アクセスカウンタ

2005年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
孔子を始祖とする儒教の思想と歴史の考察:倫理・教養・政治・宗教の顔を持つ儒教
20世紀前半まで、東洋思想の根幹として強い影響力を持っていた儒教(Confucianism)は、多くの革新的な学派学閥が次々と湧き起こってくる春秋戦国時代に、孔子(Confucius B.C.551-479)を始祖として誕生しました。 儒教は、中国本国のみならず、朝鮮半島、日本など東アジア全域へと広まっていき、封建主義を支える政治哲学や祖先崇拝の宗教教義としての地位を高めていきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 7 / コメント 0

2005/03/31 23:48
『私が私であるという理由のみによって愛され承認される快楽』と『現代社会の構造的な悲哀と孤独』
カール・ロジャーズは、ありのままの自己を肯定的に受容される事によって、人間は精神的な成長が加速促進され、不登校や就職拒否、家庭内暴力(DV)など環境への不適応の問題は改善し、精神疾患の症状の苦痛も緩和すると考えましたが、ロジャーズに欠けていた視点を批判的に指摘することも出来ます。 まず、ロジャーズの理想的な実現傾向を有する人間像の概略を彼の言葉で見てみましょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 4 / コメント 0

2005/03/30 05:41
利己的な遺伝子の支配に抵抗する人間の人生と恋愛:“結果の論理を超える過程の価値”
生物全般に共通する目的は、『自己保存・個体の生存維持』と『種の保存・遺伝子の継承』であり、それらは、自己の生存を維持する“自己保存欲求”や子孫を存続させていく“遺伝子保存欲求”によって支えられています。 ヒト以外の生物は、基本的にこの遺伝子によって規定される目的から逸脱して、子孫を残さない生涯や自分の生命を断つ自殺といった主体的な選択をすることが出来ません。 子孫を残さない人生や自分で自分の生命を奪って自殺してしまう人生が、倫理的に正しいわけではありませんが、遺伝子保存の放棄や自殺といった生... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/03/29 17:02
恋愛感情に特有な『排他性・両価性・観念性・新奇性』と恋愛・結婚の対象選択の要因
人間は、急激な心身の変化によって生殖能力(精通・初潮による排卵)を獲得する“第二次性徴期”を迎えると、異性に対する関心や欲求が高まり、“男性・女性”という性差に対する自意識である“性同一性”が確立されてきます。 人間にとって異性への欲求に基づく人間関係は、性的成熟と生殖可能性に結びつくだけではなく、“恋愛や結婚といった特別な価値を持つ関係性”に発展する可能性のあるとても重要なものです。 特定の異性に対する恋愛感情は、好意・好感に基づく友愛感情や敬愛感情とは似て非なる特異的な感情です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/03/28 16:09
自分自身の気持ちや感情について素直に率直に話せる相手がいますか?:社会的浸透理論と人間の好意・愛情
私達は、毎日の生活の中で、同性や異性の相手と色々な事を話し合ったり、時に議論し合ったりします。そういった意見や主張をお互いに伝え合う過程で、相手に対する“肯定的な感情(好意・愛情・敬意・信頼)”が生まれたり、相手に対する“否定的な感情(嫌悪・抵抗・不快・不安)”が芽生えたりします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 3 / コメント 0

2005/03/27 23:43
“こころ”と“行動”を対象とする学問としての心理学:パヴロフの犬の実験と古典的条件付け
一般的に心理学というと、喜怒哀楽などの感情や継続する情緒としての気分の発生メカニズムを研究したり、社会環境の様々な状況で結ばれる人間関係の変化と発展について調査したりする学問分野であるといったイメージが持たれています。 しかし、現在では、自分自身の心の内面を観察する“内観法”は、科学的な心理学が誕生する以前の古典的な方法という趣きが強くなっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 4 / コメント 0

2005/03/26 07:09
人間の心身発達についての概説:発達心理学と行動主義心理学の観点から
発達(development)とは、精子と卵子の受精から死に至るまでの一生涯の『質的・量的な変化の過程』と定義する事が出来ます。 人間は、一生の間、絶える事なく変化をし続けるという前提に立ち、その継続的な変化の仕組みと実際の状態について調査・研究するのが発達心理学と呼ばれる分野になります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 4 / コメント 0

2005/03/26 04:48
何故、美しく綺麗な容姿に対人魅力を感じるのか?:表層的関係から本質的関係への深化
相手の愛情や好意を惹きつける対人魅力には、顔・スタイル・服装・話術などの外見的要素も深く関与しています。 特に、初対面での第一印象や短時間の接触や短期間の交流では、外見的要素が大きな対人魅力となり、相手の評価や感情を左右することがあります。 “長期間にわたる人間関係における総合的な人間評価”では、外見的要素が占める割合は相対的に低くなり、性格・人柄や知的能力などの内面的要素や社会的地位や実務能力・専門的技能などの社会的要素が占める割合が大きくなっていきます。 美しさ・可愛さ・かっこよ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 4 / コメント 0

2005/03/25 01:06
相手の愛情や好意を惹きつける“対人魅力”と遠距離恋愛を困難にする“単純接触機会”の増加
私達は、社会生活を営む中で、大勢の他者と出会い、様々な形態の関係を結んでいきますが、相手を好きになれば関係が親密になり、相手を嫌いになれば関係が疎遠になっていきます。 人間関係の中で、相手の注意や好意を惹き付ける魅力のことを『対人魅力』と言います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 5 / コメント 0

2005/03/24 20:07
行動の原因がどこにあるのかの判断によって変わる人の対応態度と援助行動
ある行動の原因が、“内的原因(意図・動機・性格)”にあるのか“外的原因(外部環境・社会状況・外部からの刺激)”にあるのかを、客観的に検証可能な形で判断することは出来ません。 しかし、私達は、自分自身でも意識することなく、ある行動や出来事が内的原因に基づくものなのか、外的原因に基づくものなのかを恣意的かつ主観的な形ではありますが判断しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/03/22 21:23
あなたは行動や物事の原因をどこに求めますか?:ケリーの帰属理論
家庭・学校・職場・社会などの社会的環境で、私達は多くの人の多種多様な行動・発言・態度・振る舞いを目にして、その人がどのような人間であるかを推測する手がかりを得ます。 それは、外部から観察可能な相手の“行動・発言・態度・振る舞い”の原因が、相手の内面的特徴である“性格・動機・意図・価値観”にあると考える傾向が私達にはあるからです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/03/22 13:06
相手にどのような印象を与えていますか?:人格理解と対人評価
“内包的特性理論”に基づく対人評価では、『優しい・美しい・面白い・楽しい・頭が良い・論理的だ・礼儀正しい・攻撃的・暴力的』といった言語的に理解される第一印象の人格的特徴(性格特徴・知的特徴・精力的特徴)がとても重要なものとなってきます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/03/22 09:59
“内包的特性理論”によって強められていく“第一印象の影響”
人間が他者に対して抱く第一印象は、その後の人間関係や対人評価に無視できないほどに大きな影響を与える事になります。 第一印象から種々の人格的特徴を判断し、相手が実際にどのような特徴をもっている人間かを推測するわけですが、その推測された『性格特徴・知的特徴・精力的特徴』は、言語的な特性として通常理解されることとなります。 私達の音素と意味を持つ言語の世界には、語彙や文法・論理などの一般規則があり、類義語や対義語といった意味の相似性や対立性によって区分される集合性があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/03/20 23:23
“社会的な動物”である人間の行動原理を研究する興味深い社会心理学
人間は、アリストテレスが述べたように、他者とお互いに協力したり競争したりしながら生きる“社会的な動物”ですから、人間の行動メカニズムを解明する為には社会的環境における他者との関係性と相互作用を考えていかなければなりません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 4 / コメント 0

2005/03/20 21:23
ヒューマニスティック心理学が前提とする明るく前向きな人間観と自己実現欲求
1960年代に発展してきた人間性心理学(humanistic psychology)を、心理学の第三勢力と提唱したのは、アブラハム・マズロー(A.H.Maslow, 1908-1970)です。 カウンセリングの創始者であるカール・ロジャーズも心理学派の分類では、人間性心理学に分類されます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 12 / コメント 0

2005/03/20 10:04
ロジャースのクライアント中心療法と心理カウンセラーの基本的態度
一般的なカウンセリング技法として用いる『来談者中心療法・クライアント中心療法(client-centered therapy)』は、1950〜1960年代にカウンセリングの神と呼称されたカール・ロジャース(Carl R. Rogers)によって創始された非指示的な技法です。 かつては、カウンセリングといえばロジャースという程に隆盛を誇った技法ですが、現在ではロジャースの技法・理論が独立したものとして強い勢力を持っているわけではありません。 1970年代以降は、高度な専門化や複雑な理論化が為さ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 214 / トラックバック 24 / コメント 0

2005/03/17 05:31
取り扱っている心理的問題と苦悩について
■Es Discoveryの“電話・カウンセリング”と“メール・カウンセリング”が取り扱う心理的問題について ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/03/15 06:00
カウンセリングについての定義と概略
私が行っているメールと電話によるカウンセリングについての概要を示し、予約方法・料金体系・運営方針などについてご説明します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/03/14 10:30
プライバシーポリシー
■Googleの広告配信について ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/03/13 00:05

2005年3月のブログ記事  >> 

トップへ

コンテンツ&本の紹介

Es Discovery's Encyclopedia(百科事典的なアーカイブ)

心理学の事典や臨床心理学の概説書

S.フロイトとC.G.ユングの書籍
スポンサーリンク


ブログアーカイヴ
2005年
3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2006年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2007年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
カウンセリングルーム:Es Discovery 2005年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる