大幅改正となります。この改正案では、男女が結婚できる年齢も同じ“18歳”で揃えられるようです。 ...続きを見る
カウンセリングルーム:Es Discov...
2009/09/28 12:24
34歳女性の婚活サイトを悪用した結婚詐欺についての考察2:結婚詐欺の心理とバランス理論
人間はカタログを見ていて『どの異性が理想のタイプか?』と直観で選ぶ時の判断基準と『自分の配偶者(恋人)としてどの相手が望ましいか?』を現実的に選ぶ時の判断基準が必ずしも一致しないことがあり、現実的な異性選択では『自分の魅力・能力・属性・社会的評価との釣り合い』を無意識的に考えている。男性でも女性でも基本的な傾向として、『自分と同程度の魅力・能力・キャリア』を持っているように認知される相手との交際(結婚)に、最も自然な親近感や安心感を感じやすいという理論を『バランス理論』という。 ...続きを見る
カウンセリングルーム:Es Discov...
2009/11/03 21:02
大阪市の二児放置事件とネグレクトを誘発する性格形成・環境要因:母親アイデンティティと児童福祉の問題
前回の記事の続きになるが子どもを養育するための十分な収入さえあれば子育てができるはずだから、母子家庭や貧困家庭への経済支援を強化することが大切だというのは重要な指摘ではある。だが、『児童虐待・ネグレクト』は経済的困窮だけで発生する問題ではなく、経済的困窮は人格構造や精神発達の問題に続くかたちで虐待のトリガーとなる二次的な要因としての側面もある。 ...続きを見る
カウンセリングルーム:Es Discov...
2010/08/08 02:05
佐々木俊尚『キュレーションの時代』の書評2:他者の眼差しに制御された戦後日本の“記号消費・階層意識”
『第二章 背伸び記号消費の終焉』というジャン・ボードリヤールの著作をイメージさせるような表題がつけられた章では、映画業界と音楽業界が斜陽化してきた背景を『バブル景気の期待・マス消費の幻想』と絡めて詳述しています。インターネットの登場によって『コンテンツの希少性(コンテンツに対する飢餓感)』が格段に縮減されたために、マスメディアがとにかく宣伝してブームを作れば売れるという時代は終焉に近づいています。 ...続きを見る
カウンセリングルーム:Es Discov...
2011/06/20 00:09
佐々木俊尚『キュレーションの時代』の書評3:キュレーターの視座を介した世界の拡張とグローバルな変化
『社会との接続・承認』や『他者とのつながり・共感』のために、物語的なコンテキストをセットにした消費が増大することになり、更には『商品の消費による間接的承認』よりも『場・行為による直接的承認(何かを一緒にすることや話すことを楽しむ)』のほうが優勢になってきているというのは、社会変動の実態の一面を上手く捉えています。 ...続きを見る
カウンセリングルーム:Es Discov...
2011/06/20 00:12
尽くし過ぎて上手くいかない男女関係とマンネリ化を緩和する工夫3:相手のために努力しようという動機づけ
『彼氏(彼女)と過ごす時間以外の充実した時間』を持っていなかったり、自分のスケジュールの全てを『彼氏(彼女)の都合・希望』に合わせて変更したりすると、彼氏(彼女)があなたに向ける敬意や配慮、努力はどうしても少なくなってしまいがちです。 ...続きを見る
カウンセリングルーム:Es Discov...
2011/06/25 17:45
“家族ペット”と近代家族の揺らぎ2:直系家族から核家族への変化と主観的家族としてのペット
人はなぜペットを飼うのかという問いに対する一般的な答えは、『癒しの体験・寂しさの緩和・生活の充実・子どもの情操教育(生命尊重と思いやりの感覚)』を求めてというものだが、最近読んだ山田昌弘の『家族ペット ダンナよりもペットが大切!?』という社会学に関連した書籍では、“主観的家族論”によって『ペットを飼う理由』が説明されている。 ...続きを見る
カウンセリングルーム:Es Discov...
2012/02/05 01:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コンテンツ&本の紹介

Es Discovery's Encyclopedia(百科事典的なアーカイブ)

心理学の事典や臨床心理学の概説書

S.フロイトとC.G.ユングの書籍
スポンサーリンク


ブログアーカイヴ
2005年
3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2006年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2007年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
近代的な結婚観に基づく“目的論的な家族像”の衰退と個人の自由選択に任された“結婚・出産・育児”の問題 カウンセリングルーム:Es Discovery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる