カウンセリングルーム:Es Discovery

アクセスカウンタ

zoom RSS フロイトの無意識とユングの集合無意識(普遍的無意識)

<<   作成日時 : 2005/04/12 05:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 7 / コメント 0

シグムンド・フロイトの精神分析学(Psychoanalysis)の無意識の概念とフロイトの学派から離脱したカール・グスタフ・ユングの分析心理学(Analytical Psychology)の無意識の概念とは、言葉は同じでもその意味する内容は全く異なるものである。

ユングは、種々の心的現象や精神病理の原因、精神発達の仮定、夢の無意識的な意味などを全て性的欲動であるリビドーの充足と抑圧で説明するフロイトの汎性欲説的な精神分析に同意することが出来ずに、フロイトの精神分析学と訣別して独自の道を歩むことになる。
ユングは、夢や幻想に浮かび上がってくるイメージを性的欲動の充足や不足と結びつける解釈を否定し、それらのイメージの中に自己実現的な創造性や神秘的な物語を介在した可能性を見出そうとした。
更に、ユングは人間の精神世界の深奥に広がる無意識の領域は、個人レベルの幼児期の外傷的記憶といった矮小な領域に閉じたものではなく、人類全般に共通するような広大無辺な“集合無意識(普遍的無意識)”へと開かれていると考えた。

ユングは、世界各地の神話や伝承を調査していく内に、地域・民族・時代・文化が異なっても神話・伝承・昔話の中にはある一定の共通するパターンがある事に気づいた。
そして、精神病棟の中で、精神分裂病患者が延々と語る一見、荒唐無稽と思える妄想・幻覚の内容に耳を傾け、健常者が見る夢に登場する物語やイメージを分析していった。
すると、精神病者の妄想や健常者の夢の内容には、ある一定の共通したパターンやイメージがあり、それらのパターンが、世界各地の神話・伝承にも共通するものである事が分かったのである。

ここから、ユングは、無意識の領域には、人類全般に共通する集合無意識(普遍的無意識)とその基本的心像である“元型(archetype)”が存在するという仮説を着想するに至ったのだが、この人類に共通するという集合無意識の存在を科学的に検証したり証明する方法は存在しない。
その意味で、無意識や集合無意識の概念は、飽くまでフロイトやユングが創始した主観的な説明概念であり、効果的な心理療法に用いる仮説的概念として認識すべきものであると言えるだろう。

フロイトの文脈で語られる無意識は、自分の意志によって想起できない奥深い精神領域であり、無意識領域への情動や記憶の抑圧といったメカニズムで神経症の形成過程を説明する病理学的様相をたたえた概念である。
フロイトの定義した無意識は、後期の心的装置理論では、原始的で善悪の分別のない本能的欲望が渦巻くエス(イド)に相当する心の暗黒面といった趣きがあり、文化的道徳的に調整されていない猛々しい欲望の坩堝としてイメージされている。

無意識領域にあるエスの性的衝動あるいは攻撃衝動は、快楽を求めて不快を避ける快楽原則に支配されていて、その強烈無比な欲動を超自我が監視して禁止し、自我が適切な欲望の水準へと調整しているのである。
フロイトの定義した無意識は、ユングの想定した個人を超えた無意識とは異なり、過去の記憶や感情が蓄積され、本能的な欲望が生起する個人的な領域であり、個性化の過程へと向かう創造的な領域というよりも自我の安定を脅かす危険な領域である。

何故、フロイトの無意識がユングの無意識よりも危険な要素を孕み、否定的な作用を及ぼすのかというと、フロイトの無意識とは、自我が受け容れ難い不快な情動や倫理的に許されない罪悪感を感じる出来事などが意識領域から追放されて蓄積する領域であり、更には、過去の耐え難く悲惨な心的外傷の記憶や感情が抑圧される領域だからである。
そして、自分が直接的に向き合う事の出来ない苦痛な過去の記憶(トラウマ)や倫理的に受け容れ難い不愉快な情動を意識しないで済むように無意識領域へと抑圧すると、その激しく強い情動や感情は、神経症症状へと転換されてしまう。

フロイトの神経症理論では、神経症の種々の症状は、過去の苦痛な心的外傷の記憶や不安を引き起こす激しい性衝動などを隠蔽する役割を果たしている代理満足としての意味を持ち、神経症は、自分が認めたくない過去のトラウマの記憶や直視する事の出来ない苦痛な情動から目をそむけさせてくれるのである。
それらの苦痛な記憶・衝動・情動を無意識の領域から意識の領域へと引き出して言語化(意識化)する事で、神経症を治療しようとするのが精神分析療法であり、自由連想法や夢分析はその代表的な技法と言うことが出来る。
また、自分の心の内面に蓄積した激しい感情や不快な情動を、言葉にして解放する事で感情を綺麗に浄化し治療効果を得ようとする療法をカタルシス療法と呼び、精神分析も広義のカタルシス療法である。


■書籍紹介
ユング心理学入門




ユング心理学入門

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
“フロイトの権威主義と父性原理が精神分析に与えた影響”と“弟子達との訣別”
フロイトは現代的な科学の文脈から大きく外れた心理学者であり臨床家であるが、彼が理想としたのは、自然科学的な精神分析であった。 フロイトは、自らのリビドー(性的欲動)を心的活動のエネルギーとする精神分析理論の正当性を固く信じ、絶えず他者に優越していたいという権威主義の持ち主であったためにユングやアドラーを初めとして多くの弟子や同僚と訣別することとなった。 フロイトの自負心の強さを示す一つのエピソードとして、自分が構築した無意識の決定論を中核に据えた精神分析体系を、コペルニクス、ガリレオ・... ...続きを見る
カウンセリング・ルーム:Es Disco...
2005/09/06 00:47
生涯発達の前提に立つ中年期の発達課題とアイデンティティ・ステイタスの変化に対する適応
ユングの『人生の正午』概念に内包される『中年期の危機』に記したように、30代半ば頃から現役引退までの中年期は『生活状況が安定しやすい平穏期』であると同時に『青年期に確立したアイデンティティが揺らぎやすい危機期』でもあります。 ...続きを見る
カウンセリングルーム:Es Discov...
2006/05/30 07:22
認知症の人にとってのコミュニケーションと主観的な現実感:“環境世界の共有”による癒し
前回の記事の続きになるが、敬意を持った声掛けや明るい笑顔での挨拶、認知症の人の話を興味を持って聞こうとする姿勢、スキンシップを交えた簡単な会話などによって、ポジティブな情動の共有が起こりやすくなる。 ...続きを見る
カウンセリングルーム:Es Discov...
2010/09/15 05:58
現代日本ではなぜ“恋愛・結婚の活動性”が低調なのか3:ジェンダーフリーと男らしさ・女らしさ
前回の記事の続きになるが、日本経済の高度成長期やバブル期が終わった事で、男性の『終身雇用・年功序列賃金・正社員の勤労道徳』に支えられた平均的な雇用待遇の良さが崩壊して、戦後日本の『会社員の夫・専業主婦(パート)の妻・二人の子ども』というモデル世帯が減少し、フリーターや失業者、無業者の増加など自分ひとりが生きていくだけでも大変な層が増えたことも影響している。女性の社会進出や雇用待遇の改善が進んだり、産業構造の転換によって男性的な腕力体力を要する仕事の優位性が低下したりしたことで、性別役割分担... ...続きを見る
カウンセリングルーム:Es Discov...
2011/03/03 07:31
メンタルヘルス(こころの健康)と生産的なスローライフ1:精神的な充実・意欲を増すフロー体験
メンタルヘルスを悪化させる要因には、精神的ストレスや過労状態、人間関係の対立、理想自我とのギャップ、性格傾向、生物学的原因などさまざまなものがありますが、『悲観的な認知(物事の捉え方)』や『ゆとりのないライフスタイル』を修正することでメンタルヘルスも改善しやすくなります。流行や物事が移り変わるスピードが速く、達成しなければならない仕事が増えたように感じられる現代社会では、多くの人が『幸福追求のため・成功実現のため・問題解決のため』に“今”を我慢すれば何とかなると思って、自分で自分を追い込ん... ...続きを見る
カウンセリングルーム:Es Discov...
2011/04/13 18:49
V.E.フランクルの『意味への意志』と科学的還元主義のニヒリズム:1
精神分析の創始者であるジークムント・フロイトは、人間の精神活動のエネルギーを『快楽への意志』に求め、個人心理学を考案したアルフレッド・アドラーは『権力への意志』こそが人間の精神活動の源泉であると考えた。 ...続きを見る
カウンセリングルーム:Es Discov...
2014/05/05 23:20
ケン・ウィルバーのトランスパーソナル心理学と『往還論(上昇⇔下降)』の精神発達モデル
トランスパーソナル心理学では、自他を区別しない非自我的(非意図的)な心理状態として『プレパーソナル(前・自我)』と『トランスパーソナル(超・自我)』を想定していますが、原初的なプレパーソナルのほうは『自他の能力的な未分離=未熟・混沌』、自己超越的なトランスパーソナルのほうは『自他の無境界的な合一=達観と悟り・真の充実』といった特徴を持っています。 ...続きを見る
カウンセリングルーム:Es Discov...
2014/06/08 04:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コンテンツ&本の紹介

Es Discovery's Encyclopedia(百科事典的なアーカイブ)

心理学の事典や臨床心理学の概説書

S.フロイトとC.G.ユングの書籍
スポンサーリンク


ブログアーカイヴ
2005年
3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2006年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2007年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
フロイトの無意識とユングの集合無意識(普遍的無意識) カウンセリングルーム:Es Discovery/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる